【美肌料理レシピ】山芋と明太子のふわふわオーブン焼き おつまみメニューでお肌若返る!?

山芋は皮ごと食べるのがオススメ! 山芋をすりおろして焼くだけの簡単レシピです。それなのについつい手が伸びちゃう男性にも喜ばれるお料理です。

山芋のおいしい季節到来です。山芋パワーは美のパワー。
白い食べ物は肌を白くする?なんて噂があるのはご存知ですか? 山芋の栄養を余さず食べるために、皮ごと食べられるレシピをご紹介します。

今回山芋パワーにプラスするのは、女性が大好きな明太子。実は美白効果、抜群なのです。
さらに、肌の代謝を促すはと麦を使って、美肌成分たっぷり!
食べ始めたら止まらない、ふわふわオーブン焼きのレシピをご紹介します。

材料

山芋・・・250〜300g
明太子・・・ひと腹
卵・・・1個
はと麦粉・・・小さじ2
めんつゆ・・・大さじ1
マヨネーズ・・・大さじ2
とろけるチーズ・・・たっぷり(お好みで)

作り方

①山芋は皮を火であぶりヒゲを焼き、すりおろす
*山芋を擦り下ろしていて手が痒くなったら・・・酢水をかけると治ります

②明太子は皮を取りよくほぐす

③チーズ以外の材料をよく混ぜ合わせる

④耐熱皿に入れて上にたっぷりとチーズを乗せてトースターで約15分、こんがりと焼き目がつくまで焼く

山芋は皮ごと食べましょう

山芋の皮にはポリフェノールが多いので、抗酸化作用やアンチエイジングにも効果が期待できます。
さらに食物繊維もたっぷりなので、便通も良くなってお肌もピカピカに。
だから、山芋を食べる際には、皮は捨てずに皮ごといただきましょう。断然栄養価は高くなります。

ヒゲはコンロなどで焼きとる

皮ごと食べようとすると、ヒゲもついてきますが、これはちょっと邪魔…。そんな時は、ヒゲをコンロなどで炙って焼きとってください。

明太子には美白効果のあるナイアシンが

明太子にはナイアシンという栄養素があります。このナイアシンは、美白効果のある化粧品にも使われているほど。コラーゲンの代謝を活性化させて肌細胞の生まれ変わりをサポートするので、シミを抑えます。

明太子の抗酸化作用にも注目!

そして、女性には欠かせない亜鉛も含まれています。
亜鉛は、美肌作りに良い3つの働きがあります。
1)コラーゲンを生成する
2)肌細胞を再生する
3)抗酸化作用

抗酸化作用はシミの大敵、「メラニン」を発生させる原因である活性酸素を除去してくれます。メラニンはシミやソバカスの一番の原因です!

この効果に加えてさらに、明太子には、ビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いと言われています。抗酸化作用の強さから、若返りのビタミンとも呼ばれているのです。

小麦粉の代わりにはと麦を使用

そして、小麦粉でなく、はと麦粉を使用。はと麦は沢山は摂らなくても良いのでちょっとした工夫で料理に摂り入れる習慣をつけて欲しい食材です。

はと麦の成分が皮膚の生まれ変わりを促進するので、日焼けなどによる肌のダメージを軽減する効果が大。
美意識高い女性なら、常備しておきたいですね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 美容食・栄養

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録