昔の人はスキンケアしていない? 現代人にはしっかりケアが必要な4つの理由

公開 

マツリナ

0 0

自分の肌にあった洗顔料を使って、しっかりコスメを使ってスキンケアして、髪だってシャンプーやトリートメントを選んでケアを頑張る。そんな現代人の忙しいセルフケアに対して「昔の人はそんなに色々ケアしていないけど、肌がキレイ」なんていう話をされた事、一度くらいはあるのでは?
何もしない人達の方が肌がキレイ。だからケアをやめよう。なんていう意見も耳にしますが、そもそも昔と現代では状況が全然違うもの。ちゃんとケアをしなければいけない理由を紹介します。

睡眠環境が全然違う

一つ目の理由は、睡眠環境。特に、就寝間際の電気の使用や、目に入る光の量は今と昔は全く違いますよね。
睡眠はどれだけ深く眠れるかによって成長ホルモンの分泌量が変化しますが、睡眠を浅くしてしまう大きな原因の一つが寝る直前の明るさ。特に、スマートフォンなど画面が光るものを寝る間際に見ていると、強い光によって脳が覚醒するため睡眠が浅くなります。

睡眠が浅い=成長ホルモンの分泌が少なければ肌もちゃんと育たない状態になるので、その分はしっかりスキンケアしないと同じような肌質は作れません。

食事の栄養が全然違う

昔の人参と今の人参を比べると、その栄養価はなんと5分の1というような研究もあるほど、そもそも食材の栄養価が落ちています。
食事で摂取する栄養は人の体を作る源。同じ食事量をとっていても、充分な栄養が取れていないのであればその分を他のケアで補うしかありません。

逆に、昔よりも糖質や脂質などの摂取量は増えているので、昔の人と同じような活動をしていても太りやすい環境という状態になっている事も事実。
昔と同じような質素な食事を摂れば栄養が少なくなり、同じ程度の栄養を取ろうとすると糖質などが過剰になりやすい。そういう意味では、サプリメントを上手に活用する事がとても利口だという事が分かります。

また、食事で添加物などの摂取が増えている事も問題の一つ。
レトルト食品などに利用されている防腐剤などの添加物は、もちろん必要だから使われていて、安全性も充分に検査されているものである事は確かですが、それでも肝臓などの負担を強めている事も事実。
内臓に負担がかかれば、それだけ健康や美容にも影響が及ぶので、しっかりとケアをして体内環境を整えるための努力が必要になります。

男女問わずストレスがかかりやすい社会

よくストレス社会と言われますが、精神的でも肉体的でも、ストレスがかかると人の体はストレスを克服するために分泌されるホルモンのバランスが変わり、例えば男性ホルモンが増えて皮脂の分泌量が増加するなどの変化が発生します。

現代がストレス社会と言われる大きな理由は、コミュニケーションツールの発達から四六時中色々な人と繋がるようになった事や、一人ひとりが考えなければいけない情報量が増えてきた事などが大きいのですが、更に女性の場合は「女性の社会進出」によって労働をせざるを得ない状況になってきているため、これも大きなストレスになっています。
これは日本に限った話ではなく、イギリスなどでも予想平均寿命で男性と女性の差が縮まっていて、より女性にもストレスがかかりやすくなってきたという事が挙げられます。

ストレスというと「昔の方が大変でストレスがあった」という意見もありますが、四六時中「誰か」からのストレスを受けやすいという点で、現代のストレスの方がたちの悪いものが多いというのは事実でしょう。

日常の運動環境が違う

昔の人は良く動いていた。とだけいうと語弊がありますが、現代は日常の中で動く量が極端に減っています。
それは技術の発展によるものが多く、例えば昔なら洗濯だって手動、火だって簡単におこしていた訳では無いものを、現代では全て家電製品が簡単に行ってくれます。
だったらその分運動すればいいじゃないかという意見もありますが、こうした時間が減少した分、他のやる事が増えているので単純に不足分の運動を行うというのは中々難しいのではないでしょうか。

深い睡眠が成長ホルモンの分泌を促進させると紹介しましたが、適度に体を動かす事も成長ホルモンの分泌や、全身の血流促進に必要不可欠。
頑張って運動をしないまでも、座りっぱなしにしないように適度に立ち歩いたり、少しだけでもウォーキングをするなど体を動かす習慣を身に着けられるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
社会、時代が変われば、必要になるものも変わるもの。昔は何もしなくて大丈夫だったとしても、現代ではちゃんとケアをしないと実際の所、健康で美しい状態を保つ事は難しいのです。
もちろん、世の中には本当に何もしないで美を保っている事が出来る人もいるとは思います。しかし、それが万人にとって通用する話ではなく、殆どの人はちゃんとしたセルフケアを行わなければ、健康的な状態でいる事は難しいでしょう。

時代や環境の変化に合わせて、しっかりとしたケアを行いましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

マツリナ

 

マツリナさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

お悩み解消! 面長な顔を小さく見せるメイクの5つのコツ&動画紹介

お悩み解消! 面長な顔を小さく見せるメイクの5つのコツ&動画紹介

顔の印象が縦長に見える面長さんに、キュッと小顔に見せるメイクのコツをご紹介します。ポイントを押さえてメイクを施すことで、簡単に面長を解消させることも。 分かりやすい動画も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 [»続きを読む]

まぶたが厚いのは生活習慣も関係する。その原因と対策方法

まぶたが厚いのは生活習慣も関係する。その原因と対策方法

瞼(まぶた)が厚いとそれだけで目が小さく見えたり、メイク映えしなかったりと、何かと損をすることが多いのではないでしょうか?このような厚いまぶたは肥満が原因で起こることもありますが、さまざまな生活習慣が災いして起こることもあります。特に、以前よりも瞼が厚くなったように感じる場合では [»続きを読む]

眉で顔立ち決まる。失敗しないアイブロウメイクのコツとポイント

眉で顔立ち決まる。失敗しないアイブロウメイクのコツとポイント

眉を剃りすぎて変な形になってしまった経験、ありませんか? 眉毛をキレイに整えるのって難しいですよね。はじめて眉毛を整える方は、どこから手をつけたらいいのかわからないこともあるでしょう。そんな眉毛の扱いにお困りのあなたのために、今回は正しい眉毛の整え方をご説明していきます。剃り方や [»続きを読む]

【手軽・美味しい・続けやすい】レモン水ダイエットの効果は?

【手軽・美味しい・続けやすい】レモン水ダイエットの効果は?

世の中には色々なダイエット法がありますが、そのどれに関しても言える事が、継続の難しさですよね。ダイエットは一日にしてならず。継続して徐々に脂肪を落としていく事しかできないため、その続けやすさが一つの大きなポイントになります。 そこでダイエット茶など飲料、食事による様々なダイエッ [»続きを読む]

ニキビで恋愛運占い? 重い思われ振り振られの根拠はあるの?

ニキビで恋愛運占い? 重い思われ振り振られの根拠はあるの?

ニキビが出来た時、その場所によって恋愛運が占えるというのを聞いたことがある人は多いと思います。 一般的に、ニキビが顔の上下左右どこにできるかで「思い」「想われ」「振り」「振られ」の4パターンとされますが、その詳しい意味とちょっと無理やり感はありますが根拠となりそうな理由を紹介し [»続きを読む]

肌質改善の新着記事

筋トレが美肌を導く?! 自粛期間に知りたかったマイオネクチンの秘密

筋トレが美肌を導く?! 自粛期間に知りたかったマイオネクチンの秘密

世間は今でも外出自粛モードでコロナ疲れを感じている人も少なくないはず。 ストレスはお肌の大敵! それに加え、着用時間の増えたマスクや暇潰しの暴飲暴食、ついつい深夜に見てしまう映画で夜更かし…なんてこともあって自粛期間中にお肌の不調を感じている方は多いのではないでしょうか? [»続きを読む]

Ayana Okada

カサカサのかかとが一瞬でなめらか! ロクシタン『シア フットバーム』

カサカサのかかとが一瞬でなめらか! ロクシタン『シア フットバーム』

目に触れる機会が少ない足の裏。他人に見られることも少ないとはいえ、何もしないでいると、乾燥してひび割れたり、ガサガサしたり。私もチェックしてみると、想像以上に汚くて驚きました。 そこで今回は、かかとケアに効果があると評判のロクシタン『シア フットバーム』を試してみました。足裏ケ [»続きを読む]

alice

頑張っているのに綺麗になれない人と、どんどん綺麗になっていく人の違いって?

頑張っているのに綺麗になれない人と、どんどん綺麗になっていく人の違いって?

家族に「えらそう」と言われている、しゅんです。今回もえらそうなことを書いております。綺麗な人と頑張ってるのに綺麗になれない人の違い、というテーマで、「お前はどうなんだ!」と心の声が画面を通して聞こえて来そうですが、そういう自分に不都合なことは無視して、ザクザク切り込んでいきたいと [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ガサガサかかとを ツルツルにするケア方法

ガサガサかかとを ツルツルにするケア方法

ストッキングを履いたらかかとから伝線してしまった…なんて経験、ないでしょうか。かかとを見られたくないからサンダルを履けない、裸足になるのが嫌だという方もいるかもしれません。キレイを目指すなら足先までキレイでいたい! 今回はガサガサかかとをツルツルにするケア方法をご説明していきま [»続きを読む]

お悩み解消 メイク&ケア

“肌の痩せ”を防ぐ!3種の『タカミローション』でふっくら女性らしい肌へ

“肌の痩せ”を防ぐ!3種の『タカミローション』でふっくら女性らしい肌へ

綺麗になりたいと思うほど、実は“肌の痩せ”を引き起こしやすいと言われています。美容皮膚の現場で長年にわたりスキンケアの開発に関わってきた『タカミ』が、シャパシャパした水のような化粧水とは少し違った“白い”テクスチャーをもつ3種の機能性化粧水「タカミローション(0・Ⅰ・Ⅱ)」をご紹 [»続きを読む]

美容家

船山葵

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録