乾燥肌の味方というのは嘘?本当? ワセリンの効果的な使い方

ワセリンとは皆さんご存知のとおり、保湿に使われるアイテムです。オイルを固めたようなクリーム状でべたべたしているので乾燥肌にはもってこいのアイテムのように思えますが、実は一歩間違えると保湿とは程遠くなってしまうのです。そこで、ワセリンが本当に乾燥肌に効果があるのかを解き明かし、正しくワセリンを使う方法をご紹介します。

乾燥肌にワセリンは効くの?

ワセリンはその形状からとっても乾燥肌に効きそうに感じますが、答えは「△」です。イエスともノーとも言い切れません。
なぜかというとワセリンはその構造から水分とまったく混ざらないため、肌内部(角質層)まで浸透しないのです。言い換えればワセリンは肌の表面にとどまるため角質層の水分を蒸発させない力に優れているということ。そのため、ワセリンは肌に1枚保護膜をのせるというイメージです。

乾燥肌の原因の多くは「間違ったスキンケアや湿度の低下などが原因で、肌内部の水分が蒸発してしまうこと」にあります。そのため、肌内部に十分な水分を与えて、その水分を蒸発を防ぐというのが正しい保湿なのです。それゆえワセリンだけのスキンケアでは、水分があらかじめ十分に与えられていない限りは、保湿という点でいえば「△」になってしまうのです。

ワセリンの良いところ・いまいちなところ

ワセリンは水分を与える保湿力には優れていないものの、スキンケアアイテムとしてとっても優秀な面があるのです。

良いところ

・とっても安定性の高い成分なので、医薬品としても使われている。
・角質層の水分の蒸発を防ぐ力はピカイチ

いまいちなところ

・水分を与えることはできない
・たくさんつけてしまうとべたつく

ワセリンを効果的に使う方法

水分の蒸発を防ぐ力にとても優れているけれど、保湿力は△。そんなワセリンを最大限効果的に使う方法は、「水分をたっぷり与えた肌に、最後にフタをする」という使い方。
化粧水や美容液でまずは肌に水分や美容成分を入れ込みましょう。仕上げにワセリンでふたをすると水分や美容成分が蒸発せず保湿の効果を最大限発揮できますよ。
ちなみに、ワセリンを使うときはほんの少量で大丈夫。小指の先くらいの量を体温で温めながら広げてプレスするようにつけてくださいね。たくさんつけてしまうとべたつきが気になるので気を付けましょう。

もう一つワセリンを効果的に使う方法は、肌が荒れていて化粧水も何もかもしみる! というときです。ワセリンは先ほどお伝えした通り、安定性がとても高い成分なので刺激になりにくいのです。そのため、荒れてしまって何もつけられないなんてときにはワセリンを使って水分蒸発を防ぎましょう。肌が敏感な時にぜひ選んでほしいのが、ワセリンよりもさらに精製度の高い「白色ワセリン」です。価格は少しだけ上がってしまいますが、肌が敏感でなにも使えない、というときには選んでくださいね。


ワセリンだけで保湿は不十分ですが、正しく使えば効果絶大! 乾燥が気になる季節の頼れるお守りのような存在になってくれます。正しいワセリンスキンケアをしてこの冬から乾燥肌とは無縁になりましょう♡

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 保湿ケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録