夏のデオドラントケア法

公開 

HANANO

0 0

どんなにファッションとメイクが素敵な人でも、近づくと変なニオイがしたらイメージダウンですよね。
夏は特に汗をかきやすくニオイが気になります。
ニオイの主な原因とケア方法を知って、暑くて長い夏を爽やかに乗り切りましょう。

ニオイの原因6つ

汗には暑いときや緊張した時にかく汗と、ワキやおへそなどの特定の部位のアポクリン酸から分泌される汗があります。
汗をかいて時間がたつと雑菌と反応して、それが原因でニオイます。
予防としては、持ち運びに便利なシートタイプなどで外出時もこまめに汗をふきとることです。

皮脂

皮脂は分泌されて時間がたつと、酸化してニオイの原因になります。
頭皮や背中などの皮脂の分泌が盛んなところは、嫌なニオイの発生源になります。
毎日のバスタイムでしっかり洗浄し、清潔に保つことが大事です。

食生活

肉などの動物性たんぱく質は汗腺や皮脂腺を刺激するので、大切な日の前は控えましょう。
卵、ニンニク、ネギなども体臭がきつくなります。
また、遅い夕飯や飲酒なども翌日の口臭がきつくなってしまいます。

体質

いくら清潔にしていても体臭が気になる場合は、ワキガ体質かも知れません。
ワキ毛やアンダーヘアも整えておきましょう。

衣服や下着

嫌なニオイが衣服や下着につくと着替えない限り臭ってしまいます。
焼肉の臭いやたばこの臭いはつきやすいので、洗えるものはすぐに洗っておきましょう。

睡眠不足

睡眠不足が続くと自律神経が乱れ汗が出やすくなりますが、肝臓の働きも衰え体内の毒素が上手く排出できなくなります。
臓器の働きが鈍るとアンモニアや乳酸が汗に混じって排出するため、体臭がきつくなってしまいます。

頭皮の臭いの原因

毎日頭を洗っていても、夏はニオイが気になってしまいます。
体のどんな部位からでる分泌物も、時間がたつと皮脂が酸化して嫌なニオイを発生させます。
特に頭皮からはノネナールという臭気成分が発生するので、くささを感じてしまいます。
汗だけではそれほどにニオイませんが、ホルモンバランスの乱れや間違ったシャンプーのし方やドライヤーの当て方でも頭皮の嫌なニオイを招いてしまいます。

きちんとすすいできちんと乾かす

シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがニオイの原因になることがあります。
また、ドライヤーできちんと乾かさずに生がわきのまま髪を束ねたり、寝てしまうとむれてニオイが発生してしまいます。
その他にも、清潔に保ちたいとの思いから洗浄力の強いシャンプーを使ったり、一日に何回も洗うと逆効果となり、必要な皮脂までが取り去られて嫌な臭いを発してしまいます。

ボデイソープでデリケートゾーンを洗うのはNG

夏は生理や生理の前後の臭いが気になりますが、デリケートゾーンをボデイソープで洗うと洗浄力が強すぎて、本来弱酸性で保たれるべきところが、バランスが崩れて臭いが強くなることがあります。
臭いを防ぐには、専用のせっけんを用いることをおすすめします。
専用のせっけんを使ってもデリケートゾーンの臭いが気になる場合は、ワキガ体質かも知れません。
ワキガ体質の人は、ワキが臭うだけでなくデリケート部分も臭います。
汗にはエクリン汗腺から分泌されるサラサラの臭わない汗と、アポクリン汗腺から分泌されるネバネバの臭う汗があります。
ワキの下や耳、乳輪、へそ、陰部などからアポクリン汗腺から分泌されますが、ほとんど臭わない人もいれば、ワキガ体質などで臭いやすい人もいます。
あまり気になるようなら専門のクリニックを受診しましょう。

ワキガかもしれない?

クリニックに行くほどでもないがワキのニオイが気になる人は、殺菌作用が長時間続くタイプのロールオンタイプのデオドラント剤を選ぶとよいでしょう。
ワキ毛処理はマメにおこない、いつも乾燥させておくことがニオイ防止につながります。
しかし、気になっているのは自分だけかもしれないので、ケアをしていれば必要以上に気にして神経質にならないことも大事です。
あまりニオイが気になるようなら、身内の人に臭うかどうかを尋ねてみてはどうでしょうか。 

フレグランスのつけ方

フレグランスをつける際は、爽やかで軽いものを選び、間違っても頭やワキにはつけないようにしましょう。
一般的に首筋や耳の後ろ、ひじの内側などが適しています。
汗の臭いとフレグランスがミックスするととんでもない不快なニオイに変わることがあります。仕事帰りの食事会やお稽古事 などにつけたいなら、ウエットティッシュなどで汗を拭きとり、よく乾いてから用いるようにしましょう。

まとめ

体から発するニオイの原因は、睡眠不足や食生活の偏り、運動不足など生活習慣全般の乱れがほとんどです。それにストレスが加わるとニオイはさらにきつくなります。
夏は汗臭いのはお互いさまとも言えますが、できる限り爽やかなお姉さんでいたいものですよね。
石鹸やシャンプー、制汗剤、フレグランスなどをちょっと変えてみるなどして、暑い夏をキリッとシャープに過ごす工夫をしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

