"伝統継承と流行発信"モッズ・ヘア50周年を記念するコレクション参加レポート

jobikaiでヘアケアやヘアスタイルのエキスパートとして参加していただいているモッズ・ヘアさんが、今回50周年の記念イベントを行うという事でjobikai編集部も参加してきました!
モッズ・ヘアのヘアコレクションは毎年やっているそうなのですが、今回は50周年イベントという事で特別な催しもあり、驚きや楽しみいっぱいの3時間でした!

mod's hair 50th Anniversary Collection に参加

2018年2月26日。
モッズ・ヘアが主催するヘアコレクションが東京 恵比寿で実施されました。
コレクションというとファッションショーのイメージが強くて、ヘアの分野でどうやって見せるのかなと疑問に思っていました。しかし実際に行ってみたら、「なるほど、そういうことだったのか」と、思わず膝を打つ場面もあり、50周年記念の今回だけではなく毎年見る価値を強く感じる、美容と流行の情報発信に携わるものとしてとても刺激的な時間でした。

オープニングは世界のトップスタイリストとモッズ・ヘア創業者によるショーから

ショーのオープニングは、何とモッズ・ヘアの本家であるフランスでアーティストディレクターを務めるオリビエ氏と、モッズ・ヘアの創業者であるベラール兄弟の3名によるショーから始まりました!
日本的な演出とは違いここはフランス文化のショー。日本のように開始を盛り立てて煽るような前座もなしに、ステージは突然スタートしいきなりの大物登場。にも関わらず、それまで各々自由に過ごしていた観客が、徐々に惹き込まれていく様子がとても不思議な感覚でした。

ステージでは最初「ウィッグ用のネット」だけを着用したモデルが、気づけばそれぞれ個性的なスタイルに早変わり!
明るいピンク、パープル、グリーンという3種類のウィッグをアレンジし、70年代のカラフルなスタイルと、日本のアニメチックを融合させたような斬新なスタイルで、伝統を受け継ぎつつ流行の最先端を作るというモッズ・ヘア精神の一端を見られたような気がします。

続いて日本のトップスタイリストによる今年のヘアコレクションの発表

創業者達によるショーの次には、モッズ・ヘアを代表する選ばれたスタイリスト4名によるカット&スタイリングのショー。
さすがの実力派といった所で、ステージ上で4名が同時に手際よくそれぞれのスタイルを仕上げていきます。そして、モッズ・ヘアが提案する今期のテーマを表現したスタイルが完成し、発表されました。

スタイリスト4名の中にはjobikaiでヘアケアなどのコラム配信をしつつ、一緒にヘアセラムの開発などを進めている恩田さんも入っていたので、私はついついそちらばかり見てしまったのですが、どのスタイルもとても魅力的なものばかり!

2017年の春夏のコレクションがラフなカットでアクティブな大人を表現していたのに対し、今期のテーマは少しあどけなさや可愛さを残しつつ、"切りっぱなし"感でシャープさや新しさも取り入れたスタイルといった印象。
切りっぱなしスタイルは好きで取り入れていたのですが、今季は毛流れや動きのあるスタイルもあり、こうやって目の前で見ていると新しいスタイルにも挑戦してみたくなります。

パリ修行の権利をかけたコンテストも

トップスタイリストのショーが終わった後は、モッズ・ヘアの代表的なスタイル「モッズ・エル」をテーマにしたコンテスト。
このコンテストは全国のモッズ・ヘアスタイリスト達が、自分の解釈やいまの時代に合わせたモッズ・エルを作り上げ、フォトコンテストの上位6名が決勝であるこのステージに出演できるというもの。
グランプリには本場パリでの研修を行う権利が与えられるとの事で、出場者たちの熱意が伝わってきました。

伝統であるモッズ・エルスタイルをそれぞれのスタイリストがオリジナルに作り上げたスタイルは、まさに伝統と最先端の融合!

