体を温めた方が痩せる? それとも冷やした方が痩せる? 本当のところは?

公開 

なぎ

0 0

夏も目前のこの季節。水着になれるように、あと〇㎏やせる! なんて意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。
ダイエット情報を色々見ていると、よく出てくるのが「体を温めて痩せる」というものですが、一方で「体を冷やすとカロリー消費が増えて痩せる」なんて言われる事もあり、どちらが正しいのか分からなくなっている人もいるのでは?
今回は、体を温める事と冷やす事、その両方の意味合いについてしっかりと紹介します。

カラダを温めると痩せやすくなる理由

まずは、体を温めて痩せるという事の意味について。
結構勘違いされている面もあるので、なんとなく体を温めれば痩せると思っている人も是非チェックしておいて下さい。

体を温めるとエネルギーが燃焼される

まず、体を温めるとエネルギーが使われるので、その分脂肪などが減るというものがあります。
ただし、これがよく広告などで間違って使われているのですが、体が温まってエネルギーが使われるのは運動によって体が温まった時のみ。

そもそも、人がエネルギーが使うのは筋肉、内臓、脳のどれかが動く時であって、この中で意図的に、積極的に動かせるのは筋肉のみ。
運動をすると体が温まりますが、これは筋肉を使う(エネルギーを消費する)事で熱が生じているものです。

例えばお風呂に入ったり、岩盤浴したりして体が温まったとしても、それは外部の熱で体が温まるものなので、エネルギーが使われるわけではありません。
あくまでも、運動した場合にのみ、直接エネルギーの消費量が上がると覚えておいて下さい。

血流が促進されて代謝が上がる

人の体は36度程度の平熱が、活動に最も適した温度。
体温は低くても高くても健康維持にとって悪影響となるため、体温が上昇すると、平熱まで温度を下げようという働きが発生します。
そして、体温を下げるためにおこる体の変化が、毛細血管の拡張。毛細血管が広がる事で熱を逃がす面積が広くなり、体温を早く下げる事ができるようになるのです。
逆に、熱が少なくなる(体が冷える)と体温を維持するため、毛細血管が収縮して熱を放射しないようになります。

毛細血管が拡張されると、そこを通る血液の量が増加するため血流が増加。これが、体を温めると血行が促進されるというメカニズムです。

血流が促進されると、体の隅々にある細胞まで栄養が供給されやすくなるため、細胞の活動が活発に。細胞の新陳代謝がよくなるため、代謝がアップします。
血流の促進は単純にエネルギーが消費されるのではなく、細胞の生まれ変わりが行われやすくなる事から、エネルギーが消費されやすくなるもの。短期間で効果を発揮するものではありませんが、日ごろから体を温めて血流が促進されている事は、細胞から健康な痩せやすい体質づくりに効果を発揮します。

逆に、血流が悪い状態では毛細血管によう栄養の運搬や、細胞からの老廃物の運搬が上手く働かないため、代謝の低下やむくみを引き起こしやすくなります。

ただし、代謝を向上して痩せやすい体作りをするためには、外部から体を温めるだけではなく、平行して筋トレを行って熱を作り出すための筋肉をつけたり、食事や生活習慣を整えて内臓の働きを向上するといったケアも必要となります。

体を冷やすと痩せやすくなる理由

痩せるためには体を温めようという話が多い一方で、体を冷やした方が痩せるという話もあります。

寒い所の方が熱産生の力が高まる

体を冷やした方が痩せるという一つ目の理由は、寒い所で体が冷やされた方が、からだの熱を作ろうという働きが強くなるというもの。
上で説明している通り、人の体は一定の体温を維持しようとしますので、外気温が寒ければ健康状態を維持するためにエネルギーを消費して熱を作り出すようになり、逆に暑ければ余計な熱を作らないようになります。

つまり、寒いところにいるとそれだけで体内のエネルギーが消費されやすい状態になるので、痩せやすくなるというものです。

この理論は正しいのですが、2点問題があり、一つ目は体が環境に適応して熱を作り出しやすくなるためにはある程度の時間が必要なため、急に寒い場所に行ってもむしろ血管が収縮して代謝が下がりやすくなるという事。
もう一つが、エネルギーの消費量は上がるものの、体温を維持するために身体に脂肪もつきやすくなるため、痩せやすくなるというわけではないという事です。
日本より寒い北欧やロシアなどの人を見ると分かりやすいのですが、代謝能力が高い若い内は痩せている率が高く、筋肉が衰える頃になると脂肪がついた人が多いのは、気候に対する適応によるものともいえます。

プールで一定時間泳ぐなど、運動する際に体が冷える状態にする事は消費エネルギーを増やして痩せるために有効ですが、体が冷えやすい状態を継続すると脂肪がつきやすくなるので注意しましょう。

体が冷えると痩せる脂肪細胞が働く?

