天然の香料 と合成香料の違いって?

毎日たくさんの香りに囲まれて生活している私達。
香水、スキンケア、ヘアケア、入浴剤、芳香剤、洗剤、柔軟剤・・・・
香りに触れているだけで優雅な気分になったり、リラックスしたり、元気になったりという経験はお持ちだと思います。

香りのある製品を選ぶ時は、もちろん自分の好きな香りという基準で選ぶのが正解です。
お気に入りの香りを嗅ぐことはとっても良いことです。

化粧品を選ぶ時に役立つ、覚えておいていただきたい香り成分についてお伝えしたいと思います。

化粧品の裏ラベルを見ますと、成分表示のところに【香料】の表記がある製品と、【香料】の表記がなく【オレンジ油】や【ラベンダー油】などと植物油の名前が書かれた製品があります。

その違いは何なのでしょうか?

【香料】と書かれた製品は、人工香料または、調合香料と言われる合成して作られた香り成分が配合されていることがほとんどです。香料とかかれた製品の中でも天然精油の香りの場合もありますが、メーカーに問い合わせてみないとわかりません。

【香料】の表記がなく【オレンジ油】や【ラベンダー油】などと植物油の名前が書かれた製品は、合成の香料を使っていない【天然香料】の化粧品です。

私も元々は、合成香料と天然香料の違いがわからず、香り製品を選ぶ基準は好きか嫌いか、だけだったのですが、アロマの勉強をして天然香料の効果を知った今は、化粧品選びも天然香料にこだわっています。
なぜなら、天然香料(精油)は、女性に重要なホルモン系に作用したり、体のバイオリズムを整えたりする働きもあるからです。

私の好きな天然香料製品

スロータス ボディケアオイル(カパ) / マジョール

TVを見ながら、耳横のリンパから首筋をマッサージしています。
好みの天然精油の香りに包まれる至福の時間です!
毎日マッサージしていると小顔になったと言われました。

全成分:
ゴマ油、ブドウ種子油、オオムギエキス、ホホバ油、ビャクダンエキス、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、トコフェロール、イタリアイトスギ油、コリアンダー果実油

商品はこちらで買えます

スロータス認定サロンのみで販売

ルーカシャンプー / ウェリナ オーガニクス

とにかく優しい香りに癒されます。
ラベンダーやオレンジ、グレープフルーツがブレンドされた香りです。
泡立ちがよく、泡切れもいい。
もう少ししっとり感があればいうことなしだけど、香りの癒し感にはまっています。

全成分:
水(ハワイアン海洋深層水由来)、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、マカデミアナッツ油、ククイナッツ油、アロエベラ液汁末、ベンゾインガム、マンダリンオレンジ果皮油、スイートオレンジ油、ラベンダー油、カンゾウ根エキス、レモングラス葉油、サンショウ果実エキス、スイカズラ花エキス、ポリクオタニウム-10、プルサチラコレアナエキス、グレープフルーツ果実エキス

コメント

コメントを書く

お気に入り

4 4

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

メイクアップ > 香水

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録