シャンプーは二度洗いするべき? 2回に分けて洗うメリットとデメリット

公開 

YATA

0 0

シャンプーをする時、1回で終える人と2回以上の複数回シャンプーする人がいますよね。
美容院なんかでは、カット前とカット後での2回シャンプーをかけたりもしますが、二度洗いのメリットやデメリットをしっかり理解しておけば、よりよいヘアケアに役立てられるはずです!

基本的にはシャンプーは1回でOK

基本的に、シャンプーは頭皮の汚れを除去する目的のもの。大抵は1回、しっかりとした天順でシャンプーを行えば頭皮の汚れは十分に落とす事が出来るため、二度洗いの必要はありません。

ヘアワックスなどで髪がべたつく場合は二度洗いが必要になる事も

しかし、ヘアワックスなどスタイリング剤を利用している場合は1回のシャンプーで完全に汚れを除去できるとは限りません。
シャンプーは界面活性剤によって頭皮などの油脂と混ざって落とすものなので、油脂成分で髪を固めるヘアスタイリング剤がついている時に利用すると、スタイリング剤の除去で洗浄成分が使われてしまうため頭皮の汚れまで落とせないのです。

汚れが落としきれているかどうかは、シャンプーの泡(反応しきっていない界面活性剤)が残るかどうかで分かりますので、シャンプーをしても泡がすぐ消えてしまうというような状態であれば、一度すすいでもう一度シャンプーを行うようにしましょう。

二度洗いの場合は髪の洗浄を先に、頭皮を後に

通常であれば、シャンプーは頭皮を洗うものなので髪を意識して洗う必要はありません。
しかし、二度洗いの場合はまず髪に付いたスタイリング剤の除去が目的になるため、最初はシャンプーの泡を髪に馴染ませていくようにして、スタイリング剤を除去します。
髪の毛全体にシャンプーがなじんだら、そのまま一度目を洗い流し、その後から頭皮の汚れを除去するようにシャンプーをかけるようにする事で、頭皮の保湿成分を洗い流し過ぎずに二度洗いする事が出来ます。

髪を洗うといっても擦らないように

髪にシャンプーを馴染ませる時は、ゴシゴシと擦らないように、手に取った泡を軽く髪に揉み込むようなイメージで馴染ませましょう。
擦ってしまうと摩擦によって髪がダメージを受け、キューティクルが剥がれたり、髪内部の美容成分が流出しやすくなってしまいハリやコシがなくなってます。

洗いすぎは頭皮のダメージに

シャンプーは洗浄力が強いものも多く、普通に何度も重ねて使ってしまうと頭皮の保湿成分を流して乾燥してしまう原因となります。
それを防ぐために、二度洗いや複数回洗う場合でも頭皮にシャンプーを付けるのは最後の1回だけにする事を意識しましょう。

コンディショナーやトリートメント後にシャンプーはNG

コンディショナーやトリートメントを使った後、髪に油脂成分が残る事を気にしてもう一度軽めにシャンプーをかけたりするような行動はヘアケアにとってNG。
コンディショナーやトリートメントは、シャンプーでダメージを受けた髪のキューティクルを保護するためのものなので、再度シャンプーをしてしまったら意味が無くなってしまいます。
べたつきなどが気になる場合は、なるべくべたつきの無いかるい質感のものを利用するようにしたり、ぬめりが無くなるまでしっかりとシャワーで洗い流すようにしましょう。

美容院での二度洗いはヘアケア効果向上のため

美容院では髪のカットなどを行う前に一度シャンプーをして、カットの後で再度シャンプーをかけるという事もあります。
これは、最初のシャンプーでスタイリング剤や抜け毛など大まかな汚れを落とす事で、髪のカットをしやすくするほか、パーマ液やトリートメント剤が浸透しやすくし、ヘアケア効果を得やすくするため。仕上げのシャンプーは、ホームケアと同様頭皮の汚れを落とし、且つヘアマッサージを行うためのものです。

美容院で利用しているシャンプーはホームケア用のものと比べて頭皮への刺激などが考えられていますし、しっかりと頭皮のケアを知っている美容師によるシャンプーであるため、頭皮のダメージに繋がるという事はあまりありません。

正しい二度洗いで健康な頭皮環境を

シャンプーのダメージが強いからといって、スタイリング剤などが残っているのに二度洗いをせず、頭皮に脂汚れが残ってしまうのも頭皮の健康のためにはよくありません。
正しい方法で二度洗いを取り入れて、健康な頭皮環境と美しい髪を維持しましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録