もう一つ、体を冷やして痩せやすくなるという理由に「ベージュ脂肪細胞(褐色脂肪細胞)」の働きというものがあります。
ベージュ脂肪細胞は脂肪細胞でありながらエネルギーを消費する特殊な細胞の事で、冷やされる事でエネルギーの消費を開始するという性質があります。

しかし、実際にはベージュ脂肪細胞の活動を積極的に促したり、増加させるためには短時間冷やせば良いというものではなく、長期的に寒い環境にい続ける必要があります。
実は、上で説明した「寒い所で過ごしているとエネルギー消費があがる」という作用がそもそもこのベージュ脂肪細胞などの影響によるもので、簡単に活用できるというものではないのです。

ベージュ脂肪細胞を増やしたり働かせたりする方法については、今現在医療分野での研究が盛んにおこなわれていて、特に糖尿病の改善などを目的として研究が進められています。
現在はまだ有効な手段までたどり着いていませんが、将来的にはベージュ脂肪細胞の働きを促進するだけで痩せる事ができるという時代が来るかもしれません。

結局、痩せるためには温めた方が良いのか冷やした方がいいのか

結論を言えば、ダイエットを成功させるためにはなるべく体を温めた方が良いという事ができます。
直接エネルギーを消費する事は出来ませんが、体を温めて血流を促進する事で新しい細胞が作られやすい状態にする事ができますので、日常的に体を温める事を意識しながら、筋肉トレーニングや食事、生活習慣の改善を行う事が、代謝の向上に有効となります。

体を温めるだけですぐ痩せるというような方法はまずありえませんが、温める事が痩せやすい体作りの後押しとなる事は確かですので、温める食事やアイテムの利用など、積極的に取り入れていくと良いでしょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

スキントラブルの中でも特に多い「ニキビ」。 色んなケアグッズがありますが、腫れを抑えるものや保湿するものなど色んなアイテムがあるのでどれを使えばいいのか、どんな組み合わせが良いのか迷ってしまいますよね。 [»続きを読む]

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

「唇が分厚くて目立ってしまう」 「妙に輪郭がくっきりしていてリップのカラーが映えない」 ボリューム感のある唇はセクシーな印象がありますが、メイク全体のバランスを考えると薄く見せたい、存在感を薄めたい、と思う場合もあるでしょう。そんな唇のお悩みもメイクで解決できるんです。難 [»続きを読む]

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

忙しい女性がすき間時間にサッとできる小顔ケアといえば、コロコロ転がすだけの小顔ローラーが人気ですね。プチプラからちょっとお高いものまでたくさんの商品が販売されていますが、それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで今回は、小顔ローラーの素材から形状まで、そ [»続きを読む]

ダイエット・痩せるの新着記事

”腹持ちのいい”置換えダイエットドリンク レシピのご紹介です

”腹持ちのいい”置換えダイエットドリンク レシピのご紹介です

ダイエットに挑戦したことのある読者の中には、置換えドリンクでのダイエット経験者はわりといるのではないでしょうか? かくいう筆者も、何度も置換えダイエットには挑戦してきました。 有名どころのマイクロダイエットから、ドラッグストアで手に入るアサヒのスリムアップスリムなど、無名のメ [»続きを読む]

鈴木のぞ美

引き締まった理想のくびれを! 運動初心者にもおすすめの腹筋くびれトレーニング

引き締まった理想のくびれを! 運動初心者にもおすすめの腹筋くびれトレーニング

引き締まって細く見えるウェスト!憧れますよね。 お腹を引き締めようと腹筋を鍛える方は多いと思いますが、細く見せるためには通常の腹筋(上体起こし)で正面を鍛えるだけでは難しいのは意外と知られていない所。 お腹の横の部分、外腹斜筋・内腹斜筋という筋肉を鍛えることで斜めのラインが入 [»続きを読む]

トレーナーAtsuya

夏の緊急ボディメイク! シルエット-3kg見えする方法とは

夏の緊急ボディメイク! シルエット-3kg見えする方法とは

O脚や下半身太りが気になって水着や薄着になるのが不安という方に朗報! なんと立ち姿を見直すだけで、一瞬でマイナス3kgくらい細く見える方法があります。 体に負担なく、日常生活の姿勢と歩行を見直すだけで自力で骨盤調整と同じ効果を得られる方法を紹介します。 [»続きを読む]

日本姿勢改善ウォーキング協会 代表理事

監修 山﨑美歩呼

腹筋が苦手でもできる!下腹部引き締めトレーニング

腹筋が苦手でもできる!下腹部引き締めトレーニング

下腹部の引き締めをしたい時、実は一般的な腹筋(上体起こし)などではあまり効果がないってご存知ですか? お腹を引き締めたいという悩みの中でも、特に多い悩みが下腹部を引っ込めたいというもの。下腹部を引き締めるためには、通常の腹筋では効果が集中して得にくく、ただ疲れるだけになってしま [»続きを読む]

トレーナーAtsuya

<リアルレポ>2ヶ月でウェスト-12cm!セルフエステに2ヶ月通ってみた(写真あり)

<リアルレポ>2ヶ月でウェスト-12cm!セルフエステに2ヶ月通ってみた(写真あり)

一念発起して本気の体型改善を決意しました。 そこで、6月〜7月は、食事とジムでのトレーニング、そしてセルフエステでのボディケアの3段構えを決意しました。(これで痩せなきゃもう断食しかない・・・!) 前回の記事で、体験コースを受けてみてこれは痩せそうだ! と思ったので、 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録