冷えや疲れは薬膳で解消

公開 

HANANO

0 0

冷え症は万病の元と言われ、また疲れた時に様々な体の不調が現れるため、冷えにくく疲れにくい体を作りたいもの。そのためには食生活を見直すことが大事です。
痩せてキレイになりたいとの思いから、冬でも朝食に冷たいスムージーやサラダのみですますのは、逆効果。体が冷えるようなら温野菜を、むくみが取れないなら水分代謝を促すとうがんのスープ料理をと、季節やその時々の体調に合わせて作るのが薬膳料理です。
冷え性や疲れやすい人も、いつもの料理にスパイスや薬味を足すだけでも体調を整えることができます。

冷え性とは?

自分は冷え性とは縁がないと思っていても、実は冷え性の場合があります。
次のような症状があるかどうかをセルフチェックをしてみましょう。

冷え性チェック

①手先や足先がいつも冷たく、体温が36℃以下である。
②慢性的な肩こりや腰痛、むくみ、頭痛などに悩まされている。
③便秘がちである。
冷え性の人は、一般に甘いものを好む傾向があり、コーヒー好きの人が多いようです。

冷え性の人におすすめの食材と薬膳

野菜や果物では、かぼちゃ、しょうが、ニラ、ネギ、タマネギ、サクランボなどです。
魚や肉では、羊肉、鹿肉、エビ、サケ、タコ、などです。
その他では、もち米、八角、コショウ、酒粕、味噌、焼酎、日本酒などです。

冷え性改善のための薬膳料理

①ニラ雑炊(2人分)

だし汁400CCを鍋に入れ 、しょう油少々を加え、煮立ったらご飯2膳分とニラ半束を切ったものを加えて、ふたたび煮立ったら、溶き卵2個を加え、火を止めてしばらくおきます。

②かぼちゃのガーリック焼き

かぼちゃを5㎜くらいに切って耐熱皿に並べ、電子レンジで約3分加熱します。
フライパンにバターとニンニク1片をみじん切りにしたものを入れて炒め、かぼちゃを加えて、炒め焼きにします。

③タコの柔らか煮

タコの足3~4本に対して、水を2カップ、酒を半カップの割合で、約1時間ぐらい煮てから、しょうゆ大さじ1杯、砂糖大さじ1杯、みりん少々を加えて煮からめます。

④ショウガ紅茶

ショウガは血行を促進させるので、紅茶に入れて飲みましょう。


※この他、漢方薬では、手足の末端の冷えには「温経湯」、お腹の冷えには、「附子人参湯」、足腰の冷えには「八味地黄丸」が適しています。

疲れ性(虚弱体質)とは?

常に体がだるく、特に午前中に元気がでないが、これといった病気でもないのが、疲れやすい人の特徴です。次のような症状はありませんか?

疲れ性のチェック

①夜ぐっすり眠れず、寝汗をかきやすい。
②髪の毛が抜けやすく白髪が目立つ。
③少し歩いただけで息切れしたり、息苦しくなる
疲れやすい人は食が細くて、慢性的に胃腸の調子がよくないようです。

疲れやすい人におすすめ食材と薬膳

野菜や果物では、かぼちゃ、しいたけ、ニラ、にんじん、ニンニク、タマネギ、ネギ、やまいも、アスパラガス、えだまめ、オクラ、カリフラワー、そら豆、マイタケ、梅、ショウガ、赤唐辛子、ナシ、ブドウ、モモ、リンゴ、アボカド、グレープフルーツ、さくらんぼ、すもも、パパイヤ、ユズなどです。

魚や肉では、サケ、アジ、サバ、エビ、タコ、イカ、ホタテ、アユ、カツオ、ウナギ、サワラ、サンマ、スッポン、タイ、タラ、ドジョウ、ナマコ、ヒラメ、鶏肉、羊肉、牛肉、豚肉、鴨肉などです。

その他では、黒米、もち米、卵、クルミ、クリ、黒豆、カシューナッツ、ハチミツ、ココア、コショウ、シナモンなどです。

疲れを取る薬膳料理

①ヤマイモの豚肉ロール

ヤマイモを1㎝の輪切りにし、豚のもも肉で巻いて片栗粉をまぶし、フライパンにごま油を熱して両面を焼きます。醤油とみりん少量を回しかけます。

②アスパラガスのゴマ和え

アスパラガスは斜めに切り電子レンジで加熱し、もやしをさっとゆでて水気を取り、すりごまとポン酢で和えます。

③酢タマネギ

密閉容器にスライスしたタマネギを入れ、リンゴ酢を注ぎ一晩おきます。
そのままカツオをかけて食べます。

④黒豆ご飯

洗ったお米に、炒り大豆をひとつかみと塩少々を入れて炊きます。

※この他、漢方薬では、疲労に加え胃腸の調子がよくない時は、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、疲労に加え体の冷えがある場合は、八味地黄丸(ハチミジオウガン)などが適しています。

季節によって、体を”温める”食べ物と”冷やす”食べ物を食べ分ける

薬膳では、食材は体を温める「陽」の食材と、体を冷やす「陰」の食材に分けられます。
暑い地方でとれた野菜や果物は陽の食材、寒い地方でとれたものは陰の食材になります。

