フェイスパウダーは使い方次第でメイクにもスキンケアにも便利!

みなさんは日頃から「フェイスパウダー」を使っていますか?常にフェイスパウダーが欠かせないという人もいれば、滅多に使わないという人もいるほど二分されるものですが、実は知れば知るほどに美容効果が高い化粧品であることが分かります。

今回はあまり知られていないフェイスパウダーの特徴や、美容の観点でおすすめする理由などをご紹介しますので、これを機会にフェイスパウダーについて知識を身につけてください。

フェイスパウダーとは?

一般的にフェイスパウダーとは、ファンデーションのひとつで、最も油分が少ない粉質のものを指します。大きくわけて粉タイプと固形タイプがあります。粉タイプのフェイスパウダーは「ルースパウダー」、固形タイプのフェイスパウダーは「プレストパウダー」と呼ばれますが、いずれも同じフェイスパウダーのことです。

フェイスパウダーはファンデーションと同じと思われがちですが、含まれる油分や使用目的が異なります。フェイスパウダーはメイクを定着させるための仕上げに使ったり、透明感の演出に用いられることに対し、ファンデーションは含まれる油分が多く、しっとり感が出るためメイクの下地として使われます。

ちなみに、コンシーラーとの違いも油分の量です。コンシーラーはフェイスパウダーやファンデーションよりも油分が多いのが特徴です。そのため、肌との一体感が出やすく、シミや肌荒れを隠すことなどにも使われます。

フェイスパウダーの種類

フェイスパウダーには粉状のルースパウダーと、固形状のプレストパウダーの2種類があります。いずれも下地の最後の仕上げに使ったり、化粧直しに手早く使ったりする人がほとんどです。

粉状のルースパウダーは、細かな粉のため肌に広がりやすく、薄く広げられるのが特徴です。透明感を出すためには欠かせないアイテムと言えるでしょう。お肌のテカリを抑えることや、紫外線対策にも使えるため便利ですが、持ち運びや屋外での使用には向いていないのが難点です。プレストパウダーよりもソフトな仕上がりになります。

固形状のプレストパウダーは粉状のフェイスパウダーを圧縮し固形状のしたもので、基本的な成分は同じですが、持ち運びや屋外でも使いやすいため利便性が高いのが特徴です。ルースパウダーよりもシャープな仕上がりになります。固形状のため、ブラシを使わないとムラになるのが難点です。

フェイスパウダーにはルースパウダーとプレストパウダーの2種類がありますが、ソフトな仕上げか、シャープな仕上げにするかでも使い分けるといいでしょう。

フェイスパウダーの効果

フェイスパウダーは下地やメイクの仕上げだけでなく、肌色の印象を変えたり、保湿、紫外線対策などの効果もあります。

フェイスパウダーの強みは簡単に肌色の印象を変えられることでしょう。素肌の色に合わせてフェイスパウダーの色を選べば、肌色の印象を大きく変えられます。近年、流行している透明感のあるメイクにも欠かせないため、肌色の印象を演出する効果は非常に大きいと言えます。

この他にも、製品によっては保湿成分や紫外線対策が出来るものもあり、化粧直しと同時に保湿対策なども出来るため便利です。

フェイスパウダーがおすすめな肌

フェイスパウダーは肌色の印象を変えたい人だけでなく、乾燥肌や敏感肌、テカリが気になる人にもおすすめです。

市販されている多くのフェイスパウダーにはヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分が含まれています。そのため乾燥しがちな人や、メイクで肌荒れを起こしやすいという人にも向いていると言えます。

フェイスパウダーは皮脂や汗が多い人にもおすすめです。もともと油分が少ないフェイスパウダーは皮脂や汗を吸収するため、結果的にテカリを抑えられるのです。

さらに、フェイスパウダーはファンデーションよりもクレンジングの際に落ちやすいということもあり、肌に優しいと言えます。フェイスパウダーは肌が弱い人やテカリが気になる人に向いています。

フェイスパウダーを綺麗に塗るコツ

フェイスパウダーを綺麗に塗るには、ルースパウダーとプレストパウダーで塗り方を使い分けることをおすすめします。

ルースパウダーをつける際にはブラシかパフを使いましょう。付ける前にブラシやパフに粉を馴染ませて、余分な粉を落としてから顔の中心から外側の順番で優しく広げていきます。

プレストパウダーはブラシとパフの両方を使います。固形状のプレストパウダーはパフだけで塗るとムラになりやすいので、馴染むように広げるためのブラシを併用しましょう。

フェイスパウダーを綺麗に塗るコツは、塗る前に肌の皮脂や汗を取り除くこと、余分な粉を落としてから塗ること、そしてブラシを活用することです。

メイク直しの時のポイント

フェイスパウダーを使ったメイク直しで注意すべき点は、粉をつけすぎないことに尽きます。メイク直しをする時は、ついつい急いでしまいがちですが、急ぐあまりブラシやパフにつけた粉をしっかり落とさずに塗ってしまうことがあります。

粉をつけ過ぎるとムラになったり、厚化粧の印象を与えてしまいます。本来は、ナチュラルな印象を作るはずのフェイスパウダーの効果が半減しますので、塗る前には粉を馴染ませて、余分な粉を落とすことを忘れないようにしましょう。

フェイスパウダーの選び方

フェイスパウダーは自分の肌色に合わせて選ぶのが鉄則です。肌との相性が良い物を見つけられたら、保湿効果や紫外線対策など付加価値がある物を選ぶといいでしょう。

肌色が白いという人はホワイト系、肌色が小麦色の人はベージュよりもやや赤みががったオークルカラーがおすすめです。一般的に日本人はピンク系のフェイスパウダーが相性が良いとされていますので、迷った際には薄めのピンク系を選ぶといいでしょう。

フェイスパウダーで使うパフ

フェイスパウダーはブラシかパフを使うのが一般的ですが、フェイスパウダー専用のパフとブラシがそれぞれ2つあると便利です。

フェイスパウダーを使う際には、パフとブラシの併用がおすすめですが、いずれもこまめに洗うことを心がけましょう。パフもブラシも、こまめに洗うことでフェイスパウダーが玉になったり、仕上がり時にムラになることを防げます。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録