辛い生理痛に効くツボ。まずは「三陰交」だけ覚えておこう

公開 

監修 鍼灸あんまマッサージ師

鍼灸院【鍼之助】院長

0 0

女性であれば多かれ少なかれ“重い”生理痛に悩まされた経験があるのではないでしょうか。
生理痛の重さは人によって大きく異なりますが、なるべく生理痛の辛さは軽減したいものですよね。
生理痛を改善するためのツボには色々なものがありますが、その中でもまずはここだけ覚えておきたいという「三陰交」をご紹介します。

生理痛を始め女性の悩み全般に効果的なツボ「三陰交」

三陰交とは足の内側、くるぶしから指4本分(8㎝程度)上に上がった所、骨のすぐ後ろ側にあるツボで、女性の三里ともよばれるツボです。
刺激の仕方としては、じんわりと力を加え、痛気持ちいいくらいの強さで10~15秒押すと良いでしょう。
気になった時に押すというより、毎日例えば就寝前のマッサージなどでツボの位置が凹んでいたり、押して痛みを感じないかをチェックして、何かしら反応があるようであれば刺激するという形で利用すると良いツボです。

三陰交の刺激で得られる3つの効果

三陰交を刺激すると、大まかに3つの効果が得られます。
・エネルギーを取り入れる消化吸収能力を向上し、代謝を上げる
・血流やホルモンのバランスを整える
・子宮など女性器の働きを正常に保つ
これらの効果が複合的に働く事で、生理痛の改善を見込む事ができます。

三陰交は3つの経路が重なる重要なツボ

東洋医学の考え方では、内臓や脳などの働きをつかさどるものとして「経路」というものがあり、ツボ(経穴)はその経路上の重要なポイントというもの。
そして、その経路は陰の経路と陽の経路の2つに分かれており、内臓関連でいうと全部で12の経路があるのですが、この陰の経路のうちの3つが交差している所にあるものが「三陰交」のツボになります。
経路上のツボを刺激する事で内臓の調子を整えるという事から分かるように、3つの経路が重なっているという事は3つの内臓(機能)に一度に働きかけを行えるため、とても効率がよく、重要なツボなのです。

三陰交は「肝経」「脾経」「腎経」の3つに働きかけるから生理痛に効果的

三陰交で交差している経路は、「肝経」「脾経」「腎経」という3つの経路。
それぞれを簡単に説明すると「肝経」は肝臓の働きに作用する経路で、肝臓は全身の血流量の調整や、血を貯蔵する働きとして、血流を整えるために重要な臓器。

「脾経」は文字だけ読むと脾臓に影響しそうですが、東洋医学では「脾胃」と表現し、胃や小腸の働きを助けて消化吸収を改善する事でカラダの働きを全般的にサポートします。
また「脾」は「膵臓」を指すとも言われていて、血糖のコントロールや消化液の分泌から健康をサポートします。

「腎経」は腎臓やそれに関する臓器に関係するもので、東洋医学ではとくに重要な「腎(じん)」に作用します。腎とは体がもつエネルギーの出所のようなもので、腎が衰えると精力が減退し、骨や髪に至るまでカラダの老化が進んでいきます。若さを保つために重要であり、生理などにも直結している部分です。

「三陰交」を利用して上記の3つを同時に刺激する事により、前述のように生理痛の改善に重要な、エネルギーを取り入れる消化吸収能力を向上し、血流やホルモンのバランスを整え、女性器の働きを正常に保つという働きを発揮する事ができます。

三陰交で交差している経路は、「肝経」「脾経」「腎経」という3つの経路。
それぞれを簡単に説明すると「肝経」は肝臓の働きに作用する経路で、肝臓は血液を作ったり、ホルモンバランスを整えたりという点で重要な臓器。
「脾経」は文字だけ読むと脾臓に影響しそうですが、東洋医学では「脾胃」と表現し、胃や小腸といった消化吸収に関わる全般の事で、消化吸収を改善する事でカラダの働きを全般的にサポートします。
「腎経」は腎臓やそれに関する臓器に関係するもので、東洋医学ではとくに重要な「腎(じん)」に作用します。腎とは体がもつエネルギーの出所のようなもので、腎が衰えると精力が減退し、骨や髪に至るまでカラダの老化が進んでいきます。若さを保つために重要であり、生理などにも直結している部分です。

「三陰交」を利用して上記の3つを同時に刺激する事により、前述のように生理痛の改善に重要な、エネルギーを取り入れる消化吸収能力を向上し、血流やホルモンのバランスを整え、女性器の働きを正常に保つという働きを発揮する事ができます。

女背は三陰交だけでも刺激しておくと体調コントロールに有効

以上のように、三陰交はとても重要なツボとして、女性の悩みを鍼灸治療する場合には外せないツボの一つ。
色々なツボを覚えておくのは難しいけれど、体調を改善していきたいという場合には、ここだけでも覚えて毎日触ってみて、凹みや軽く押した時の痛みが無いかなどをチェックして、気になる時に刺激をしておくだけでも、多くの悩みの改善に役立ちます。

