紫外線とブルーライトって結局何が違うの? どちらもちゃんと対策しよう

公開 

EXPERT

jobikai お悩み解決辞典

0 0

最近よく聞くようになった「ブルーライト」。
なんとなく、強い光というイメージやスマホなどから出ていて目の負担になるというイメージを持っている方が多いと思いますが、それって紫外線とも似ていると思いませんか?
紫外線とブルーライトについて、何となく勘違いしやすい点などを紹介します。

紫外線とブルーライトは殆ど同じ

結論からいえば、紫外線とブルーライトはほぼ同じもの。下の図を見て下さい。

これはブルーライトの説明としてよく使われる内容ですが、ブルーライトは380〜500nm、一方で紫外線は10~400nmの波長の光の事。
光というのはこの数値(波長)によって種類が別れるので、そもそも380~400nmの部分については完全にかぶっていますね。

紫外線とブルーライトの違いは「見えるかどうか」

実をいうと、紫外線とブルーライトを分ける定義は目に見えるかどうかという点のみ。
紫外線というのはそもそも目に見える「紫」の範囲の外にある(光)線という意味なので、紫や青として認識できればブルーライト、目に移らないものであれば紫外線という事になります。

光の波長が短い程細胞へのダメージが大きい

そもそも、なぜ紫外線やブルーライトが人体に悪影響かというと、上の図で言う所の左の方の光。つまり波長が短い光というのは、細胞に与える刺激やダメージが大きいから。

光というのはジグザグに折り返しながら進んでいるのですが、波長というのは光が進む時に折り返す回数の事で、波長が長いほどまっすぐ進み、波長が短いほどジグザグに折れ曲がって進むようになります。

光にとって細胞というのは大きな山みたいなもので、波長が長い場合はトンネルをまっすぐに堀って進むイメージ。
逆に、波長が短いというのはトンネルをジグザグに掘りながら進む状態。山にとってのダメージの大きさはジグザグに進んだ方が大きいですよね。
だから、波長が短い紫外線やブルーライトは人体に悪影響となりやすいのです。

紫外線をカットしてもブルーライトが残っていると肌の負担に

肌のケアとして紫外線に気を付けている人は多いと思いますが、ブルーライトについては意識していない人も多いのではないでしょうか。
日焼け止めなどを塗っていればブルーライトによるダメージも防止する事が出来ますが、問題となるのは何も対策していないスッピンの状態。

スマホなどの光には強いブルーライトが含まれているといわれるように、何の対策もしないでブルーライトを浴び続けていると肌がダメージを受けてしまう可能性が高くなります。

また、日焼けしないように目のケアとして外出時はサングラスを付けていても、パソコンやスマホなどを見る時にブルーライトカットのケアを行わなければ、目のダメージや目からの日焼けはしてしまうという事に。

ブルーライトが目の負担になるというだけではなく、基本的に紫外線だと同じと思って対策して、より高い美白ケアを行いませんか?

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

jobikai お悩み解決辞典さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

近くで見られた時に、顔のうぶ毛を処理していないとギクッとしてしまいますよね。女性でも、口の周りなどは濃い毛が生えている人が多いですから、男性にドン引きされないよう抜かりなく処理しておきたいものです。でも、間違った方法で処理をすると、ツルツル肌になるどころか肌荒れの原因になることも [»続きを読む]

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

人は誰しも年齢を重ね、見た目も変化していきます。その代表的な変化に、肌のたるみがあります。肌のたるみは、見た目年齢を決定付けてしまう大きな要因であり、多くの女性が(そして男性も)エイジングを自覚するポイントです。 では、肌にたるみが出来ると、フェイスラインはどのように変わるので [»続きを読む]

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

スキンケア用の基礎化粧水の多くに配合されている「コラーゲン」ですが、化粧水に含まれるコラーゲンがどのような効果を目的としたものかについて、実は誤解している人が多いので、正しい効果を知って有効活用しましょう! [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録