30代のためのクレンジングの選び方

公開 

momoka

1 1

大気汚染、ほこり、皮脂など、メイクの上からも私たちの肌は汚れにさらされています。しっかり落とさないと肌の上で酸化して「過酸化脂質」となり、肌あれの原因になってしまいますよ。メイクを落とさないで寝ると老けてしまうというように、クレンジングは美肌をキープするうえでとても大事です。
しかし、種類がたくさんあってどれがいいのかわからないからって「なんとなく」とか「適当」に選んでいませんか? 自分に合わないスキンケアアイテムを使っても肌の調子が良かった若いころとはもう違います! 自分の肌の調子にあわせてスキンケアを見直すことがエイジングケアの第一歩。30代のクレンジング、高いものに手を出す前に、まずはクレンジングの選び方を見直しませんか?

クレンジングがスキンケアにとって大切な理由

肌に付着したほこり、皮脂、花粉、ハウスダストなどの様々な汚れは、放っておくと酸化し、肌荒れなどのトラブルを引き起こす「過酸化脂質」となります。
この「過酸化脂質」は、後々のシミ・シワ・たるみのエイジングサインの原因ともなるのです。

クレンジングをすることは、メイクと一緒に様々な外部の汚れと、肌荒れの原因になる過酸化脂質を落とすことでもあります。
そのため、メイクを落とさず寝てしまうのは肌荒れの原因を自ら作り出す行為。もってのほかです!

クレンジング選びが美肌への近道?

メイクを落とすことはとっても大切! しかし、クレンジングは大切なものも落としてしまうのです。それは、肌のうるおいを保つのに欠かせない「天然保湿因子(NMF)と皮脂」です。ただでさえ30代の肌は水分量や皮脂が少なくなってきて乾燥に傾きがちなのに、間違ったクレンジングでさらに皮脂や天然保湿因子を奪ってしまうと肌は転げ落ちるように老化へ進んでしまいます。そのため、30代からは肌状態を見極めて相談してクレンジングを選ぶことが大切です。

そこで、まずはクレンジングの種類と特徴を、脱脂力(皮脂を奪う力)が強い順にご紹介します。

脱脂力強!「オイルクレンジング」

オイルクレンジングはその名の通りオイルを主成分としたクレンジングです。落とし方としては、油でメイク(油汚れ)を落とす感覚です。しっかり濃いメイクでもするんと落とせますが、脱脂力が強いため、肌に負担がかかってしまいます。

脱脂力強!「リキッドクレンジング」

リキッドクレンジングは、オイルフリーのものが多く、マツエクをしていてオイルが入ったクレンジングを使えない方でも安心して使うことができます。とはいえ、こちらもオイル同様脱脂力が強く、乾燥肌の方は洗いあがりに肌のツッパリを感じるかもしれません。

脱脂力中!「ジェルクレンジング」

ジェルクレンジングは、適度な厚みがあるので、肌との摩擦を避けることができるのが特徴です。オイルがはいっているタイプは、濃いメイクを落とすこともできます。オイルフリーのタイプのものは、まつエクをしている方でも安心して使うことができますよ。

脱脂力低!「クリームクレンジング」

クリームクレンジングは油分の配合が多いクレンジングです。テクスチャーに適度な重さがあるので肌への摩擦もありませんし、脱脂力も高くなく洗いあがりがしっとりしているのが特徴です。しかし、濃いメイクを落とすには不向きです。

脱脂力低!「ミルククレンジング」

ミルククレンジングは水分量が多くみずみずしいクレンジングです。洗いあがりの肌はしっとりするのですが、濃いメイクを落とすには不向きです。

脱脂力低!?「ウォータークレンジング」

ウォータークレンジングとは水のようなクレンジングなので、コットンに含ませてから肌の上を滑らせるように使います。脱脂力自体は低いのですが、コットンを滑らせることによる摩擦によって肌に負担がかかってしまいます。

