foreign bath time~海外のバスタイム事情 in London~

日本のバスルームは大半の家庭が湯船のついたタイプですよね。
自分の好きな香りの入浴剤をつかってリラックスしたり、バスルームの湿気を利用して蒸気マスクをしたり、楽しみ方やスキンケアの方法もいっぱい!
一方、海外ではシャワーだけというスタイルが一般的です。

入浴事情に加え、どのようなケアをしているのか、美人のバスタイム研究部の南紫がイギリスに行って調査してきました!
ちなみにトップの右上の写真は、昔の女王様が使っていたとされるバスルームです。(Leeds Castle)
部屋にバスタブのようなものがポンと置かれていただけのようですね。

一般的にバス・トイレは一緒!

イギリスではある程度ランクが高いホテルでも、シャワールームとトイレが一緒になっていることが多いです。普通の家庭でもこのスタイルが一般的。
日本でいうユニットバスタイプもあります。
私自身、ハイグレードなロンドンの四つ星ホテル(★★★★☆)に宿泊しましたが、洗面台、トイレ、バスタブが一つの空間に収まっている3点ユニットバスでした。

ロンドンなどの都市部は水道が硬水

日本の水道からは軟水が出てきます。
しかしイギリスの中でもロンドンなどの都市は水道水が硬水です。硬水とはマグネシウムイオンとカルシウムイオンの含有量が多い水のことをいいます。
カルシウムイオンが水の中に含まれていることから石灰(水酸化カルシウム)が多量に含まれます。

日本で売っているシャンプーなどの水回り用品はこのことを考慮されていないので泡立ちが悪くなります。
よってイギリスで使用するのは不向きです。
現地で調達することをおすすめします。

硬水だからこそ紅茶がおいしい

ちなみにイギリスは紅茶がおいしいことで有名ですが、これは硬水で出すからだと言われています。
日本でも売っているエビアンは硬水なのでお土産で紅茶を買ってきた際には水道水ではなく硬水のエビアンを使ってみてはいかがでしょう。
硬水がお腹にあたる人もいますので、お腹が弱い方は注意してください。

 

日本人ほど入浴時間が長くない

イギリスのコンパクトなバスルームからわかるように、お風呂でゆっくりくつろぐということをしません。
その背景には様々な説がありますが、イギリスは日本のように湿度が高くはないので髪の毛や体にゴミがつきにくいことが理由のひとつなのではないでしょうか。
そもそも毎日石鹸でゴシゴシと体を洗うのは日本人ぐらいなのだそう。

日本では冬になればたっぷりのお湯をバスタブに張り、家族全員が温かいお湯につかることができます。
一方イギリスではタンクにお湯をためて使うシステムなので一気にたくさんお湯を使うことができません。イギリス人にとってお湯はとても貴重なもの。
日本は水が豊富なのだと改めて実感しました。

イギリスのビューティーアイテムをチェック!

イギリスは日本に比べて乾燥しています。
そのため保湿アイテムは必須!
イギリスの人気ドラックストア「Boots」でビューティーアイテムを調査してきました。

1.Soap & Glory(ソープ アンド グローリー)
Bootsで人気スキンケアブランドのひとつSoap & Glory。
パッケージが可愛らしく思わず手に取ってしまいました。
泡を愛する美容家・マーシャルゴアが手掛けたブランドでマドンナやキャメロン・ディアスも愛用しているという人気コスメです。

Soap & Glory(Boots公式サイト)

2.No7(ナンバーセブン)
こちらもイギリスで人気のブランド。その中でもアイクリームマスクは絶大な人気を誇ります。
乾燥肌用の保湿マスクでシミ対策にも効果的なのだとか。プチプラなので若い女の子に人気なのだそう。
各店舗で売り切れが多数発生し、私も買うことができませんでした。
No7(Boots公式サイト)

3.Vaseline(ヴァセリン)
日本のドラックストアでもよく目にするヴァセリン。
皆さまご存じのとおり保湿剤です。
日本で見るあのヴァセリンももちろん売っていますがイギリス限定のかわいいパッケージもあります。
Vaseline(Boots公式サイト)

アフターケアを大事に

イギリス人はお風呂の時間が短いのですが、様々な背景や「保湿ケア」をしている様子がわかりました。
乾燥の国だからこそ、文化やアイテムの違いがあるのですね。
今回紹介したドラックストア「Boots(ブーツ)」ではこの他にも多数のスキンケア用品が販売されていました。イギリスにはもうひとつ人気のドラックストア「super drug(スーパードラック)」というお店がありますが、そちらもスキンケア用品やコスメがずらりと並んでいます。

海外の入浴事情はいかがでしたか?
今回はイギリスのみの紹介となりましたがアメリカのバスルームもよく似ています。
海外旅行に行く際はぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント

コメントを書く

お気に入り

3 3

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

美容法・ライフスタイル > マッサージ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録