今のニキビ治療は「出来てから治す」だけじゃない。にきび痕悪化の前に早め治療を

公開 

やなぎた

0 0

一番周囲からの見た目が気になってくる思春期の頃からできやすく、悩みの種となるにきび。
ちょっと前まではにきびの治療というと、基本的には「できたニキビをどう治めるか」だったのですが、最近ではニキビ肌の根本的な治療が増えてきている事はご存知ですか?
にきびが出来るのは体質上しかたないものですが、放置しておくと後々まで残るニキビ痕となってしまう場合もありますので、早めの治療がおすすめです。

ニキビを根本的に治す代表的な2つの治療

ニキビの悩みを根本から解消する治療方として代表的なものが「イソトレチノイン治療」と「ホルモン療法」です。

皮脂腺の活動をおさえるイソトレチノイン療法

イソトレチノインとは、とてもざっくりいうとビタミンAの一種で、ビタミンA誘導体ともいいます。
このイソトレチノインを適量で服用すると、体にある皮脂の活動を低下させる働きがあります。

ニキビは特に思春期の頃などの「活発な皮脂腺の活動」が主要な原因ですので、イソトレチノインによって皮脂腺の活動を低下させるとニキビの発生を根本からおさえる事ができます。

ただし、皮脂腺の活動を止めるという事は人体に対する負荷もそれなりにありますし、皮脂の分泌が止まるため肌が乾燥しやすくなるなどの副作用もあり、ずっと服用を続ける事はできません。特に、薬の服用中に妊娠などがあった場合は胎児が奇形となるなどの作用もあるので、妊娠の予定がある場合などは治療を受ける事はできません。
1クール20週(5か月程度)が基本となり、この期間継続して服用を続ける事で、活発になった皮脂腺を退化させ、薬を服用し続けなくてもニキビができにくい肌質を作る事ができます。

副作用も強い事から、血液検査などを行って慎重に取り組む必要がある点や、重度のにきび肌でない場合は推奨されないなどの面もありますが、この治療を適切に最後まで行った場合は再発率も低く、ニキビの根本的な治療として非常に有用です。

ホルモン療法

イソトレチノイン療法と同様、内服薬などによってホルモンバランスを整え、ニキビができにくくする治療法です。
そもそも皮脂腺が活発になる理由は思春期頃からのホルモンバランスの変化によって皮脂腺が活発になるためですので、ホルモンバランスを整えれば根本的な解消に近づく事となります。

ホルモン療法は基本的に女性に対してのみ行われ、いわゆるホルモン調整用のピルを利用します。
男性の場合はそもそも皮脂腺が活発になる男性ホルモンが多くでている状態ですので、ホルモンバランスによって改善するのではなくイソトレチノインによって皮脂腺を退化させていく治療が中心となります。

ニキビだけではなく、月経不順などホルモンバランスの乱れによる症状の改善にもなるため、特に月経前症候群や月経時の体調不良などに悩まされる方にもおすすめです。

ニキビができにくい肌にする「マイクロボトックス」

内服薬による根本治療だけではなく、細い注射で肌の浅い位置に「ボツリヌス菌製剤」という、神経への作用がある薬剤を注射する治療も、ニキビができにくい肌を作る治療の一つです。

マイクロボトックスは注射した箇所の皮脂腺の働きを低下させるため、これによってニキビができにくい肌にすると同時に、毛穴の開きなども改善していく事ができます。

イソトレチノインのような強い副作用は無く、3~4か月に一回程度通院を続けるだけで、ニキビの治療だけではなく美肌を目指していく事が出来るため、メリットが多い治療といえます。
ただし、基本的に美容治療メニューですのである程度の費用が必要となるものであり、そこまで重度すぎるニキビ肌ではない方や、美肌治療として継続した治療を受けていきたいという方におすすめです。

改善しにくい「ニキビ跡」になる前に早めの治療を

ニキビが進行して真皮層などが傷つくと、クレーターなどの改善しにくいニキビ跡となってしまう場合があります。
ニキビはとにかく作らせない事が美肌のために重要ですので、早めの根本治療を行って、キレイな素肌を手に入れてくださいね。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

やなぎた

 

やなぎたさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

最新の「ACRS注入療法」という再生療法をしっていますか?

最新の「ACRS注入療法」という再生療法をしっていますか?