30代からのクレンジングの選び方

クレンジングの種類を理解していただけましたか? 30代からのクレンジングの選び方は、その日の肌状態に合わせてクレンジングを使い分けること。ぜひ、これから紹介する選び方を参考にしてみてくださいね。

デイリー使いには肌に優しい「ミルクタイプ」を

ミルククレンジングは水分量が多くなめらかなテクスチャーで、肌に優しく刺激が少ないところが特徴です。また、脱脂力が低いので乾燥が気になる方にもおすすめ!
しかし、ウォータープルーフのアイテムを使ったメイクや濃いメイクは落とすことができません。目元だけにウォータープルーフアイテムを使った場合は、ポイントメイクリムーバーで落としてからにしましょう。
特に肌悩みがなく普段からナチュラルメイクの方のデイリークレンジングにはミルククレンジングがおすすめです。

ニキビが多発?そんな時は「クレンジングジェル」を

ニキビの原因は、皮脂が過剰に分泌されること。ジェルクレンジングはミルククレンジング同様、低刺激ですがミルククレンジングよりも脱脂力が強いので、洗いあがりがさっぱり仕上がります。皮脂の過剰分泌が原因のニキビが気になる方にはおすすめです。また、生理前にニキビができやすいとお悩みの方は、生理前2週間にだけジェルクレンジングを取り入れてみても良いと思います。

気合を入れたがっつりメイクの日には「オイルクレンジング」でしっかり洗浄

オイルクレンジング=肌に悪いというイメージをお持ちではないですか? たしかに、オイルクレンジングはその洗浄力の高さゆえに脱脂力も強いので健やかな肌に必要な皮脂や天然保湿因子をも洗い流してしまうこともあります。しかし、結婚式やパーティーなど気合を入れたがっつり濃いメイクの日に肌に優しいからとミルククレンジングを使うと、メイクが落としきれなかったり、落とそうとして余計な力が加わったりして色素沈着の原因になってしまうこともあります。せっかくメイクを落とそうとしているのに元も子もない話です。そのため、がっつり濃いメイクをした日は潔く洗浄力の高いオイルクレンジングを使いましょう。

一つだけ注意をしたいのが、ミネラルオイルがあまり使われていないオイルクレンジングを選ぶことです。なぜなら、ミネラルオイルはオイルの中でもとっても脱脂力が強いので肌にとってかなりの負担になってしまいます。オイルクレンジングを購入する際には全成分表示を見て、最初の方にミネラルオイルがはいっていないものを選ぶようにしましょう。

肌がムズムズ…敏感な時はクレンジングそのものを工夫

肌がムズムズしたりかゆくなったりしてしまう、いわゆる敏感肌はバリア機能が低下している状態です。そこにクレンジング・洗顔のW洗顔をしてしまうとただでさえ弱っている肌にさらに追い打ちをかけるようなもの。肌が敏感な時は、「W洗顔不要のミルクタイプorクリームタイプのクレンジング」を選ぶか「クレンジング不要のミネラルコスメを使ってメイク」をしましょう。肌が敏感な時は少しでも洗い流すことを減らして肌への負担を最小限にとどめましょう。



私たちの肌は、自ら保湿する力は持っていますが洗浄する力は持っていません。そのため肌状態を見極めてクレンジングを選ぶことはとても大切です。
30代からはメイクの濃さや肌状態に合わせてタイプの違うクレンジングを何種類か使い分けることを始めてみませんか?

