セルライト解消のために原因などを正しく知ろう

公開 

なぎ

0 0

太ももやお腹など、ボコボコしていて気になるセルライト。
脂肪がついて太るのはもちろん嫌ですけど、肌が凸凹に見えてしまうセルライトこそ絶対に解消したいですよね。
セルライトのケア方法は間違えている人が多く、それが原因でちゃんとケアできていない場合も。セルライトが出来る原因や、正しい解消方法を解説します。

セルライトとは?

そもそもセルライトとは、細胞を表す「セル(Cell)」と、石を表すラテン語の接尾語「~イト(ite)」がくっついた造語で、医学や生物学としての正式名称ではありません。
エステ業界から発信されてきた言葉のため、以前は医師が使う事無かったのですが、最近ではセルライトという言葉が一般化されて来たために説明の中で使用する医師も出てきています。

セルライトは一般的に、脂肪の一部分だけが硬くなってボコボコと肌に凹凸があらわれてくるような状態を示しています。
説明によっては脂肪とセルライトが別物のように扱われている場合がありますが、基本的にはセルライトは皮下脂肪の状態の一種であり、いくつかの原因によって他の脂肪よりも硬くなってしまった部分の事をさしています。

セルライトができる原因

セルライトという言葉が提唱されてからまだ日が浅く、そもそもセルライトが人命にとって重大なトラブルになる事もない事から、セルライトについては実はまだ研究が完璧に行われているわけではありません。
しかし、セルライトが作られる原因については、大体下記のような流れとされています。

1.食べすぎなどによって脂肪細胞が急激に大きくなる

セルライトが作られる第一歩は、肥満と同じで「食べすぎによって脂肪細胞が急激に肥大化する」事。特に、血糖値が急激に上昇する食事を摂ると脂肪細胞の中に余分なエネルギーを取り込むため、急激な脂肪細胞の肥大化が発生します。

2.急激に大きくなった脂肪細胞同士で組織が圧迫される

脂肪細胞は、ある程度の大きさの脂肪組織の中に密集して存在しています。
脂肪組織の中には、脂肪細胞の他に栄養をいきわたらせるための毛細血管や、脂肪細胞から排出された二酸化炭素などの老廃物を外に運ぶためのリンパと、脂肪細胞を支えるコラーゲンなどが存在しています。
脂肪細胞が急に大きくなると、脂肪組織の中が圧迫されて狭くなってしまい、毛細血管やリンパが塞がれてしまうようになります。

3.細胞が正常な代謝を行えなくなり、太いコラーゲン組織などが作られる

毛細血管の流れが圧迫されてしまうと、脂肪組織の中でコラーゲンを作り出す細胞が正常に働かなくなります。
すると、通常であれば細くてしなやかなコラーゲンが作られるはずなのに、太くてかたいコラーゲン組織などが作られるようになります。

4.太いコラーゲンで圧迫がより悪化

コラーゲン組織は脂肪細胞を支える役割なのに、太く硬いコラーゲンが作られてしまうと脂肪細胞は更に圧迫されていく形になります。
すると、脂肪細胞自体からの老廃物排出が上手く出来なくなり、脂肪細胞そのものが老廃物を貯め込む状態に。
老廃物を貯め込むと、更なる肥大化や硬化によって脂肪組織を圧迫するため、状況はどんどん悪化していきます。

5.脂肪細胞の肥大化と太く硬いコラーゲン組織によって硬いセルライトに

以上のような悪循環の末に、老廃物が排出できず硬く大きくなった脂肪細胞と、太く硬いコラーゲン組織が絡まり合って、セルライトという硬い脂肪組織が出来上がります。

このように、セルライトは悪循環によって状況が悪くなっていく一方であるため、なるべく早めに解消していく事が重要なのです。

セルライト解消のポイントは基礎代謝を上げること

セルライトも基本的には通常の皮下脂肪と同じ構造ですので、解消していくためには通常のダイエットと同様、基礎代謝を上げる事が重要となります。
基礎代謝とは生活の中で何もしなくても使われるエネルギーの量の事で、基礎代謝が多ければ日頃エネルギーを多く使うため太りにくく、痩せやすい体質になります。

