セルライトケアの「エンダモロジー」痩身とは? エステとクリニックでの違いを含めて解説

お腹周りや太ももの脂肪が気になっているけれど、食事制限のダイエットはなかなか続かないという方は多いと思います。体重を減らすだけならまだしも、一度ついてしまったセルライトは、ただの食事制限だけではそう簡単に無くなりません。そんなセルライトを無くすのに効果があると最近話題の「エンダモロジー」をご存知ですか? 今回はエンダモロジーについてご紹介していきたいと思います。

エンダモロジーってなに?

エンダモロジーとは、フランスのLPG SYSTEMS社が開発した痩身治療の機械です。アメリカのFDAからセルライトと局部脂肪に効果がある世界で唯一の機器として認可されている美容機器で、世界で毎日30万人が治療を受けていると言われているとても人気のある治療です。まだ日本ではそこまで知られていないですが、世界110カ国で利用されているという実績と信頼のある機器です。

LPGという社名は創業者であるルイ・ポール・ギテーさんの頭文字からきています。ギテーさんが交通事故で筋肉と皮膚をケガしてしまいますが、その筋肉の回復やリハビリ・皮膚の傷跡の治療がとても大変だったようで、リハビリ中の痛みの軽減や傷跡の治療を目的として開発を始めました。
最初の目的はそのようなケガの治療でしたが、その研究過程での様々な発見を経て、現在は痩身治療の技術を確立しマシントリートメント業界を牽引する企業です。

2本のローラーの特殊な動きで揉み上げる

エンダモロジーは強力な吸引で持ち上げた組織を、2本のローラーで揉みあげるようにほぐすことで肌の深部にアプローチしながらセルライトをケアしていくという美容機器です。ハンドマッサージでは難しい動きで、人の手では届かないぐらい深いところにある脂肪も揉みあげることができるため、がんこなセルライトにもアプローチできます。

独自のスーツを着用する

施術の際には専用のボディースーツを着用しますが、これは施術の際の吸引で肌に傷をつけないようにしたり体毛を巻き込まないようにしたりするためです。それ程の吸引力があるということですね。さらにコンピューターを内蔵しているので、脂肪がある場所に適度な強さでアプローチできます。

めぐりを良くする

また、セルライトを強くもみほぐすだけでなく、ローラーによるマッサージで血行が良くなるため代謝が良くなり脂肪が燃えやすい体になりますし、老廃物も流れやすくなりますのでむくみのケアにもなります。継続して施術を受けることで肌が活性することでお肌のハリや弾力も戻ってきます。エイジングや疲労のケアにも繋がります。

実際に美容の分野だけでなく医療やスポーツといった分野でもエンダモロジーが取り入れられており、プロサッカー選手やテニス選手がエンダモロジーを使用して体のメンテナンスをしているようです。サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手がエンダモロジーを自宅用に購入したことも話題になりました。

エンダモロジーの効果は?

気になるエンダモロジーの効果ですが、人によっては最初の1回でサイズダウンの効果を実感できる人もいるようです。しかし1回だけではせっかく細くなった部分も元の体型に戻ってしまうので、細くなった体型を定着させるには少なくとも10回ほどは施術を受ける場合が多いようです。最初は週1~2回のペースで施術をうけ、6回目以降は1~2週間に1回のペースに落としていくのが良いようです。

エンダモロジーは単にセルライトを落とすだけでなく、代謝をよくして痩せやすい体に変えてくれる施術なので、施術をうけるのと合わせて有酸素運動などを取り入れるとより効果的です。

エンダモロジーにデメリットはないの?

ここまで良いことばかりのエンダモロジーですが、デメリットはないのかも調べてみました。

副作用や治療ができない場合はあるの?

副作用についてですが、これまで大きな副作用などの報告はないようです。ただし妊娠中の方は治療を受けられないのでご注意ください。また悪性腫瘍のある方も、エンダモロジーによって巡りが良くなることでガンの進行が早まる可能性があるため施術は受けられません。

体重は減らない?

エンダモロジーはセルライトや脂肪を除去して体のラインを整えることを目的としている機器ですので、体重を軽くする効果はありません。脂肪にはそれ程重さがないので体重が劇的に減るほどの影響がないのです。ただし、施術によって代謝が上がり痩せやすい体質ができますので、他のダイエットと組み合わせれば体重減も期待できるでしょう。

一度では効果がない?

エンダモロジーでしっかり効果を出すには少なくとも10回の施術を受けるのが望ましい先述しましたが、何度もサロン・クリニックに通わなければならない点はデメリットと言えるでしょう。

結構痛い?