セルフ鍼やお灸などの利用も効果的

三陰交はセルフ鍼(置き鍼)やお灸などを利用するのも効果的です。
セルフ鍼については専用の商品があれば一番良いのですが、手元に商品が無い場合でも、乾いたお米粒を半分に切って尖った面を皮膚にあててツボの所におき、その上から絆創膏の粘着部分で抑えるという簡単な方法でも有効です。

また、ツボは体質や体調によって位置が変わりますので、正確な位置が知りたい時や組み合わせるべきツボなどを知りたい場合は、鍼灸院に相談してみるのも有効です。
体調ケアにツボへの刺激を取り入れて、カラダの中から健康を手に入れていきましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

鍼灸院【鍼之助】院長さんが監修する他の美容情報・ノウハウ

夏でも冷える足の指先を温める3つのツボ

夏でも冷える足の指先を温める3つのツボ

鍼灸あんまマッサージ師

監修 鍼灸院【鍼之助】院長

目元の表情を柔らかく! 目のこわばりをリセットするツボとマッサージ

目元の表情を柔らかく! 目のこわばりをリセットするツボとマッサージ

鍼灸あんまマッサージ師

監修 鍼灸院【鍼之助】院長

【鍼灸師に聞いた】顔のむくみをスッキリさせるリンパマッサージのコツ

【鍼灸師に聞いた】顔のむくみをスッキリさせるリンパマッサージのコツ

鍼灸あんまマッサージ師

監修 鍼灸院【鍼之助】院長

飲み会シーズンに覚えておきたい二日酔いを覚ますツボ「大敦(だいとん)」

飲み会シーズンに覚えておきたい二日酔いを覚ますツボ「大敦(だいとん)」

鍼灸あんまマッサージ師

監修 鍼灸院【鍼之助】院長

ライター紹介

YATA

 

YATAさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

顔の大きさは生まれ持った骨格だからとあきらめている人は、自分に合ったヘアスタイルを知らないだけかもしれません。じつは顔の額縁であるヘアスタイルをちょっと調整するだけで、見違えるほど顔を小さく見せることができるんです。自分の輪郭にコンプレックスを持っている人ほど効果は絶大なので、試 [»続きを読む]

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

バッチリきめたリップメイク。色もツヤも完ぺきに仕上げたのに食事やドリンクで落ちてしまうことってありますよね。コップの縁にべったりとついた口紅、口紅を塗っていたのか分からないほど色が落ちた唇。どうすればコップにリップメイクを奪い取られるのを防げるのでしょうか。コップにつきにくいリッ [»続きを読む]

奥二重の人にオススメのアイメイク

奥二重の人にオススメのアイメイク

描いても描いても埋もれてしまう奥二重さんのメイク。なかなか化粧映えしないのに、アイメイクがよれやすくて困ってしまいますよね。どうすれば崩れにくくて映えやすいアイメイクができるのでしょうか。奥二重の方必見のアイメイク方法をご紹介していきます。 [»続きを読む]

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

もとからまつ毛が多いと、ちょっとメイクをしただけでケバくなってしまいますよね。自然なメイクに仕上げたいのに、いつも濃い印象に仕上がってしまう派手顔さん。かと言ってスッピンでいるわけにもいかないものです。今回はまつ毛が長くてメイクがケバくなりやすい方に向けて、自然に仕上がるメイク方 [»続きを読む]

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

「鼻が大きいのがコンプレックス」 「どうにかして小さくしたい」 鼻の印象が変わるだけで顔のイメージも変わるため、鼻の大きさや形が気になっている方って意外と多いんです。しかし鼻の形そのものを変えるには手術しかありません。そこで活躍するのがメイクです。メイクの力を使えば大きく [»続きを読む]

生理痛・生理痛症候群の新着記事

生理中のむくみ顔 簡単リセットマッサージ法

生理中のむくみ顔 簡単リセットマッサージ法

生理前後や生理中などは顔や体がむくみやすい時期。顔がパンパン!むくんでダルイと感じることはありませんか? そんな時、簡単に顔のむくみをリセットするマッサージ法をご紹介します。 [»続きを読む]

エステサロンオーナー・美容家・美容ライター

寒川あゆみ

「なんとかなる」レベルの生理痛も実はキケン 不妊の原因にも

「なんとかなる」レベルの生理痛も実はキケン 不妊の原因にも

女性なら避けて通れない「生理痛」 薬を飲めば普通に生活できる人から、あまりの痛さに寝込んだり救急車で運ばれたりする人まで痛みの程度は様々ですが、生理痛がある女性は5人に一人ともいわれています。 つら~い生理痛の陰には病気が潜んでいて、不妊の原因になっている可能性も・・・ も [»続きを読む]

momoka

丸田先生が答える!女性ホルモンへの疑問

丸田先生が答える!女性ホルモンへの疑問

美容や健康と密接に関わるホルモン。産婦人科医である丸田先生にホルモンのへの疑問を解決していただきます。 [»続きを読む]

丸田佳奈

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録