SNSで大人気! ティートリコの“食べられるフルーツティー”を調査

今、食べられるお茶「ティート」がSNSで話題を集め始めています!
ティートは「ティートリコ(TEAtriCO®)」というブランドから販売されているノンカフェインのフルーツティー。ドライフルーツとハーブがブレンドされていて、抽出した後も茶葉を丸ごと食べられると大人気なんです。
オシャレでおいしくて、ドライフルーツやハーブからビタミンやミネラル、食物繊維なども摂取できるお茶ということで、その美容効果や実際の味などを調査しました!

ティートは食べられるフルーツティー

一般的なお茶やハーブティーなどは、成分や香りを抽出したら茶葉のお役目終了。抽出した茶葉まで食べるという方はほとんどいないでしょう。食べようとしても決しておいしいものではありません。
今話題のティートは、果実のうまみや成分を凝縮したドライフルーツにハーブがブレンドされ、抽出した後の茶葉まで食べられるようになっています!(一部商品はハーブを含まず、ドライフルーツのみ)
特に“ビタミンCの爆弾”と呼ばれるローズヒップは、実まで食べるとより美容に効果的ですが、あまりおいしいと言えないのが欠点。ハイビスカスには強い酸味もあります。
ティートはそういったハーブまでおいしく食べられるようになっているんです!

人気のきっかけはサロンでのティーサービス

ティートが話題になったきっかけは、美容院やサロンでのティーサービス。そこでティートのおいしさにハマってしまった方が購入したり、SNSで拡散したりして、ジワジワと人気を集めています。
都内にあるトータルビューティーサロン「Viell(ヴィエル)」では、お客様の待ち時間にティートを提供しているということで、お話を伺ってみました。
ティートのサービスを受けたお客様からは「おいしかったので自宅用に購入したい」「ノンカフェインなので体に優しく安心♡」と大好評だとか! 美を提供するサロンとしても、手軽に美味しいハーブティーが淹れられるので重宝しているそうです。Viellでは時季によってフレーバーを変えているので、行くたびに違う種類のティートを楽しめますね♪
美容に携わるサロンは、敏感に美容効果の高いものを取り入れて発信しているようです。

そんな人気のお茶ですが、どうせ食べるのならおいしい方がいいに違いありません!
本当にただ見た目がかわいいだけじゃないのか、どんな美容効果があるのか、調査しました。

オススメのティート5種を飲み比べてみた!

2017年4月中旬の時点で販売されているティートは12種類。どれもフレーバーの風味を損なわないよう、加熱殺菌等の処理を施していません。ティートは味だけではなく、香りにもこだわりがあるようです。
甘いものが大好きな人から苦手な人まで揃っている編集部で、特徴が違う5種のティートを実際に飲んで食べて比較しました!

ハイビスカス、ローズヒップといった固いハーブがブレンドされているティートは、口内を傷つける可能性があります。そのまま口にせず、抽出後にハーブが柔らかくなった状態で召し上がってください。

美肌効果を狙うなら「No.301ティート ストロベリー」

一口飲むと、ほんのりと口の中にイチゴの香りが広がるローズヒップティーという印象。甘みは感じるものの、比較的サッパリしています。
抽出した後のフルーツも甘さはやや控えめ。全体のバランスとしてはまとまっていますが、裏を返せば個性がありません。甘いものが苦手な人にとっては「甘い!」と感じても、甘いものが好きな人からは「甘さが欲しい」とか。程よい甘みが好きな人にとってはちょうどいいです。

  • 原材料名:アップル、マンゴー、パパイヤ、クランベリー、ストロベリー、ローズヒップ、ハイビスカス、砂糖、植物油、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)、着色料(赤40)、香料

原材料を見ると“ストロベリー”なのに、イチゴの分量は少なめ。感じる香りはほとんど香料です。口に入ってくるものもほとんどがリンゴ。そのせいか腹持ちが良く、飲んだというより「食べた!」という気がしました。

〈期待できる美容効果〉

ローズヒップとハイビスカスのビタミンCは壊れにくく、クランベリーやイチゴのポリフェノールも摂取できるという点で、美肌効果を狙いたい人向けのティートです。

体脂肪燃焼に「No.302ティート パイナップル」

編集部のmomokaはこのティートが好きで、普段から大きいサイズを購入して飲んでいるようです。パイナップルが好きな人にはたまらないほど、味も香りも主張していました。
さわやかな香りから味はサッパリしているのかと思いきや、意外と甘い! 想像以上に甘い! 抽出後はパイナップルとレーズンのジャムを食べているようでした。

  • 原材料名:パイナップル、グリーンレーズン、パパイヤ、アップル、ハイビスカス、砂糖、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)、香料

食べた印象そのもので、パイナップルとグリーンレーズンが主原料。パイナップル自体に酸味があるので、ハイビスカスティーが持つ独特の酸味が苦手な人でも気にせず飲めると思います。

〈期待できる美容効果〉

パイナップル特有の成分「ブロメライン」は強力な消化酵素。消化を促進するだけではなく、体脂肪燃焼抗炎症作用も期待できます。余計な塩分を排出するカリウムを豊富に含むグリーンレーズンは、浮腫み改善に働きかけると言えるでしょう。

美白を目指すなら「No.304ティート アプリコット」

甘さとさわやかさがあり「バランス良くまとまっている」という印象です。ローズヒップティーにふんわりとマリーゴールドの香りが広がります。しかし肝心のアプリコットらしさはありません。
最初は個性を感じないのですが、飲み進めるにつれて味に深みが出てきたので、最後まで楽しむことができました。お茶自体はすごく甘いということもないのですが、フルーツの甘みが強くてまるでジャムのよう!
余談ですが、茶葉がとってもかわいいので、瓶に詰め替えて飾りたくなります♡