エンダモロジーはセルライトにアプローチするため、強力な吸引で揉みほぐしを行うことから、お肉をつねられた時のような痛みがあると言われています。
ただこの感じ方は人それぞれですので、全く痛くないという人もいれば、かなり痛い!という人もいて、必ずしもどちらかとは言い切れません。

また、痛みを感じやすい原因の一つに、体が冷えていたり硬くなっていたりするとほぐす時に痛みを感じてしまう、というのがありますが、何度か施術を受けていくうちにほぐれて次第に痛みを感じにくくなるというのは共通してあるようです。

エステとクリニック、何が違うの?

エンダモロジーのエステとクリニックの違いを語る前に、そもそも痩身におけるエステとクリニックの違いをお話ししましょう。
痩身に限らず、美容目的の施術を行う場合のエステとクリニック(美容医療)一番の違いは施術をしてくれる人の資格の違いです。エステは美容の研修を受けたエステティシャインが施術を行ってくれるのに対し、美容医療は医学的知識のある医師が担当してくれます。

痩身を目的にした場合には施術内容にも違いがあります。

エステの場合は医療機関ではないので、当然ながらメスを入れるような外科的治療はできませんが、ハンドトリートメントや美容マシンを使った施術を行います。その他内装にこだわりがあったり心地よい音楽が流れていたりと癒しの空間の中で施術を受けることができ、美しくなるという目的以外にくつろぎの時間を提供するという面がエステにはあります。

一方、医療痩身などを行うクリニックは医療機関ですから、医療機関でのみ認可されている効果の保証された専門的なマシンや、脂肪溶解注射や脂肪吸引等といった皮膚の下の体の組織にまで影響するような具体的な手段をとった痩身治療が受けられます。医療機関の痩身治療は効果が現れやすく医師の診断のもと行える反面、保険適用外の場合がほとんどですので、エステよりも費用は高額となってしまいます。

では、エンダモロジーはエステと美容医療のどちらなのでしょうか?
エンダモロジーは医療機器ではなく美容機器ですから施術に医師免許は必要なくエステサロンでも施術を受けることができます。しかしながら、クリニックでのエンダモロジーの方がマシンの出力は高いと言われています。

一方で、エンダモロジーはもともと医療用として開発されました。先述したとおり、創業者が事故にあったのがきっかけで医療治療用の機器として1970年代に開発され、最初は傷跡の治療効果が高いとされていたようです。実際に世界中の科学者や医者がエンダモロジーを用いた治療の研究をおこなっており、145にもなる科学的な研究が行われているそうで、エステだけでなく医療機関でもエンダモロジーを用いた治療が行われています。

こうしたことから、エンダモロジーはマシンを用いたエステ施術でありながら、医療的な面からも信頼されている治療法といえるでしょう。

エンダモロジーの費用は?

エンダモロジーという美容機器は、基本的にはエステサロンなど向けの業務用となりますので、個人で所有するというのはあまり現実的ではありません。

エンダモロジーを使いたい場合は、導入しているエステサロンやクリニック、スポーツジムなどで施術を受けるのが一般的です。。

費用ですが、エンダモロジーの一回の費用は8,000円から30,000円くらいと、幅は広く、全体的に高価です。
というのも、エンダモロジーのマシン自体が高価なため導入した店舗が減価償却するためにある程度の金額を設定する必要がある点、そして、マシン自体が大きいためある程度の広さを確保する必要がある点、そして、特殊なスーツに着替える必要があり色々と手間がかかり、また一度の施術では全身行うことになる点など、効果が高い施術であること以外にも理由は散見します。

施術を行う施設によっては、エンダモロジー単体での施術だけでなく、他のエステメニューと組み合わせたコースなどで施術が受けられる場合もあり、するとどうしても高額な痩身エステメニューとなってしまいます。

最後に

ここまでエンダモロジーについてご紹介してきましたが、効果や信頼性は高いと言えるでしょう。デメリットについても、定期的に施術を受けなければいけないという手間と費用がかかるというのは大変ですが、副作用やアレルギーのような危険なデメリットはないことも分かりました。セルライトは自分で落とそうとしてもなかなか効果が見えにくいですがとても気になりますし、太ももの裏など自分では見えにくくても他人からは見えやすいところに多くできがちですよね。こうした手ごわいセルライトを無くすのに自己流のケアでは限界を感じている方は、ぜひエンダモロジーに頼ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > ダイエット・痩せる

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録