ニキビ治療薬「ディフェリン」や「エピデュオ」に共通する「アダパレン」とは?

2008年にニキビ治療薬として承認を得てから広まったディフェリンや、ここ最近でニキビ治療に効果的な外用薬として認知されつつあるエピデュオ。
実は、これらの薬は同じ「アダパレン」という有効成分の配合によってニキビや面皰を解消するもの。
アダパレンのニキビへの治療効果を紹介します。

アダパレンは「毛穴のつまり」を解消する医薬品成分

ニキビの原因は「毛穴に角栓が詰まる事」というのは殆どの方が知っていると思います。
アダパレンの効果を簡単に言うなら、この毛穴の詰まりを原因から抑え、毛穴からスムーズに皮脂が排出されるようにする効果。
毛穴が詰まらなければ皮脂によって膨らみが出来る事はありませんし、毛穴の中でアクネ菌が増殖して炎症する事もないので、ニキビを解消する事が出来ます。

アダパレンは肌の細胞分裂に働きかける

アダパレンが毛穴の詰まりを抑制する働きは、肌の細胞分裂そのものを抑止するから。
アダパレンを塗った場所の肌(角質)は細胞分裂が行われなくなり、これによって毛穴の内側部分の肌が厚くなる事を防ぐため、毛穴が詰まるという事が無くなるのです。

角質の分裂を抑えるためほぼ確実に副作用も

アダパレンによって肌の細胞分裂を抑制すると、毛穴がつまらなくなる反面、新しい皮膚が作られないため、皮膚が薄くなります。
皮膚はある程度の厚みがある事で紫外線など外部からの刺激に対する防御力を発揮しているので、皮膚が薄くなってしまうと外部刺激を感じやすくなる事での痒みや、痛み。肌が薄くなって血管が見えやすくなる事での赤みや、肌の強い乾燥といった副作用が発生します。
また、肌のバリア機能が弱くなるためいつも使っている化粧品でも刺激を感じるようになるなど、一見すると肌の状態がより悪くなったように見えるレベルでの副作用が発生する可能性も高い治療薬だと言えます。

このように副作用は多いものの、ある意味でこれはニキビが治癒していく過程で必要となってしまう症状。
肌の刺激にならない保湿クリームを十分使うなど、副作用とも上手に付き合いながらニキビを解消していく事が大切です。

アダパレンの配合薬は国内のニキビ治療薬としては最も効果が高い

日本皮膚科学会でのニキビ治療ガイドラインによれば、今現在、日本国内でニキビ治療の外用薬として利用される保険適用での医薬品の中で、アダパレンが配合された軟膏は最も強く推奨(A判定と)されている治療薬の一つ。

逆に、昔は皮膚科での治療に頻繁に用いられたステロイド外用薬は、推奨しないという形になっているなど、治療法も新しい薬の開発によって変化してきています。

ニキビ治療については、アメリカでは多く用いられるイソトレチノイン治療が日本ではまだ未承認など、治療効果が認められていても中々日本で受ける事が出来ない治療なども、今後より適切な形で広まって、ニキビの悩みが解消しやすいようになるといいですね。

イソトレチノイン治療について

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > にきび・いぼ・おでき

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録