モッズ・ヘア創始者と日本創業メンバーの4人によるトークショーに感動

いつの間にかショーの開始から1時間が経過していた頃、オープニングにも出演していたモッズ・ヘアの創業者であるベラール兄弟と、日本創業メンバーである田村哲也氏、野口功二氏の4名による、創業からの歴史を振り返りつつのトークショーが行われました。

(感動のトークショー、内容はまた別の記事にてご紹介します。)

とても興味深い話が多かったのですが、中でもモッズ・ヘアが世界で最初に始めた「ヘアスタイルをカタログのように選ぶ」という概念については、50周年という長い歴史の中で、モッズ・ヘアがヘアサロン業界に与えた影響の大きさを想像させてくれる内容でした。

普段は見られない「ショーの裏側」スタジオワークを実演!

多くのファッション雑誌やファッションショーなどの舞台裏でヘアメイクなどのスタジオワークを行なっている「ヘアメイクエージェンシー」所属のアーティストによる、スタイリングショー!!
ヘアサロンで行われるようなスタイリングとは全く違う、撮影やショーのためのスタイリング技術はまさにアート! 関係者以外なかなか見る機会がないため、間近で見られるとても貴重な体験でした。

リアルクローズ向けのカジュアルなヘアスタイルではなく、最先端のファッションを魅せる事にこだわったアーティスティックなスタイルへの取り組みを見ると、モッズ・ヘアは流行だけを追うのではなく、作る側としての視点を追求しているという事が伺えるような気がしました。

ショーの後にはjobikaiとコラボで制作したヘアセラムの紹介も!

モッズ・ヘアの50周年を記念するショーが終了し、その後は立食しながらのステージを囲んだパーティーに。
ステージでは来賓ゲストによる挨拶なども行われていたのですが、その中でjobikaiもモッズ・ヘアとコラボして制作した新しいヘアセラムの紹介としてステージに立ちました!

今回コラボ制作したこのヘアセラムは、ダメージから守るだけではなく髪の補修とエイジングケアとしても優れた内容にしたいというjobikaiの思いで新しく作り上げたヘアセラム。
厳選した素材で髪の補修や保護に優れた成分を贅沢に配合しているので、加齢によってコシが無くなってしまっているような髪に働きかけ、まるでサロンのトリートメントを受けた後のような髪を自宅の簡単なケアで実感できるヘアセラムです!

モッズ・ヘア サロンスペシャル プラチナセラム

来場者の方々にはヘアセラムのプレゼントも!

そんなこだわりで作られたヘアセラムですが、今回のコレクションにご来場いただいた皆さまには、3月1日の発売に先駆けて特別にプレゼントさせていただきました!
jobikaiの募集でコレクションに参加していただいた方々を始め、いつもjobikaiを利用していただいている皆さまへの恩返しの一つではありますが、もし良かったら使ってみた感想なども美活メモで投稿していただけたら嬉しいです!

伝統と最先端が融合し、流行を作っていくモッズ・ヘアのこれからが楽しみ

洋服の流行をショーや雑誌で知って取り入れるように、ヘアもファッションの一部としてカタログから取り入れるという文化を生み出したのが実はモッズ・ヘアでした。

ファッションブランドが、年2回のショーで最新のデザインを発表するのと同様、モッズ・ヘアもシーズナルコレクションを年2回発表し、最新かつ独自のスタイリング技術を用いたヘアデザインをパリから発信しています。
今回のコレクションを通じて、モッズ・ヘアが培ってきた伝統、そして目指していく新しいヘアスタイルの世界は、今後も多くの人に影響を与えながら進化していくのだろうと強く感じました。

これから先、さらに多くの地域や文化圏で展開していくとの事でしたが、その度に新しいものを取り入れて進化していくモッズ・ヘアの未来が、とても楽しみです!

モッズ・ヘア50th記念コラボ商品もぜひご覧ください

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ニュース > イベントレポート

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録