50代でもハリツヤ髪!松本伊代のヘアケア方法

松本伊代さんといえば、タレントのヒロミさんとおしどり夫婦として有名。
こんなに若くて可愛らしい奥さんだったら旦那さんも嬉しいですよね。
伊代さんは髪の毛が50代とは思えないほどハリ・コシがあってキレイ!
そのキレイのヒミツを教えていただきました。

月2回の頭皮ケアで美髪の基礎づくり

多くの女性は50歳を超えると、髪がパサついてきたり、ハリがなくなる傾向があります。
加齢により皮脂の分泌が減ってしまったり毛を支える筋肉が弱くなるためです。

そこで伊代さんは
「美容院に月に2回は行き、トリートメントやオイルでマッサージなどをしてもらっています」(松本さん)
なるほど、美容院はヘアスタイルだけでなく頭皮のケアにも使えるんですね。

美容院で使ったへアオイルで香りが気に入ったものがあれば買って家で使うこともあるそうです。

美容院で気に入ったヘアオイルを購入

ビジュロワ クオリティーリッチオイル(ハニーローズの香り)
クオリティーリッチオイルはダメージ毛や広がりやすい髪でも毛先までしっとりまとまりのある髪にしてくれるオイルです。

「わー! (この香り)好き!!」(LiLiCoさん)
女子会に集まった皆さんからも絶賛の声が!

女美会スタッフが実際にオイルでヘアケアを体験

髪に悩みをもつ40代の女美会スタッフが実際にオイルマッサージを体験してみました。
毛先がパサパサで、髪にコシがなくなってきたことが悩みだそうです。

1、まずは頭皮の状態をチェック

カラーや乾燥によるダメージで赤みがでてしまっていました。
健康な頭皮は青白いそうです。

2、エッセンシャルオイルをなじませたオイルをマッサージしていきます。

まず使用するのは、ゴマージュ「レノバトール」
ひまわりの種を砕いて焙煎した特殊なエッセンシャルオイルです。
このオイルが頭皮の余分な角質や汚れを取り除きます。

3、肌にあわせたシャンプー、トリートメントを行う。

エッセンシャルオイルで絡み取った汚れをシャンプーで洗い流し
トリートメントで髪を整えます。

4、最後にもう一度頭皮マッサージ

髪の毛のケアが完了したら仕上げに頭皮のマッサージです。

1回の施術で頭皮の赤みが軽減

1時間の施術が終え頭皮を見てみると……

施術前の赤みは消え白くきれいな頭皮になりました。

「もう年だから」いえいえ!これからでも大丈夫!

今回、ヘアケアをしてくださったヘアサロン、ラトリエ ド ボーテ リエゾンの橋本さんにお話を伺いました。
「40代、50代になると女性ホルモンの減少にともなって、髪は細くなったりハリやコシがなくなることが多いです。トリートメントもしつつ頭皮ケアも平行してやっていくのがベストだと思います」(ラトリエ ド ボーテ リエゾン代表の橋本和美さん)

実は伊代さん、つい最近まで数ヶ月美容院にも行かないほど無頓着だったそうですが
50代になってから美容師さんのアドバイスでこまめにヘアケアをすうようになったとか。

髪のハリやコシがなくなってくるのは頭皮のダメージにも原因があったのですね。
髪のダメージにお悩みを抱えている方はぜひ頭皮ケアを試してみてはいかがですか?

アイテム紹介

ビジュロワ クオリティー リッチオイル 125ml

これほしい!

コメント

コメントを書く

お気に入り

4 4

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ヘアケア > 髪質改善

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録