  • 原材料名:パパイヤ、メロン、マンゴー、アップル、ローズヒップ、ハイビスカス、マリーゴールド、砂糖、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)、香料

原材料名を見ると、なんとアプリコットが入ってない……! どの辺がアプリコットなのかよくわからなかったのは、入っていなかったからです。香りもローズヒップやマリーゴールドが強いので、名称だけで購入するとイメージが全く違うかもしれません。

〈期待できる美容効果〉

パパイヤとマンゴーは、新陳代謝を促し、活性酸素を除去する働きを持つビタミンAが豊富なフルーツ。ローズヒップやハイビスカスのビタミンCと合わせれば美白効果が期待できます。エイジングケアにもオススメ組み合わせです。

デトックスなら「No.310ティート ローズ&メロン」

お湯を注いだ瞬間、メロンの香りが空間いっぱいに広がります。この時点で好き嫌いはハッキリと分かれるかもしれません。ローズの香りはほんのりといった程度で、とにかくメロンの主張が強いです。甘さも他のティートに比べて強め。甘いものが好きな人でも「甘い!」と感じるレベルでした。
とても個性が強いティートで、編集部では「ローズの香りはいらないかな」「ローズがメロンの邪魔をしている」という意見が大多数。かわいい組み合わせですが、万人受けするとは言い難いかもしれません。

  • 原材料名:アップル、メロン、マンゴー、キウイ、パイナップル、グリーンレーズン、砂糖、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)、着色料(黄4、青1)、香料

こちらも原材料をよく見るとローズは香料のみで調整されているようです。メロンよりもリンゴの方が多く含まれていても、メロンの主張が強いのであまり存在感はありませんでした。

〈期待できる美容効果〉

主原料はリンゴとメロン。食物繊維が腸内環境を整え、カリウムが余計な塩分を排出してくれるので、デトックス作用が中心のティートです。

温活で代謝アップ「No.313ティート ホット・スイーティー」

個性が爆発しているのがコチラ! エキゾチックで刺激的な香りは、外国の寺院を彷彿させます。香りの時点で好き嫌いが真っ二つに割れました。
スパイシーで飲みやすいのかと思いきや「ローズ&メロン」に次ぐ甘さです。いろいろな香りと味が混ざり合い、とても複雑。チャイとも違う飲み物です。好きな人はゴクゴク飲み進めてしまいますが、苦手な人は飲み込むこともできないほどの“賛否両論”ティートでした。

  • 原材料名:アップル、パパイヤ、マンゴー、メロン、ジンジャー、シナモン、ローズレッド、マリーゴールド、砂糖、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)、香料

香りだけでもわかるように、ジンジャーやシナモン、マリーゴールドなど主張の強い素材がたっぷりと入っています。ローズと名がある「ローズ&メロン」には含まれないのに、ホット・スイーティーにはローズレッド(ペタル)が含まれているというのも疑問が残りました。こちらは他の素材に強い香りがあるので、ローズが含まれているというのは、正直なところ感じません。

〈期待できる美容効果〉

体を芯から温めるジンジャーとシナモンが含まれています。冷え性改善代謝をアップさせる働きのあるティートです。飲んでいるだけでポカポカになります!

ティートはプレゼントにもオススメ!

2017年4月中旬の時点で販売しているティートは12種類。サイズも10g、50g、500gと豊富です。しかもすべてノンカフェインなので、飲む人を限定しません!
これだけ種類やサイズも豊富にあるので、ちょっとした御礼や引き出物、誕生日などのプレゼントとしても使えます。
相手の好みやブレンドされている素材から得られる美容効果を考えながら選んでも楽しいですね!

ティートはまだレアだから自慢できちゃう!

ティートが注目を集める理由の1つがレア感!
ティートはオフィシャルでの通販は行っておらず、直営ショップおよび正規販売店のみの取り扱いです。直営ショップでのみ電話注文を受け付けていますが、気軽にどこでも買えるというわけではありません。お近くに販売店がある方はラッキーかも!
購入可能な店舗はオフィシャルサイトからご覧ください。

TEAtriCO®正規販売店

【番外編】普通のドライフルーツでティートは作れるの?

「ハーブティーとドライフルーツを一緒に抽出したら、ティートに似たお茶ができるんじゃない?」と思い、実験してみました。

今回使用したのはクランベリーとブルーベリー。オーガニックで素材の香りが強いものを選びました。ローズヒップティーと味の組み合わせは悪くないはずです! 待つこと10分。おいしくなったでしょうか?
香りはローズヒップティーそのもの。見た目も普通のローズヒップティー。そして味もただのローズヒップティーでした……。最後に残ったドライフルーツがちょっとおいしいという程度で、理想のお茶には全くならず。残念!
ティートは製法特許出願中というだけあって、ただハーブティーとドライフルーツを入れればいいってことではありませんでした。

ドライフルーツとハーブティーの栄養価を余すところなく摂取できるティートは、ダイエット中のおやつにもなるような“食べごたえのある”お茶でした。
美容効果ごとに種類を選べるだけでなく、見た目もかわいいので、プレゼントにもオススメです! 自分でこっそり楽しむだけではもったいないので「かわいい♡」を発信してみてくださいね。

取材協力店舗紹介

Viell

  • サービス内容/ヘア、ネイル、着付け、メイク、エステ
  • 住所/〒161-0033 東京都新宿区下落合3-12-27 多喜屋ビル1F
  • 最寄り駅/JR目白駅から徒歩8分
  • 電話番号/03-3565-6886
  • 営業時間/9:00~19:00(最終受付はカット18:00、パーマ16:30、カラー17:00)
  • 定休日/火曜日
サロンHP

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > スムージー・美容ドリンク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録