今からでも遅くない!たるみ・帯状毛穴の改善法

年とともに毛穴がたるんできている気がして気になるなんて人も多いのではないでしょうか。できてしまったものはしょうがない! とあきらめずに今日からできるたるみ毛穴対策をご紹介します。

頬などに多いたるみ毛穴の原因と特徴

鼻の黒ずみ毛穴が「イチゴ毛穴」なら頬のたるみ毛穴は「みかん毛穴」とよく言いますよね。かわいらしい名前なのにとっても気になります。
年齢とともに気になるたるみ毛穴の主な特徴は、しずく型でさらに進行すると毛穴同士がくっつき帯状になることもあります。皮膚を引き上げると毛穴が目立たなくなることも特徴の一つです。
たるみ毛穴の原因は老化によりハリや弾力が低下し毛穴が支えきれなくなったことです。

たるみ毛穴の改善に効果的な化粧品はレチノールやビタミンC

たるみ毛穴の原因は、ハリや弾力が低下することにあります。
そもそもハリや弾力は皮膚の真皮内のコラーゲン繊維とエラスチン繊維というもののおかげで保たれています。
ところがこれらを生みだす線維芽細胞というものが老化とともに働きが衰えたり数が減ったりしてしまうためハリや弾力が低下してしまうのです。
ですから、線維芽細胞の動きを活発にさせることが大切です。そのために有効な成分が「レチノール」です。レチノールはビタミンAの一種で線維芽細胞の動きを促進させる働きがあります。線維芽細胞の動きが促進されるとハリや弾力に必要なコラーゲン繊維・エラスチン繊維が生成されるのでたるみ毛穴に効果があります。
また、ビタミンC誘導体も有効な成分です。ビタミンC誘導体はコラーゲン繊維の生成を活性化させてたるみを改善する効果があります。さらに美白・ニキビ予防効果等もあります。

たるみ毛穴の解消に役立つレチノールの注意点!
一見たるみに効果てきめんなレチノールですがいくつか注意点があります
① レチノールには光毒性があるので使用は夜のみにする
② ターンオーバーを促進させる効果があるので刺激に弱い肌の人は注意

自分のお肌と相談しながら使いましょう!

表情筋を鍛えることもたるみ毛穴の改善に

表情筋が衰えるとその上にある皮膚を支えられなくなってしまいます。その結果たるみ毛穴につながってしまいます。また、猫背で顔を前に突き出すような姿勢をずっとしていると頬が下部分に引っ張られてたるんでしまいます。デスクワークの方要注意です。普段から意識して姿勢を良くしましょう。今はたるんでなくても積み重ねで将来たるんでしまうかもしれません。(これを書いている私も猫背でした。気を付けます!)

たるみ毛穴を治す表情筋エクササイズ紹介

表情筋を鍛えられるお手軽エクササイズを紹介します。
・「あいう体操」手順
① なるべく大きな口で「あ」を10秒間

② 口を目いっぱい横にして「いを10秒間

③ 最後に「う」を10秒間
ちょっと大げさな表情なので人に見られないところでやったほうがいいですね。

女美会ビューティーエキスパートの中川裕子さんの動画もチェックしてください。


たるみ毛穴に美顔器は効果があるの?

家庭用美顔器には様々な種類がありますが、たるみ毛穴の改善に有効な美顔器の機能について紹介します。
・イオン導入
微弱な電流を肌に流してビタミンCなどの美容成分を肌の奥へ届けることができます。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促すのでたるみの改善に期待できます。
・超音波
人の耳には聞こえない超音波で肌の奥を振動させ血行や線維芽細胞の働きを促進するものです。

家庭用美顔器とクリニックやエステサロンで使用されている美顔器の大きな違いは、出力の強さです。家庭用美顔器の出力自体は弱いですが素人でも安全に使えるように十分考慮されています。
そのため継続することがとても大切です。

皮膚科でも治療が可能? たるみ毛穴に有効な方法

簡単には改善しないたるみ毛穴。最後の手段プロの力に頼りましょう。
・フォトフェイシャル
真皮層へ高周波を照射することにより線維芽細胞の生成を刺激しコラーゲン繊維が生成される。お肌のハリをよみがえらせるだけでなく加齢によるたるみ毛穴にも有効。
・タイタン
近赤外線を真皮層へ届け熱刺激を与えることによってコラーゲンを収縮させ肌を引き締めると同時に線維芽細胞の生成も促すというもの。メスを使わずにできるたるみ改善治療。

毛穴を引き締める根本的な改善に、生活習慣を見直そう

どんなにたるみに効く成分を塗っても外側からのケアには限界があります。内側からのアプローチもしっかり気を付けましょう。
・肌のハリや弾力を保っているコラーゲンの生成を促すたんぱく質やアミノ酸が含まれている食品を中心にバランスの良い食事をとる。
・質の良い十分な睡眠を心がける
・コラーゲン繊維やエラスチン繊維・線維芽細胞は紫外線の影響でダメージを受けやすいので一年中紫外線対策をする
・線維芽細胞の動きを活発にするためには血液から十分に栄養を送り込むことが重要なので血行を促進するためにホットタオルや入浴も有効。

線維芽細胞を活性化させるミネラルやイソフラボン・ビタミンEを含む食品でたるみ毛穴対策を

外側からのケアには限界がありますので内側からのアプローチは重要です。
たるみ毛穴の防止・改善するために積極的に摂取すべき栄養素をご紹介します。
・ミネラル:線維芽細胞を増やす働きがある
海藻類、野菜、果物、きのこ類、イモ類
・イソフラボン:女性ホルモンに似た働き。女性ホルモンは繊維芽細胞の働きを活性化させる
きなこ、納豆、豆乳などの大豆製品
・ビタミンE:血行促進効果が線維芽細胞に血液を通して栄養を運んでくれる
ナッツ類、モロヘイヤ、カボチャ
これらの食品のほかにタンパク質やアミノ酸も意識して取りましょう。

食品からとることが大切ですが、サプリメントも補助の役割としてうまく利用してたるみ毛穴を引き締めましょう!

こちらの動画もチェック!

女美会ビューティーエキスパートの中川裕子さんの「あいうえお運動」の動画もチェックしてください。

中川祐子さん「あいうえお運動」の記事へ

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 毛穴ケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録