急にやせるとお腹の皮にたるみが出来る? その予防や解消法とは

公開 

なぎ

0 0

太っている人が痩せると皮がたるんでしまうという話はよく聞きますよね。特にお腹まわりの脂肪が急激になくなるとたるみができやすいようです。せっかくダイエットに成功しても、たるみが出来てしまっては喜びも半減ですよね。今回は、ダイエット後のお腹の皮のたるみについて、予防法や解消法を探っていきたいと思います。

お腹のたるみの原因は?

せっかくダイエットをしたのに、そのせいで皮がたるんでしまうのはなぜなのでしょうか。人の皮膚はどれだけ太っても破れることはありませんが、それは体の脂肪の量によって皮膚が自在に伸びていくからです。逆に脂肪が減るとそれに合わせて皮膚も縮んでいきます。しかし短い期間で急に痩せてしまうと、脂肪の量の減りに皮膚の縮みが追いつけず余ってしまい、あまった皮膚がたるみとなってしまうのです。また長い間肥満体型の人は、皮が伸びた状態のままになってしまうので、痩せたとしても皮の縮む力が弱くそのままたるんでしまうこともあります。

また、ダイエットとしてウォーキングやジョギングを取り入れる人は多いですが、このような有酸素運動は脂肪を燃焼すると同時に筋肉を分解してエネルギーとすることもあるため、その結果筋肉が減って皮膚や皮下脂肪を支えきれずたるみとなってしまいます。

そして、皮膚の再生には代謝が関係しているとも言われており、代謝が高い若い人は皮膚が戻りやすく、年齢とともに代謝が下がっていくと皮膚も戻りにくくなると言われます。

皮をたるませないための予防法は?

では、なるべく皮をたるませないようにするにはどうすればよいのでしょうか。たるみの原因は急激なダイエットをしてしまうことなので、短期間で急激に体重を落とすようなダイエットではなく、時間をかけて徐々に体重を落としていくのが一番の予防法です。

断食などの食事制限は体重がすぐに減っていくなど数字としての結果が見えやすいですが、ダイエットで一番大切なのはただ体重を減らすことではなく、見た目を引き締めることと太りにくい体質を作ることです。過度な食事制限は代謝を悪くするのでかえって太りやすい体質になってしまいますし、急激に痩せて皮がたるむリスクがかなり高くなります。

バランスのよい食事と適度な運動を取り入れて、筋肉をつけながら痩せていくのがたるみの予防にはおすすめと言えます。この場合の運動とは、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動ではなく、筋肉をつけるための筋トレが向いています。食事にはたんぱく質を多めにとることで筋肉を落とさずにダイエットすることができます。

それ以外に、皮膚の張りをアップさせるクリームを使ったマッサージをダイエットに取り入れるのも良いでしょう。

すでにできた皮膚のたるみの解消法はある?

皮膚がたるまないようにダイエットできれば一番ですが、それでもたるみがおきてしまった場合どのように解消すれば良いのでしょうか。

・ストレッチで皮膚の新陳代謝をアップする

ストレッチをしてたるんだ皮膚に刺激をあたえ、肌の新陳代謝をあげて細胞を活性化させると、皮膚の再生能力が高まりたるみの解消が期待できます。たるんだ部分をきっちり伸ばして皮膚に刺激をたくさん与えましょう。お風呂あがりは血流が良くリンパの流れも良いのでストレッチの効果は上がります。

・マッサージ

ストレッチと同様にマッサージも皮膚に刺激を与え、再生を促す効果が期待できます。たるんだ部分を入念にもみほぐして、老廃物をリンパに流していくイメージでマッサージしていきましょう。不要な水分や老廃物が流されむくみの解消になります。こちらもお風呂あがりの体が温まった状態で行うのが一番効果的です。
肌が乾燥していると肌のハリや弾力性がなくなってたるみがひどくなる原因になりますが、マッサージをする時にクリームを使うと、肌の保湿も一緒にできるのでおすすめです。

・筋トレをする

たるんだ皮膚を戻すには皮膚を支える筋肉が必要ですから、筋トレをして筋肉量を増やしましょう。筋トレといってもジムに通って行うような本格的なものでなく、自宅で簡単にできる筋トレもたくさんあります。特に数年前に海外で大ブームになっていた「プランク」は、道具も必要なく短時間で手軽にできる筋トレで、腹筋を鍛える効果が抜群です。これ以外にもネットには簡単にできるお腹周りに効く筋トレの動画がたくさん上がっているので、ぜひ自分にあった筋トレを探してみてください。
筋肉量が増えると代謝も上がるので痩せにくい体になりますし、筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるので若返りの効果もあり、まさに一石二鳥ですね。

・代謝アップの食事を心がける

代謝が上がると皮膚の再生能力も高まります。筋トレでも代謝は上がりますが、食事に気を使うことでさらに代謝アップが期待できます。朝食をとらない人は毎日3食食べるようにし、水分も十分な量摂取することで代謝アップに繋がります。また体温を上げることも代謝アップには欠かせません。パンやお米といった炭水化物を一切とらないという人もいますが、炭水化物は体温を上げる働きがありますから適度な量をとった方が代謝は上がります。体温を上げるためにはたんぱく質を積極的にとるのも良いので、肉や魚・卵はかならず食べるようにしましょう。たんぱく質は筋肉を作るためにも必要な栄養素です。
ただし、どんなに体に良いものも食べすぎは体に良くないので、適量を摂取するようにしましょう。

・美容医療などの手術に頼ってみる

ここまで自力で皮膚のたるみを解消する方法をご紹介してきましたが、100キロ以上あった体重を60キロまで落とした場合などかなりの体重の変化があった場合には、自力でたるみを解消できる限度を超えたたるみになっている可能性もあります。そんな時は手術でたるみを解消するという手もあります。
お腹の皮膚切除の場合はかならず全身麻酔をするので痛みはありませんが、手術時間は2~5時間となかなか時間がかかります。手術後は長ければ1週間ほどの入院が必要となりますし、傷跡も半年程度は目だってしまいます。しかし効果は半永久的なので一度切除してしまえば再手術の必要はありません。
すぐにたるみを解消できるとはいえ、やはり手術となると体に負担がかかってしまいますし、全身麻酔というのも少し抵抗がありますよね。また費用も100万円以上するクリニックがほとんどのようです。
手術をしなければならないほど太ってしまう前に、ダイエットをしてたるみを予防するのが体にもお財布にも一番だと思います。

お腹の皮のたるみ解消のまとめ

ここまでお腹の皮のたるみの予防法・解消法についてみてきましたが、たるみの一番の原因は急激なダイエットのようです。たるみを予防するためには、早く痩せたいという気持ちを抑えて、時間をかけてゆっくりと痩せていくことが大切です。極端な食事制限ではなくバランスのとれた食事をとり、筋トレも取り入れることでゆっくり健康的に痩せることができます。たるみができてしまった場合にも筋トレやマッサージを行うことである程度たるみを解消することができます。最終的には手術をするという選択もありますが、やはり体にかかる負担が大きかったりデメリットも多かったりするので、できれば自力でたるみを解消したいですよね。
たるみが気になるという方は、今回ご紹介した方法をぜひためしてみて下さい。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録