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

momoka

 

momokaさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

コスメ好きの心をわしづかみしている単色シャドウと言えば「ADDICTION ザアイシャドウ」。その色展開はなんと99色。ベーシックに使えるブラウンからちょっぴり挑戦的な色味まで様々な色味を取り揃えています。しかし正直99色もあると、どれが自分に似合うかわからないですよね。そんなあ [»続きを読む]

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

カサカサ、つっぱり、かゆみ、粉ふき…などなど、冬のこの時期は乾燥肌の悩みは尽きません。とにかくスキンケアでは保湿を意識しているけれど、なんだか効果はいまいち。乾燥肌を放っておくと老けると聞いたこともあるし、化粧ノリも悪くなってしまうから、今年こそ本気で乾燥肌を卒業したいと思ってい [»続きを読む]

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

いくら日焼け止めを塗って、飲む日焼け止めを飲んでも長時間外にいるとうっすら焼けてしまうなんてこともありますよね。そんなうっすら日焼けも許せない美白命の筆者がおすすめの完全遮光グッズをリアルな声とともに紹介します。これを身につければうっすら日焼けも防げること間違いなしです。見た目は [»続きを読む]

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

色もちが良いため長時間メイク直しをすることができない日の強い味方、ティントリップ。しかし、色もちが良いゆえ、乾燥や時間が経つと蛍光ピンクに発色してしまう点も気になりますよね。そんなティントのデメリットを解消して、色もち・うるおい・ツヤと求めるものをすべて備えたリップが発売されまし [»続きを読む]

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

日焼け止めが必須の季節がやってきました。絶対に焼けたくない! と思う方が日焼け止めを購入する際に気にされるのは「SPF/PA」の数値ですよね。しかし、その意味を正しく理解していますか? 「絶対に焼けたくない!」と思うならこれらの意味を理解することでより日焼け止めの効果を高めること [»続きを読む]

洗顔・クレンジングの新着記事

夏のダメージ肌におすすめのクレンジングオイル4選

夏のダメージ肌におすすめのクレンジングオイル4選

夏の肌は汗をかいたり、紫外線を浴びたり。毎日ダメージを受けていますが、リセットせずにいると、秋になって様々な肌トラブルが現れてくるかもしれません。 そこで今回は、夏のダメージ肌におすすめのクレンジングオイルをご紹介します。 [»続きを読む]

alice

あのアルティム∞クレンジングオイルが泡タイプに!使用感などのレビューです!

あのアルティム∞クレンジングオイルが泡タイプに!使用感などのレビューです!

シュウウエムラのクレンジングオイルは、ブランドの看板商品の1つとして、とても有名ですよね。 私は五種類あるクレンジングオイルの中でも、茶色のボトルのアルティム8∞を愛用していました。 アルティム8∞のキャッチコピーは「カシミヤ肌」。毛穴の詰まりなどにはピンクのボトルのフレ [»続きを読む]

鈴木のぞ美

とろけるような使い心地が◎簡単にメイクが落とせる、おすすめクレンジング剤

とろけるような使い心地が◎簡単にメイクが落とせる、おすすめクレンジング剤

4月3日よりRMKのクレンジングバームが登場。元々RMKのスキンケア・ボディケアアイテムが好きな私にとってはまさに発売を楽しみにしていました。なかなかいいクレンジングがない、クレンジング後乾燥感が気になる方はぜひ参考にしてください。 [»続きを読む]

美容家

船山葵

スキンケアから便秘まであなた次第で使用法は無限大の炭パウダーの取り入れ方のご紹介です!

スキンケアから便秘まであなた次第で使用法は無限大の炭パウダーの取り入れ方のご紹介です!

炭、から何を連想しますか? 備長炭や、キャンプで使うのを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。 筆者は最近、炭パウダーに目覚めました。 使い始めてわかったのは、炭パウダーは守備範囲がかなりの広さだということ。 今回は炭パウダーについての記事です。 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

マジックソープ並み? 頭の先からつま先まで使えるマルチなアイテムのクリームズクリームのご紹介です!

マジックソープ並み? 頭の先からつま先まで使えるマルチなアイテムのクリームズクリームのご紹介です!

髪もボディーも、という洗浄料はわりとありますよね。 有名どころだとDr.ブロナーのマジックソープでしょうか。以前、筆者が紹介したpiyokoのシャンプーもそうですね。 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録