簡単あわ立てキット「あわわ」で極上の泡洗顔を

みなさんは洗顔に何を使っていますか? 石鹸? クリームタイプ?
いろいろな洗顔料がありますが「泡で洗顔」は美容の常識!!
しかし手であわ立てるのは大変ですよね。

女優、佐藤藍子さんが、旅先にも持っていくほど手放せないというアイテムをご紹介します。感動の泡立て体験ですよ!

極上泡を簡単に作れるキット「あわわ」

「あわわ」は、専用の容器に普段お使いの洗顔フォームや固形石鹸を少量つけて上下に動かすだけで、簡単に極上な泡ができるというキット。

お値段は1080円(税込)とお手ごろなアイテムです!

あわわvsあわ立てネット

あわわがどれだけの効果があるのか、あわ立てネットと比べてみました。

あわ立てネットも十分あわ立っているように見えますが

あわわと比較してみると・・・

泡立てネットの泡はぺしゃっと横に流れているのに対し、あわわはモコっとして泡が潰れていないですね!

顕微鏡で見てみると、キメの細かさは約7倍!

こんなに濃密な泡、お肌にのせたら気持ち良さそう!

あわわの使い方

株式会社 富士の浜田さんにレクチャーしてもらいました。

1.円盤の穴の部分に洗顔フォームをつける

2.水を適量加える

3.上に出ている棒を上下に動かす

始めは下の方1〜2センチのところを細かく上下に動かしていくと、次第になんとなく重い感じがしてきますので、次は上下に大きくストロークさせさらにプッシュ!すると、隙間から泡がはみ出してきますので、それがあわ立ち完了サインです。

これで20秒ほどジャバジャバとするだけでキメの細かい泡ができるのだとか。
キメの細かい泡は毛穴への吸着力もあり、こすらなくても汚れが落ちるそうです。

空気を入れ込むことがポイント!

なぜこれだけでキメの細かい泡ができるのでしょうか?
それは、細かい穴のついた円盤を上下にすることで洗顔料と空気の間に細かい空気が入り込むためだそう。

20秒であわ立ててもらいました!

浜田さんに泡作りを実演してもらいました。

最初は洗顔料と水が入っているだけの容器ですが

こんなにもちもちの泡ができあがりました。

まとめ

たった20秒で極上のきめ細かな泡ができる!

手では難しいきめ細かい泡。短い時間で簡単に泡立てられる手軽さが嬉しいですね。

泡ネットで作った泡の約7倍のきめ細かさ

洗顔をするときは強く肌をこすらないのが美容の常識。手と顔の間に濃密な泡のクッションをつくることで、お肌を守りながら汚れを落とすことができます。泡立てネットよりもよりきめ細かな泡にすることで、上質な泡洗顔を叶えます。

どんな洗顔フォーム、固形石鹸でもOK!

洗顔料の形態にとらわれず、今お使いのものがよりいい泡になるなんて!

感動の泡体験をぜひおためしください。

アイテム紹介

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ ロイヤルホワイト

1,080円

これ欲しい!

コメント

コメントを書く

お気に入り

4 4

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 洗顔・クレンジング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録