【食べる美容液レシピ】カリっとジューシー! はと麦粉のシャキシャキ豆苗ちぢみ

美食コーディネーター ミナコ (47歳)

今、美容家の注目を集めている美肌食材「はと麦」!
誰よりも先取りして、普段の食卓に取り入れてみませんか?

今回は、はと麦を粉末状にした「はと麦粉」を使ったレシピです。

はと麦粉は、コーヒーや飲み物に入れたりヨーグルトに混ぜたりと、サプリ感覚で摂取する方が多いですが、どうしても飽きてしまいがちに…。

はと麦粉を料理に利用することで、アレンジの幅がぐっと広がります。美肌を目指す方は、ぜひ取り入れてください。

レシピ

材料 2枚分

☆はと麦粉・・・・・40g
☆小麦粉・・・・・40g
☆卵・・・・・1個
☆水・・・・・1カップ
☆鶏ガラスープの素・・・・・小さじ2
☆塩・・・・・(ふたつまみ)
ゴマ油・・・・・大さじ4(1枚につき大さじ2を使用)
豆苗・・・・・100g 1袋
人参・・・・・160g 1本
挽肉・・・・・200g

タレ

醤油・・・・・大さじ4
酢・・・・・大さじ2
みりん・・・・・小さじ4
お好みで白ゴマ・ゴマ油 少々

作り方

①豆苗は3㎝の長さに切る。人参は細い千切りにする

②☆の材料を混ぜ合わせ、豆苗・人参・挽肉も加え軽く混ぜる

③フライパンにゴマ油大さじ1を引き、生地を入れ生地が平らになるようにして焼く

周りがカリっと焼けてきたら裏返し、同様にゴマ油大さじ1を入れて香ばしく焼く

*POINT*

薄く焼くことが美味しいちぢみの秘訣です。
フライパンに生地を流し入れたら、おたまの背で押すようにしてフライパンいっぱいに薄く広げると良いですよ。

焼くときに大さじ2のごま油を使うのは多く感じるかもしれませんが大丈夫。焼くというよりも揚げ焼きする感覚です。油が少ないとべちゃっとしてしまうので注意です。

火加減も重要。弱火で長時間焼くとべちゃっとしてしまうので、強火で焦げないように注意深く確認しながら焼きます。

最後に油を回し入れた時に強火にするとカリっとした仕上がりに。調理方法は簡単ですが、ちょっとしたことで美味しさが変わります。

「はと麦」に秘められた美肌効果

はと麦は、美肌維持やイボ・肌荒れ改善などに役立つと言われています。

はと麦に含まれるグルタミン酸・ロイシン・チロシン・などのアミノ酸は血流やリンパの流れをサポート。ストレスや加齢によってターンオーバーが乱れると、角質層が厚くなり肌のざらつきや乾燥、毛穴詰まりによるニキビなどが発症します。

代謝アップに効果があるはと麦は、角質細胞の代謝を活性化させ、肌細胞に酸素を運ぶサポートをするため、ターンオーバーを促してくれます。

このような効果から美白にも最適です。肌のキメを細かくすることで透明感のある肌作りに役立ちます。

また、美肌以外にも「お通じが良くなった」「むくみが消えた」「アトピーが良くなった」という声もあるようです。

βカロテンがたっぷりの豆苗と人参

豆苗と人参にはお肌に嬉しいβカロテンがたっぷり。豆苗は葉物の中では1番です。

βカロテンとは?

βカロテンは体内でビタミンAになり、粘膜や皮膚、髪の健康に最適とされています。

肌の免疫力が低下すると、肌が荒れやすくなるので積極的に摂りましょう。

オリジナルサイトで読む

その他のビューティレシピ

5分でシミをなかったことに!2アイテムでシミ消しメイク法

敏感肌&アトピー必見!漢方スクールの薬膳ドリンクレッスンで美肌に

シミとそばかすの違いとは? それぞれの特徴と対処法を解説

シミを自然に隠す!厚塗り感0のファンデーション&コンシーラーテク

ファンケルで糖化測定に挑戦―糖質大好き怠け者が実年齢+20歳に愕然!

シミが出来たら!? 外からケア①美容マシン・フォトフェイシャル

みんなのビューティレシピを読む