眉で顔立ち決まる。失敗しないアイブロウメイクのコツとポイント

公開  更新 

マツリナ

1 1

眉を剃りすぎて変な形になってしまった経験、ありませんか? 眉毛をキレイに整えるのって難しいですよね。はじめて眉毛を整える方は、どこから手をつけたらいいのかわからないこともあるでしょう。そんな眉毛の扱いにお困りのあなたのために、今回は正しい眉毛の整え方をご説明していきます。剃り方や注意点を押さえれば、憧れのキレイな眉毛を手に入れられますよ。

眉毛を整えるために必要な道具

キレイな眉毛にするためには、道具をあらかじめ揃えておく必要があります。最低限以下のものは用意しておきましょう。

・眉毛カット用のハサミ
・眉用電気シェーバーもしくはカミソリ
・眉用コーム
・毛抜き

シェーバーは少しお値段がしますので、安く済ませたい方はカミソリでもOKです。ただしカミソリだと肌に負担をかけやすいのと、細かな調整がしにくいのでできるだけシェーバーを選ぶようにします。毛抜きはなくてもよいです。ただしあった方が眉毛を剃った後のボツボツが目立たなくなります。

理想の眉毛の形を決める

眉毛を整えるといっても、どのような形に整えたいかによって剃る場所も変わるので注意。平行眉毛がいいのか、カーブしている眉毛がいいのかをあらかじめ決めておきます。眉毛を剃る前に、アイブロウを使って理想とする眉毛をかいておくと整えやすいですよ。
理想の眉の形は、トレンドや顔立ちによって様々ですので、雑誌などで自分の顔立ちに近いモデルの眉の形などをよく観察して参考にするよ良いでしょう。

ボサボサ眉毛をカットしていく

まずは眉毛の長さを整えましょう。使う道具はコームと眉毛カット用のハサミです。どちらとも100均で揃えることができますよ。コームで眉毛をとかしながら、コームからはみ出した部分をハサミでカットしていきます。コームを使うことで均一な長さに整えられ、さらに眉毛を短くしすぎてしまうのも防ぐことが可能です。全体的にコームを使いながらカットしていきます。

シェーバーで余計な部分を剃る

眉毛全体をカットして整えたら、次はシェーバーもしくはカミソリを使って形を作っていきます。最初にかいておいた理想の眉毛の形からはみ出している部分を、丁寧に剃っていきましょう。剃りすぎると修正が難しいので、少しずつ剃るのがポイント。

毛抜きで仕上げ

眉毛をシェーバーやカミソリで剃ると、短い毛がポツポツと残ります。どんなにキレイに揃えようとしてもポツポツ眉毛は必ず残ってしまうものです。そのままにしておくと剃った眉毛が伸びてきてボツボツとした見栄えの悪い眉毛になってしまいます。剃った後はできるだけ毛抜きで短い毛を抜きましょう。ただしむりやり引っ張って抜いてしまうと肌が赤くなり、荒れてしまうことがあります。そのため毛抜きを使わずに眉毛を整えている方も多いですね。抜いたところからだんだん眉毛が生えにくくなってしまうこともあるので、毛抜きを使うか使わないかは自己判断ともいえるでしょう。もともと眉毛が濃い方は剃って短くなった眉毛を抜いたほうが仕上がりはキレイです。

眉毛をキレイに整えたい方必見の動画3選

どうすればキレイに眉毛を整えられるのか、動画を見ながら詳しく見てみましょう。眉毛の整え方を知りたい方にオススメの動画を3つご紹介します。

正しい眉毛の整え方、剃り方と注意点

はじめて眉毛を整える方はぜひチェックしておきたい動画です。きれいな眉毛を作るコツも紹介されています。

プロが教える!眉毛の整え方【ヤフーニュースでも紹介されました!!】

ヤフーニュースでも紹介されたと話題の、プロによる眉毛の整え方の動画です。プロはこのようにして整えていくんですね。使用している道具まで真似するのは難しいですが、キレイな形を整えるにはとても参考になりますよ。

まゆげの整え方?参考にするかしないかはあなた次第?

髪の色が明るい方は、こちらの動画にあるように眉毛を脱色した方がキレイで違和感のない眉毛に仕上がります。濃い眉毛にお悩みの方も参考になるでしょう。

まとめ

眉毛は、整え方を間違えるとときには取り返しがつかなくなることもあります。ぜひ今回紹介した整え方を参考に、キレイに仕上げてくださいね。失敗しないコツはコームを使うことです。切りすぎ防止になるので安心ですよ。髪色が明るい方、ボリュームが気になる方は動画にあるように脱色してみると、顔から浮かない眉毛を作れます。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録