ネイル女美会スペシャルトーク・前編

中川祐子さん(フリーアナウンサー・気象予報士)

田原直美さん(『ネイルマックス』編集長)

清水美帆さん(LunaLuva広報)

しゅん(女美会編集長)

kyoko(女美会編集部/司会)

※本文中敬称略

ネイルケアで爪の形は変えられる!?

ケアの大切さを伝えるために生まれた『魅惑のSilky Hand』

kyoko:まずは、『魅惑のSilky Hand』をつくろうと思ったきっかけを田原さんからお願いします。

田原:今はジェルを中心にネイルアートが普及していますが、アートをするにもネイルケアが大切だと感じていて、『ネイルマックス』でもネイルケア企画を考えています。そのような中で「LunaLuva スキンローション」と「浸美水」が一緒になったらおもしろいケアアイテムになるんじゃないか、と考えたのがきっかけです。

kyoko:ネイルケアということですが、チラッと見えましたけど爪がすごくキレイですよね。

田原:これ、ネイルケアだけなんですよ。

「ケアを続ければ、縦長のキレイな爪になれます」(田原)

中川:ケアすればジェルをしなくても、ここまでキレイになるんですか?

田原:そうなんです。甘皮などをニッパーで整えることでキレイに見えるようになります。さらにケアを続ければ、より縦長のキレイな爪に見えるようになるんですよ。

清水:爪の形が変えられるなんて知りませんでした。

田原:ニッパーで整えるのは素人では危ないので、ネイルサロンでやってもらいたいのですが、家でできるケアもあります。爪の周囲は硬くなってきてしまうので保湿が欠かせないのですが、これは日々のケアが重要。ですから、ネイルサロンと自宅のそれぞれでケアするのがいいと思いますね。

しゅん:でも、ネイルサロンでのケアもまだまだ浸透していない気がします

「目につくところだから、ハンドケアは大事!」(中川)

田原:そうですね。ネイルサロンのケアにはドライケア、ウォーターケアというのがあって、ウォーターケアのほうがキレイに仕上がるのですが、お湯につけて、ニッパーでカットして……と、時間がかかることもあって、今はドライケアのサロンさんが多いですね。

中川:ネイルだけでなくて、手のケアって大事ですよね。目につくところだから。

kyoko:今後、自爪をキレイに見せたいという女性が増えるかもしれませんね。そういう意味でも『魅惑のSilky Hand』は注目のアイテムといえるでしょうか?

田原:はい。自宅ケアの入り口として使いやすいセットになっていると思います。

しっとり、すべすべ。マッサージしやすい独特のとろみ。
美容のプロたちが語る「浸美水」の魅力!

kyoko:ケアの大切さがわかったところで、さっそく『魅惑のSilky Hand』を使っていきたいと思います。まずは「浸美水」。香りが2種類ありますので、お好きなほうをボウルのお湯に溶かして、手を浸してください。その間に、しゅん編集長から開発の経緯をお願いします。

しゅん:女美会のビューティーエキスパートの方々からお風呂に関連する美容法を聞くことが多くて、中でも、お風呂上がりに全身のスキンケアをしているというお話が何度かありました。「私もやらなきゃ!」と思っても、全身に化粧水を塗るのは面倒だし、背中とか塗りきれないという意見も多いんです。なら、いっそのこと入浴自体を化粧水にしてしまえばいいんじゃないかと思って開発しました。

kyoko:そこで「お風呂好き・入浴剤マニア」の中川さんにご協力いただいたんですよね。

中川:そうなんですよ。本当にお風呂が大好きで、毎日、朝1時間、夜1時間半くらい浸かってます

「美容のことは全部お風呂で!」(中川)

清水:お風呂好きになったきっかけはなんだったんですか?

中川:面倒くさがりなので、なんでもいっぺんにやってしまいたいんです。美容のことは全部お風呂で済ませています。

田原:全部って、お風呂でなにをしてるんですか?(笑)

中川:まず、オイルクレンジングで顔のマッサージですね。オイルがついたまま頭皮のほうまでマッサージして、20分くらいかな。その後、表情筋ストレッチやボディマッサージとか。だから自然と長くなっちゃって(苦笑)

kyoko:お話を伺っている間に5分くらい経ちましたが、「浸美水」はいかがですか?

「としっとり、サラッと不思議な感覚!」(清水)

清水:浸している間はすごくしっとり、でもお湯から上げるとすごくサラッとしていて、不思議ですね。

しゅん:そうなんです。成分にもこだわって、肌にいいといわれている天然成分をたくさん入れました。オイルと植物エキスを11種類、あとはシルク成分のセリシンが入っているので保湿、美白の効果が期待できます。

「とろみのおかげでマッサージしやすい!」(田原)

田原:独特のとろみがあって、肌あたりがツルンとしているので普通のお湯より摩擦がなくて、マッサージしやすい気がします。

中川:お風呂で全身浸かりながらマッサージするのも楽しいですよ。

田原:あと、白濁がすごくいい。透明よりかわいいですよね(笑)

中川:わかります! 透明だとなんだか気分が上がらない(笑)。あと香りにもこだわりました。

「強すぎない、自然な香りで使いやすい」(kyoko)

清水:香りいいですよね。

kyoko:「浸美水」は自然な香りを意識しているので、強い香りが苦手な方にもお使いいただけるかな、と。個人的にはHAPPYが好きかな。

田原:私はRELAXですね。

中川:私もRELAXが好きです。私が求めていた香り! って感じで、夜にぴったり。HAPPYは爽やかな香りだから朝に最適。2種類を気分によって使い分けてもらえたら嬉しいですね。

まだまだ続く座談会。

ネイル女美会スペシャルトーク・後編はこちら

アイテム紹介

魅惑のSilky Hand

指先のスペシャリストとスペシャリストと、全身美容のスペシャリストが、「第二の顔」ネイルケアの3ステップをご提案ご提案。
ネイルマックス×女美会コラボアイテムです。

シルク由来の美肌成分を配合した、入浴剤とローション。さらにスクワランを練り込んだおやすみ手袋を夜つければ、翌朝指先のきれいが目覚める!

アイテム詳細へ

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ニュース > イベントレポート

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録