徹底比較!超オイリー肌用「ブラックプリマ」・通常タイプ「プリマヴィスタ」の違いとは?

公開 

EXPERT 美容家

船山葵

0 0

化粧崩れが気になる時用の化粧下地として、毎年大人気な「プリマヴィスタ」より、2019年4月2日に超オイリー肌用として発売された「ブラックプリマ」。

私も真夏になると必ず「プリマヴィスタ」を使っているので、今回新たなシリーズをお試しするのがとても楽しみでした。

「プリマヴィスタ」の特徴

さまざまな媒体でベストコスメアワードを受賞している「プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地」。汗や皮脂が気になる真夏はもちろん、気温や湿度が高いとされる梅雨の時期でも使える化粧下地。

肌に伸ばしている時は、とってもみずみずしくほんのりクリーミィなのに、仕上がりはサラッサラ。プリマヴィスタを使った後、どんなファンデーションを塗ってもテカリやヨレが気にならないので、私も夏に特に重宝しています。

「オイルブロック処方」によって、皮脂をグッと抱え込んでくれ、皮脂をはじく油を使用。これにより皮脂を肌に広げない仕組みになっているのです。朝塗って夕方まで綺麗な状態が続いているので、メイク直しができないという日でもかなり使えます。

定番の「プリマヴィスタ」と「ブラックプリマ」の違いとは?

2019年4月2日より、ブラックパッケージが特徴の「皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用」通称“ブラックプリマ”が登場。

通常の「プリマヴィスタ」は汗や皮脂に強く、みずみずしい感触。
それに比べて「ブラックプリマ」は汗や皮脂に非常に強く、気になるテカリ・不快なベタつきを長時間防いでくれるというもの。
かなり皮脂や汗が気になる方にぴったりだと言えますね。

【比較】「プリマヴィスタ」・「ブラックプリマ」の使用感

早速「プリマヴィスタ」と「ブラックプリマ」の使用感を比較してみましょう。

右が「プリマヴィスタ」左が「ブラックプリマ」です。

プリマヴィスタはみずみずしくピンクがかった色ですが、ブラックプリマはホワイトカラーでみずみずしいのですが、若干テクスチャーが重ためです。

次に3回指の腹で肌に伸ばしてみました。

テクスチャーは2つともほとんど変わらないですが、強いて言うならば、伸びはブラックプリマの方がいい感じ。ただどちらも伸びがよく、とっても塗りやすいです。

白粉orファンデーションを付けてみると…?

しっかりなじませた後、白粉をつけてみました。
今回つけたのは、同シリーズの「化粧もち実感おしろい 超オイリー肌用」。

よく見てみると、右の「プリマヴィスタ」をベースに塗っている方が、透明感がアップしているように感じます。
また、左の「ブラックプリマ」は地肌にスッと馴染んでくれるようなナチュラルな印象に仕上がりました。

超オイリー肌用は、肌が乾燥しすぎない?

また気になるのは、1日つけた時の使用感。
どちらとも1日つけた中で使用感はそれほど変わりませんでした。
とは言っても超オイリー肌用の方ががっつり皮脂を吸着してくれるようなイメージがあるので、朝つけて夕方には乾燥が気になるのでは?と思う方もいるはず。

しかしその逆で、保湿力は通常のものよりもオイリー肌用の方があるように思いました。

もちろん、使用感の違いは人によってそれぞれかと思いますが、
今年発売された「ブラックプリマ」が気になる方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

プリマヴィスタ公式サイトはこちら

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録