朝の洗顔、結局「ぬるま湯」「泡洗顔」どっちがいいの? 本当のところ教えます!

朝の洗顔は、「ぬるま湯でゆすぐだけがいい」とも聞くし、「しっかり泡で洗顔したほうがいい」と両極端なことを聞いたことがありませんか? 正直、どっちがいいかわからなくて混乱してしまう…。そんな方のために今回は、本当のところ、朝の洗顔はどうすればいいのかをご紹介します!

そもそも、洗顔料を使った泡洗顔の役割とは?

洗顔料を使った泡洗顔の役割とは、クレンジングで落としきれなかったメイク汚れや皮脂、ほこりを落とすことです。
しかしそれは夜の洗顔でのこと。朝はメイクをしていないため、クレンジングをする必要はありませんよね。したがって朝の洗顔の役割は、寝ている間についた‘ほこりや皮脂・汗’を落とすことにあります。

ほこりや汗・皮脂はぬるま湯ですすげば十分落ちます。したがって、基本的には朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけで事足ります。

では、朝は洗顔料がいらないということ? とお思いでしょうが、「朝でも泡洗顔をしたほうがいい」と言われるのにもまた理由があります。
そこで、どういう場合に洗顔料を使って洗顔をすればよいのか説明いたします。

こういう朝はこの洗顔法を選んで! 使い分け方

肌の乾燥が気になるときは「ぬるま湯だけ」でOK

石鹸や洗顔フォームを使った泡洗顔では、ほこりや汗・その他の汚れをしっかり落としてくれるだけでなく、肌の潤いに欠かせない皮脂や天然保湿因子(NMF)も洗い流してしまいます。そのため乾燥を引き起こしてしまう可能性もあります。なので、乾燥肌を自覚している方は、朝晩2回洗顔してしまうと乾燥が悪化してしまうかもしれないので、朝はぬるま湯ですすぐだけにしましょう。

ちなみに、‘ぬるま湯’の温度にも注意が必要です! なぜなら、あまりにも熱いお湯ですすぐとほこりや汗・皮脂を洗い流してしまいます。
ぬるま湯の温度は自分の体温より低い「32~34℃」を目安に1分以内で朝の洗顔を終えましょう。

肌がペタペタしているときは「洗顔料を使った洗顔」を

前日に脂っこいものを食べた時や油分が多く重めのスキンケアをしたときは、朝起きると肌がペタペタするなんてことはありませんか? そういう時は余分な油分を取り除くために、迷わず洗顔料を使って洗顔をしましょう。

また、ニキビが気になる方も朝の洗顔に洗顔料を使うことをおすすめします。ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌によるもの。朝の洗顔でしっかり余分な皮脂を取り除いてあげましょう。とはいえ、皮脂が気になるからと1日に何度も洗顔してしまうと、逆に皮脂が奪われすぎて、どんどん皮脂を分泌してしまう原因にもなりかねないため、洗顔料を使った洗顔は朝晩2回だけにしてみましょうね。

部分的にテカリが気になるときは「洗顔料の部分使い」を!

Tゾーンはテカるけど頬やフェイスラインはカサカサするという厄介な混合肌。そんな肌状態の時の朝洗顔は、‘Tゾーンは洗顔料で洗って乾燥の気になる部分はぬるま湯ですすぐ’という部分洗いをおすすめします。この部分により洗い方を変える方法は、スキンケアにも同じことが言えます。テカリが気になるTゾーンは油分少なめスキンケアを心がけて、かさつきが気になる部分はしっかり油分も与えてあげるというふうに。
少し面倒かもしれませんが、部分によるスキンケアの使い分けをお試しあれ。

肌の状態は365日毎日同じではありません。季節やホルモンバランス、体調などによって毎日少しずつ変化しているものです。そんな肌に寄り添うように毎日のお手入れを工夫して変えてみてくださいね。朝の洗顔の使い分けをすることはその第一歩になりますよ。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 洗顔・クレンジング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録