体を温める食材か冷やす食材かを見分けるには、一般的に黒い食材が体を温め、白い食材が体を冷やすと言われています。
黒砂糖、黒ゴマ、黒豆、黒きくらげ、黒米などは体を温め、白砂糖や白米などは体を冷やします。

まとめ

季節によって、体質にあった食材を摂ることで、体の冷えや疲れをとることができます。
自分の体は、自分が一番よく分かっています。
「ここのところ甘いものを食べすぎたな」と思ったなら、おやつは黒砂糖ひとかけにするとか、お腹や腰回りが冷たいと感じるときはコーヒーを控えるなど、自分の体と向かい合って食材を選ぶようにしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

HANANO

 

HANANOさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

 漢方から見る体をいたわるおつまみ

漢方から見る体をいたわるおつまみ

お酒をお家で飲む人が増えているようです。 みんなでワイワイ言いながら飲むのも楽しいものですが、漢方医学からみた健康的なおつまみを作り、ゆったりとした時間を持つのもリラックスできます。 体をいたわるおつまみの鉄則は、塩分を控えて素材を活かすこと、低カロリーで消化の良い食材を使っ [»続きを読む]

モヤシのアスパラギン酸効果がすごい

モヤシのアスパラギン酸効果がすごい

スタミナ強化や疲労回復に役立つ アスパラギン酸といえば、アスパラガスを連想しますが、大豆や大豆製品にも多く含まれます。 アスパラギン酸は、最初にアスパラガスの中から疲労回復成分が見つかったことからこの名前がついたそうですが、アスパラガスだけでなく、安価なモヤシからもアスパラギン [»続きを読む]

絶世の美女楊貴妃が愛した美容食4選

絶世の美女楊貴妃が愛した美容食4選

楊貴妃といえば、世界三大美女の一人として知られています。 日本の小野小町や古代エジプトのクレオパトラとともにその美しさが今も語り継がれていますが、楊貴妃の肌は格別美しかったようです。 私たちも食を見直して、体の内側からキレイを目指しましょう。 [»続きを読む]

夏のデオドラントケア法

夏のデオドラントケア法

どんなにファッションとメイクが素敵な人でも、近づくと変なニオイがしたらイメージダウンですよね。 夏は特に汗をかきやすくニオイが気になります。 ニオイの主な原因とケア方法を知って、暑くて長い夏を爽やかに乗り切りましょう。 [»続きを読む]

やっぱり見られてる!バストアップ効果のある体操や食事

やっぱり見られてる!バストアップ効果のある体操や食事

バストがキュンと上向きだと、やはり若々しい印象を受けます。 女友達と温泉旅行に出かけた時など、カッコイイ胸の形をした友だちにちょっぴり嫉妬心を抱いたことはありませんか? 簡単な体操をしたり、食べ物や生活習慣を見直すことで、バストアップは可能です。 美しいバストを維持する努力 [»続きを読む]

冷え性の新着記事

冷えが気になり始める季節のむくみ対策のご紹介です

冷えが気になり始める季節のむくみ対策のご紹介です

やっと酷暑が過ぎて、朝晩は冷え込む日が増えてきましたね。 あまりにも暑いのは本当にしんどいですが、季節の変わり目特有の、最低気温と最高気温の振り幅が大きいのも体に負担がかかりますよね。 さて、今回取り上げるテーマは・・・むくみ対策です。 なんとなく、暑さで水分を [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【鍼灸師が回答】1分でできる!足先の冷えを改善するツボと体操

【鍼灸師が回答】1分でできる!足先の冷えを改善するツボと体操

秋冬の寒い日だけではなく、夏の暑い日でもエアコンの風で足先が冷えてしまって痛いという方は多いのではないでしょうか? 足先の冷えはむくみや体調不良を引き起こす大きな原因。そんな冷えを解消するツボや運動について、鍼灸師が回答します。 [»続きを読む]

鍼灸師

鍼之助

足先だけが冷たい? 下半身冷え性の原因と改善のために必要な事

足先だけが冷たい? 下半身冷え性の原因と改善のために必要な事

体全体が冷たいわけではないのに、足先だけが異様に冷たい。 そんな下半身型冷え性に悩まされている女性も多いのではないでしょうか。 ただ全身が寒いのではなく、下半身、特に足の指先が冷たいという場合の原因や、改善の方法をご紹介します。 [»続きを読む]

シンフォニー

冷え性の改善に食べたい食べ物とNGの食べ物

冷え性の改善に食べたい食べ物とNGの食べ物

冬は気温が低くて体が冷えやすい。一方で夏もエアコンの冷たい風で手足が冷たいなど、冷え症に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。 体が冷えてしまうと代謝が低下するため、健康にも美容にも良くない事ばかり。冷え性の改善に衣類など工夫する事も必要ですが、体を温める食事も積極的に [»続きを読む]

シンフォニー

夏でも冷える足の指先を温める3つのツボ

夏でも冷える足の指先を温める3つのツボ

冬の寒い時期は当然の事ながら、夏の時期もエアコン風の影響などで足先が冷えてしまっている女性は多いですよね。足元を温めるアイテムや、厚手の靴下を愛用しているという人も沢山いるのではないでしょうか。 今回は、足先の冷えを改善する3つのツボを紹介します。 [»続きを読む]

鍼灸あんまマッサージ師

監修 鍼灸院【鍼之助】院長

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録