皆さんは「再生療法」という言葉をご存じですか? 主に体の細胞に働きかけ、皮膚や骨、内臓などの細胞が再生されるのを補助して、体を若いころの状態に回復させようという治療法の総称が再生療法です。 健康面では重要な内臓器官や、膝関節、歯などの日常生活に必要な組織を復活させるための方法 [»続きを読む]

意外と知らない? 埋没法二重整形の金額を抑えるポイント

意外と知らない? 埋没法二重整形の金額を抑えるポイント

美容整形の中でも、当たり前のように受けている人が増えている二重整形。特に、埋没法という切開せずに医療用の糸だけを使って行う整形術は値段も安く手術時間やダウンタイムも非常に短い事から、周囲に受けたことがあるという人がいる事も多いのではないでしょうか。 そんな手軽な埋没法ですが、手 [»続きを読む]

肥満は薬で解消する時代?新たに承認された肥満解消薬「alli(アライ)」の効果とは

肥満は薬で解消する時代?新たに承認された肥満解消薬「alli(アライ)」の効果とは

厚生労働省の調査によると、20歳以上の男性では33%、女性は22%がいわゆる肥満に該当するBMI25以上となっており、更には代謝が落ちる40代男性では39.7%が肥満に該当する状況にあり、なかなか落ちない脂肪に悩みを抱えている方は多いと思います。 そんな中、肥満を解消する目的と [»続きを読む]

二重整形の費用の実態とは? 約200人のアンケートから調査!

二重整形の費用の実態とは? 約200人のアンケートから調査!

美容整形というと、ちょっと前までは受けている方が珍しい方だった気がするのですが、最近は特に抵抗なく受ける人も増えてきているそうで、頻繁に美容外科のTVCMも流れていますよね。 整形の中でも特に人気なものが「二重まぶた整形」と言われていますが、大手の美容外科では数万円程度で受けら [»続きを読む]

アートメイクやタトゥーは医療行為? 2020年最高裁判例から紹介

アートメイクやタトゥーは医療行為? 2020年最高裁判例から紹介

一般的に、人体に対して影響のある施術を行う行為は全て医療行為という認識があるかと思いますが、そこで気になるのは「アートメイク」や「入れ墨(タトゥー)」は果たして医療行為なのかどうかという点ではないでしょうか。 実は、この疑問については2020年に最高裁にて出た結論があるのをご存 [»続きを読む]

にきび・いぼ・おできの新着記事

ニキビに乳製品はNGな理由と、肌質改善できる豆乳ヨーグルトのススメ

ニキビに乳製品はNGな理由と、肌質改善できる豆乳ヨーグルトのススメ

朝食にヨーグルトを食べている方って多いと思います。 お手軽だし美味しいし私も食べていました。 しかし乳製品をとるとニキビができやすくなってしまうんことがあるんです!! その理由と、代替になる豆乳ヨーグルトのご紹介をしたいと思います! [»続きを読む]

あお

顔脱毛でニキビが減るってホント?医療レーザー脱毛の効果とは

顔脱毛でニキビが減るってホント?医療レーザー脱毛の効果とは

とある紹介で美容外科に行った際、女医さんに「あなたは顔の毛が濃いから顔脱毛しなさい! ニキビ減るよ!」と言われました。 顔の毛が濃いという衝撃の事実とニキビが減るというパワーワードに惹かれ即契約! 果たしてニキビに効果があったのか… 答えは、 お肌のバランスが崩れ [»続きを読む]

あお

大人ニキビ向け美容液のおすすめ5選【2020年】

大人ニキビ向け美容液のおすすめ5選【2020年】

出来ると目立つしメイクもしにくい。場所によっては痛みまであって嫌な大人ニキビ。 どうにかして早く解消したいという時におすすめの美容液を色んな角度から厳選して紹介します! [»続きを読む]

やなぎた

クレーターは治るのか?! CO2フラクショナルレーザー体験記!

クレーターは治るのか?! CO2フラクショナルレーザー体験記!

ニキビ跡の中でもセルフケアでは完治が難しいとされているクレーター。 私のお肌にもあります。 クレーター治療で効果が高いとされているCO2レーザーをついに体験してきましたので、詳しくお伝えしたいと思います! [»続きを読む]

あお

皮膚科不信だった私が 皮膚科でニキビを治したわけ

皮膚科不信だった私が 皮膚科でニキビを治したわけ

私、看護師なんですが皮膚科を信用していませんでした(笑) なぜなら私のニキビに皮膚科の薬が全く効かなかったからです。 また私の妹や友達も同じでした。 ニキビの皮膚科での治療を勧める記事を読む度に「何も分かっていない…」と嘆いたりしていました。 ですが、ニキビ治療に [»続きを読む]

あお

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録