痩せる飲み物3種類のパターン別飲み方

ダイエットをしたい! でも頑張れない!
それなら、痩せるために有効な効果がある飲み物を普段の生活に取り入れて、気張らずゆっくりとダイエットを目指しませんか?
痩せるために効果を発揮する飲み物は、大きくわけて3パターン。それぞれ最適な飲み方などが異なりますので、参考にしてみて下さい!

食欲を抑えるタイプの飲み物

痩せる飲み物一つ目のパターンは、食欲を抑えるタイプの飲み物です。
具体的には炭酸によって胃を膨らませる「炭酸水」「炭酸系飲料」や、ココアのように脂質分によって満腹感を得るタイプの飲み物が挙げられます。

糖分が多いものは避ける

炭酸飲料でもココアでも、飲み物に糖分が多く含まれていたらそれは痩せる飲み物ではなく、太る飲み物です。
飲用する際は、必ず糖分が無いまたは少ないものを選びましょう。

また、糖分が少ないとはいってもいわゆる「ゼロカロリー」飲料は糖分の代わりとなる人工甘味料が使用されていて、人工甘味料の刺激は食欲を促進してしまうなどのケースもありますので、こちらも避けるようにしましょう。

食欲を抑える飲み物は食前~食事中に飲むと効果的

食欲を抑える飲み物は、食事の30分前から食事の直前に飲むのがおすすめ。しかし、炭酸系は、食事中に飲むと胃を刺激し食欲が増してしまうことがありますので、ほどほどにしましょう。
お腹を膨らませる事が目的なので、食後や食事と無関係の時に飲んでも意味はありません。

胃腸の環境を整えるタイプの飲み物

二つ目は、胃腸の環境を整えるタイプの飲み物。
ヨーグルトなどの乳酸菌飲料や酵素ドリンクといった腸内環境の改善に効果的な菌類や酵素が含まれたものの他、ごぼう茶、スムージーなどの食物繊維が豊富な飲料がこれに該当します。
胃腸の環境を整える事で必要な栄養素の摂取効率を上げて、体の代謝向上をはかったり、体から余分な成分が排出されやすくする事によって、むくみなどの解消を狙ったりします。

継続した飲用を行う

胃腸の環境は、一回食事に取り入れた程度で大幅に改善するというものではありません。
特に乳酸菌飲料や酵素系ドリンクについては、継続的に飲用する事で徐々に腸内の環境を改善していくものですので、続けられる形が大切です。

胃腸の改善飲料は食事中に飲むと効果を得やすい

乳酸菌など胃腸の改善を目的とした飲料は、食事の消化を行う際に取り入れると良い働きを得やすくなります。
食事と無関係のタイミングや食事前に飲んでしまうと胃酸で乳酸菌や酵素が溶かされてしまいやすいので、食事と一緒か、食事の最後などに取り入れると良いでしょう。

食物繊維系の飲料については食事の最初に摂取すると、後から食べる食事の吸収をゆるやかにするため、ダイエット効果が高くなります。

エネルギー燃焼を向上するタイプの飲み物

三つ目の痩せる飲料が、エネルギーの消費を向上する成分が入ったタイプの飲み物。
具体的にはカフェインやカテキンなど、体を興奮状態にして糖分や脂質の燃焼を促すものが挙げられます。

カフェインやカテキン豊富に含まれる飲み物の代表といえば、コーヒーや緑茶。
ちなみに、カフェインはコーヒーよりも緑茶の方がむしろ多く含まれています。

痩せるためには食後暫くしてから飲むのが良い

カフェインもカテキンも体を興奮状態(活性化状態)にする事で、代謝を高めるという効果があり、これがエネルギーの燃焼を高めるために有効となります。
しかし、活性化状態になるという事は消化吸収の度合いも上がりやすくなるという事。カフェインを摂取すると、一時的に血糖値が上がりやすくなるなどの作用もあるため、食事中や食後すぐに摂取すると、かえって脂肪が蓄えられやすくなる場合もあります。
理想としては食事後30分以上経過してから、食事と無関係のタイミングで飲む事で、間食の代わりに口寂しさを軽減するという理由からのダイエット効果も得られます。

カフェインやカテキンは摂取しすぎに注意

カフェインやカテキンは、適量であれば体にとって良い効果となるものの、過剰に摂取すると中毒症状などを引き起こす場合もあります。
エナジードリンクや高濃度のカテキン含有を行っている飲料など、健康のためのようでいて肝臓などに強い負担となってしまう飲みものも有りますので、引用の際には過剰摂取をしないように気を付けましょう。

水分を多めに摂取する事はそれ自体がダイエット効果にも

水分(糖分の無い)を多く摂取し、水分摂取と排出の循環を向上する事はそれ自体が体の代謝を高め、ダイエット効果に繋がります。
さすがに一日に摂取する水分が多すぎるのも内臓に負担をかけるためNGですが、特に女性は水分の摂取が足りていない場合が多いので、1日1.5~2リットル程度の水分摂取を目安として多めの水分補給を行うようにしましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

体型・フェイスライン > ダイエット・痩せる

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録