HANANO

 

HANANOさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

 漢方から見る体をいたわるおつまみ

漢方から見る体をいたわるおつまみ

お酒をお家で飲む人が増えているようです。 みんなでワイワイ言いながら飲むのも楽しいものですが、漢方医学からみた健康的なおつまみを作り、ゆったりとした時間を持つのもリラックスできます。 体をいたわるおつまみの鉄則は、塩分を控えて素材を活かすこと、低カロリーで消化の良い食材を使っ [»続きを読む]

モヤシのアスパラギン酸効果がすごい

モヤシのアスパラギン酸効果がすごい

スタミナ強化や疲労回復に役立つ アスパラギン酸といえば、アスパラガスを連想しますが、大豆や大豆製品にも多く含まれます。 アスパラギン酸は、最初にアスパラガスの中から疲労回復成分が見つかったことからこの名前がついたそうですが、アスパラガスだけでなく、安価なモヤシからもアスパラギン [»続きを読む]

絶世の美女楊貴妃が愛した美容食4選

絶世の美女楊貴妃が愛した美容食4選

楊貴妃といえば、世界三大美女の一人として知られています。 日本の小野小町や古代エジプトのクレオパトラとともにその美しさが今も語り継がれていますが、楊貴妃の肌は格別美しかったようです。 私たちも食を見直して、体の内側からキレイを目指しましょう。 [»続きを読む]

やっぱり見られてる!バストアップ効果のある体操や食事

やっぱり見られてる!バストアップ効果のある体操や食事

バストがキュンと上向きだと、やはり若々しい印象を受けます。 女友達と温泉旅行に出かけた時など、カッコイイ胸の形をした友だちにちょっぴり嫉妬心を抱いたことはありませんか? 簡単な体操をしたり、食べ物や生活習慣を見直すことで、バストアップは可能です。 美しいバストを維持する努力 [»続きを読む]

酢を使った料理で体調を整え病気知らずの体に

酢を使った料理で体調を整え病気知らずの体に

暑さからくる疲れを翌日に持ち越さないためには、栄養のバランスがとれた食事と十分な休養が一番です。 夏の食事は、酸味のあるフルーツや酢を使うと、疲労の回復が早くなります。 体調を整え病気知らずの体を作る酢を日々の暮らしに上手に取り入れましょう。 [»続きを読む]

汗・体臭の新着記事

デリケートエリアのケアは人に言えない聞けないわからないの三拍子! 貴女が自分を大事にすること

デリケートエリアのケアは人に言えない聞けないわからないの三拍子! 貴女が自分を大事にすること

デリケートゾーンの話って、生理以外は女性同士でも、何となく話しにくい話題ですよね。だからこそドラッグストアで買えるデリケートゾーン専用の塗り薬などが売れているわけです。でも本来、デリケートゾーンはまさに女性としての要の部分であるはずです。 今回はデリケートゾーンに関する記事 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

ひょっとして私、クサい? ニオイ対策のご紹介です♪

ひょっとして私、クサい? ニオイ対策のご紹介です♪

体質的に汗をかきやすい人、またはここ数年の酷暑など、体にムレや汗を感じると、やはり気になるのは体臭。 そして口臭に加齢臭。気にしすぎなくらいの人もいますが、シャツが張りついたり、脇の下にツーッと流れる汗、お酒を飲んだあとの自分の口などを考えると焦ってしまいますよね。 今回 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

オヤジ臭女子が急増中!?頭皮の臭い・べたつき撃退法

オヤジ臭女子が急増中!?頭皮の臭い・べたつき撃退法

暑い日に汗や脂が出るのは顔や体だけではありません。 頭皮にはTゾーンの2倍近くもの皮脂腺があり、全身の中で一番皮脂量が多い部分と言われています。 そのため、夏は頭皮も毛穴の皮脂詰まりをおこしやすく、女性でもイヤな臭いやべたつきに悩まされている方が非常に多いです。 今回は、今 [»続きを読む]

mod's hair

夏は足サラサラ・汗対策をしたい!「ビオレZ」のフットクリーム&ディープクリアシートなら感動のスッキリ感

夏は足サラサラ・汗対策をしたい!「ビオレZ」のフットクリーム&ディープクリアシートなら感動のスッキリ感

夏のお悩みといえば「臭い」。サンダルを履くことにより足のムレや臭いが気になったり、外出するだけでも汗をかき、その臭いをどうにかしたいと思うもの。 そこでおすすめなのが、ビオレから2019年2月9日に発売された「ビオレZ さらさらフットクリーム」と「ビオレZ ディープクリアシ [»続きを読む]

jobikai編集部/恋愛・トレンド担当

佐倉もえ

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

靴を脱いで開放感に浸ったと同時にニオイが気になる足。 何となく、足の臭いは冬のブーツが一番危険だと思っていると思いますが、実は素足になる夏の方が臭くなる危険もあったりと、ケア方法を間違えると悪臭の原因に。 足の臭いを防ぐための3つのポイントを紹介します。 [»続きを読む]

りなっしー

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録