オリジナルのバスフィズをみんなでつくってみた!

期待できる効果

・美肌効果
・疲労回復
・体臭予防
・血行促進 など

用意するもの・材料

(丸型1個分)
クエン酸 大さじ1
重曹 大さじ2
スクラブソルト 大さじ3
ハーブパウダー 少量(今回はローズを使用)
精油:3〜5滴(お好きなもの)
チャック付きポリ袋
ラップ
計量スプーン(大さじ・1gさじ)

手順・方法

1.クエン酸、重曹、スクラブソルトを計量し、チャック付きポリ袋へ入れます。
たくさんつくる場合は、クエン酸1:重曹2:スクラブソルト3の割合を基本にしてください。

2. さらにハーブパウダー、お好きな精油を加えます。
ハーブパウダーは小指の爪ほどの少量(1gさじ1杯)でOK。

3. チャック付きポリ袋の口を閉じ、全体を混ぜながらよくもみます。混ぜている途中でガスによって袋が膨らんでしまうようなら、少し口を開けてガスを逃がしながら行ってください。

4. 全体がしっとりしてきたら、チャック付きポリ袋に入れたまま、握りしめるように丸めていきます。

5. ある程度丸くなったらラップに移し替えて形を整えます。最後にラップでしっかり包めば完成!
できたては崩れやすい状態なので、冷蔵庫で一晩寝かせるとほどよく固まります。水分がほとんどないので、丸くしづらいとうのが正直な感想・・・。製氷器などの型に押し込むと、より簡単に形がつくれそうです。

6. ラッピングし、使用期限(約2週間)、品名、材料(香り)を明記したラベルシールを貼れば、プレゼントにもピッタリ。板状のまま透明な袋に入れてもかわいいですよ!

やって見る時のコツ・注意点

水分が多いと、つくっている最中に発泡が進んでしまうので、精油は3〜5滴を守ってください。精油もハーブパウダーも少量で色・香りがしっかりつくのでご心配なく! また、塩はサラサラのものより少ししっとりした粗塩を使うと固まりやすくなります。

時間・回数・タイミング

約10分

オススメの使い方

今回はローズのハーブパウダーを使用しましたが、精油と同じく、リラックスや美容、疲労回復など目的に合わせていろいろ試してみてください。ハーブティーなどに浮かべる食用のバラなどを入れても素敵ですよ♪
また、塩の代わりに「エプソムソルト」を使うのもオススメです。「エプソムソルト」は硫酸マグネシウムのことで、モデルや海外セレブの間で話題となった美容法。入浴剤として使うことで血行や代謝が促進できてデトックスによいとされています。

アドバイス・応援メッセージ

今回、女美会メンバーとのオリジナルバスフィズづくりをしてみて、みんなでワイワイやるのも楽しい!
と再確認。ぜひ、お友だちや家族と一緒につくってみてくださいね。作業している間もハーブや精油の香りに包まれ、リラックス&幸せな気分になれますよ!

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ヘルスケア・体質 > 健康法

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録