喫煙の思わぬ弊害!?老けて見られるタバコ顔にご用心

喫煙といえば、健康における様々なリスクがあることは各所で言われていて、もう皆さんご存知なだけでなく、うんざりするくらい聞いたよ、と思われるかもしれません。ですが、美容にも悪影響がある、と言われたら、聞かずにはいられないのではないでしょうか。

「スモーカーズフェイス」。タバコ顔なんて言われることもあるのですが、読んで字のごとく、喫煙者のある顔の特徴を表す言葉で、喫煙によって顔に現れる見た目の老化のことを意味します。

スモーカーズフェイス(タバコ顔)の特徴

▼細かいシワ(ちりめんじわ)
目尻のシワ・上唇のシワ

▼たるみ
ゴルゴ線・上まぶたが・下まぶた(目袋)のたるみ・頬がこけて頬骨が目立つ・二重顎

▼顔色の悪さ
目の下のくま・まぶたの色素沈着・歯肉が黒ずんでいる・深いほうれい線・顔がやや浅黒い

▼肌の衰え
肌に弾力がない・吹き出物などの肌トラブルが多い

個人差はあるものの、長期にわたる喫煙の習慣によって、このような肌の特徴が表れやすいと言われています。

タバコ顔の特徴は一般的に言われているような加齢によって目立ってくるお肌の悩みと似ています。言い換えれば、年齢に関係なく老けて見えるような特徴が現れやすいということです。

実際に研究による実証もされています。アメリカオハイオ州で行われた検証によると、長期喫煙者と非喫煙者の双子の写真を比較してみたところ、双子のうち喫煙した方が明らかにシワが目立ち、より老けて見えることがわかりました。 それ以外の調査でも、喫煙者の肌トラブルとして、シワをはじめシミ、くすみ、ニキビが治りにくいなどの報告が上がりました。

タバコの害は加齢以外の皮膚の老化原因で紫外線に次ぐ、とも言われるそうですが、若くして老け顔に悩む可能性もあるのです。

タバコによる健康への害が、顔を老けさせる原因にもなっている

タバコが美容に与える害について、原因となるものはたくさんあります。

1.ニコチン

喫煙により、血管が収縮し、一酸化炭素が発生し酸素が不足します。皮膚の温度が低下することで、代謝が悪くなり、肌の再生が阻害され、女性ホルモンの分泌も低下していきます。
結果、若々しいお肌に必要な潤いやハリ、透明感が低下し、更には血色の悪い顔になってしまうのです。

2.活性酸素

タバコを吸うことによって皮膚の奥で老化の原因物質である活性酸素が発生します。この活性酸素は、お肌のハリやツヤの元であるコラーゲンやエラスチンの生成が低下、お肌の結合組織の破壊、などを引き起こし、やがてはたるみや深いシワとなってしまいます。

3.ビタミンCの不足

ビタミンCは老化を防いでくれる抗酸化作用を持っており、コラーゲンの生成にも関わっています。そのため、ビタミンCが不足すると、シミ、シワが増加し、傷が治りにくくなってしまいます。タバコを1本吸うことでレモン1個分のビタミンCが破壊されると言われています。

4.タール

ヤニとも呼ばれるタール。ニコチンや発がん性物質を含んでいます。
喫煙所の壁が茶色く変色するのもこのタールの成分で、歯が黄ばんだり、口臭の原因にもなります。
煙に直接触れる部分が変色するだけではなく、肌の黒ずみなども引き起こします。

美容と健康は切り離せない

お肌にハリがある、色白、シワがない、ということだけが美しいとか魅力的とは限りません。
でももし、お肌、顔の悩みがあるならば、同時に健康面でも不調があると考えられます。

ニコチン、タールの量から、1日の喫煙回数や、タバコの選び方などを工夫して、スマートで楽しく、無理のない見直しから初めてみませんか。

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > シワ・エイジングケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録