また、代謝が良い=血行が良く細胞に栄養がいきわたりやすいという事でもあるため、セルライトの原因である脂肪組織の血行不良も解消していく事ができます。

基礎代謝を上げるためには、適度な運動によるトレーニングや、健康的な生活習慣で内臓の働きを良くする事が大切です。

セルライト解消に効果的な運動

セルライトを解消していくためには、代謝を上げる「筋力トレーニング」とセルライトを燃焼させていく「有酸素トレーニング」の両方が必要です。
代謝を上げるという点では、セルライト近辺の血流を向上していく事がセルライトの直接的な解消には向いているため、セルライトが気になる部位のトレーニングを行うと良いでしょう。
また、セルライトをなるべくすぐに解消するという点では有酸素トレーニングが効果的。有酸素運動はあまり負荷をかけず、なるべく長時間動き続ける事で効果的に脂肪の燃焼が行えるため、ウォーキングや軽いジョギングなど、負荷が強すぎない運動を長時間行うようにすると良いでしょう。

セルライト解消を促すマッサージ方法

セルライトの解消というと、セルライトをつぶすようにマッサージするという方法が紹介されていたりしますが、これは間違い。前述の通り、セルライトは複雑な理由で作られているため、強くマッサージして組織にダメージを与えてしまうと、解消するどころか悪化する場合もあります。
マッサージを行う場合、どちらかというとセルライトに直接ではなく、周辺から血流を集めて細胞の働きを活性化させるようなマッサージが良いでしょう。とにかく必要なのは血流やリンパの流れを促す事で、セルライトをつぶす事ではありません。

セルライトはなるべく早く対策!

セルライトは放置しておくと周囲の細胞を巻き込んでより悪化してしまいやすい状況ですので、セルライトがあると思ったらなるべく早く対策を行い、早期に解消していく事が大切です。
根本からしっかりと解消して、セルライトのないキレイな肌を目指しましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

ドラッグストアにて低価格で手に入れる事ができて、コスメの口コミサイトなどでも常に高得点の人気商品として紹介される「ナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」。 一体どうしてこんなに人気なのか、その効果とどんな人におすすめかをご紹介します。 [»続きを読む]

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

ちょっと前は細い眉がトレンドでしたが、今やしっかりと太い眉の方がトレンド。 もともと生えている眉を薄くする事は簡単ですが、濃くする事はなかなか難しいので、メイクで太くするも「ベースが無いとちょっと不自然……」な状態になったりしますよね。 今回は、眉毛を元から太くするためのアイ [»続きを読む]

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

最近、足の爪が食い込んで痛い…そう、巻き爪に悩んでいる方多いのではないでしょうか? 実はこのコロナ禍で巻き爪の人が増えているそうなんです。 その原因と、巻き爪の解消法をご紹介します。 [»続きを読む]

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

セルライトの新着記事

取れない...と悩む前に!セルライトを増やさない生活習慣

取れない...と悩む前に!セルライトを増やさない生活習慣

太ももやお尻などにボコボコとみかんの皮のように現れるセルライト。一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? セルライトは一度出来てしまうとなかなか落とすことが出来ず、冷えやむくみ、サイズアップの原因にもなります。そんなセルライトを増やさないための生活習慣とは? [»続きを読む]

エステサロンオーナー・美容家・美容ライター

寒川あゆみ

セルライトと二の腕のポツポツ 肌が露出する前に"ドライスキンブラッシング"で撃退!

セルライトと二の腕のポツポツ 肌が露出する前に"ドライスキンブラッシング"で撃退!

肌が露出する季節が近づくにつれて気になるのが、頑固なセルライトや二の腕のポツポツ・・・1日5分だから続けやすい!健康や美肌も手に入れられるお手軽な方法をご紹介いたします。 [»続きを読む]

キャノン美佳

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録