顔のむくみを解消したい!朝、即効でできるむくみ解消法

朝起きて鏡を見ると「顔がむくんでいる…」なんてことありませんか。
顔がむくんだままだと化粧もノリませんよね。
今回は忙しい朝でも即効で顔のむくみを解消できる方法やむくみの原因、予防法を紹介します。

顔のむくみの原因

そもそもなぜ、顔がむくんでしまったのでしょうか。以下のことが思い当たりませんか?

水分のとりすぎ

むくみの原因は体内に溜まりすぎた水分。
水を多くとれば当然、むくみやすくなります。

人間の身体は6割が水でできています。
この割合は基本的に変わることはありません。
しかし血液と細胞の間の隙間に水が溜まってしまうことがあり、これがむくみの原因です。

塩分やアルコールのとりすぎ

どちらも過剰に摂ると身体が脱水状態になってしまいます。
アルコールは水と反応しやすいこと、塩分は身体の塩分濃度を一定に保とうとする働きから、この2つは水分を奪います。
水分不足になると身体はたくさんの水を欲しがります。
塩分の高いものを食べすぎると喉が渇くのはそのためです。

またアルコールの場合、血中のアルコール濃度が上がることから血管が膨張し水分の受け渡しが上手く作用しなくなることでむくみが生じます。

睡眠不足

睡眠が足りていないと、身体に溜まった老廃物が流れにくくなります。

寝ている状態は横になっていることから、血液や、普段は上から下へと流れ重力により滞りがちなリンパも流れやすい状態です。
リンパはむくみの原因となる余分な水分を体外へ流す助けをします。しっかりとリンパが流れる時間をあげないと、代謝が落ち水分が皮下に溜まりやすくなります。

長時間同じ姿勢でいる

長時間同じ姿勢をしているとリンパが滞りやすくなります。

リンパは流れるスピードが遅く、全身を回るのに約12時間かかるそうです。
そのため同じ姿勢で動かずにいると滞りやすいのです。

ホルモンバランスの乱れ

新陣代謝が落ちると老廃物が流れにくくなり水分が溜まりやすくなります。
ホルモンバランスの乱れはこの代謝を落とすことから、むくみだけではなく身体に様々な悪影響を与えます。

生理前になるとなんだか顔がむくむ…
という方が多いのではないでしょうか?
原因は女性ホルモンのひとつでプロゲステロンという物質。この物質は水分を身体に溜め込もうとする性質があります。
むくみが女性ならではと言われる所以のひとつですね。

顔のむくみを即効解消!忙しい朝の3分からできる改善方法

朝起きて顔がむくんでいると、気分も落ちますよね。せっかくのおしゃれも台無しです。
上記に挙げたようなむくみの原因となることを避けることも大事ですが、むくんでしまった忙しい朝でもできるむくみ解消法を紹介します。

【所要時間3分】温かいタオルと冷たいタオルで血行促進

用意するものはタオル2枚。
どちらも水で少し濡らし、1つはレンジで温めます。500Wで1分くらいがおすすめです。

温めたら顔に乗せましょう。
熱すぎるタオルは肌にダメージを与えてしまうので温度に注意してください。
顔が温まることで血行がよくなり、溜まっていた老廃物が流れやすくなります。

20~30秒で冷たいタオルにチェンジします。
こちらも20~30秒でとります。これを2セット行います。
顔に温→冷と交互に与えることで血管が拡張と収縮を繰り返します。
そのため血液やリンパが流れやすくなるのです。

【所要時間3分】首のリンパマッサージ

顔がむくんでいるとつい顔をマッサージしたくなるかもしれませんが、首のリンパが流れなければ顔に溜まった老廃物は流れません。

まず、人差し指、中指、薬指の3本を耳の下のくぼみに当てます。
これを軽く押したら、優しく鎖骨まで落としていきます。
鎖骨のくぼみに入れるように流します。
これを複数回続けます。

クリームや乳液を使うと肌にダメージを与えにくく、流しやすいです。

【所要時間5分】顔のマッサージ

顔のマッサージは首のマッサージを終えてからやるのがおすすめです。

額のマッサージ

人差し指、中指、薬指を額の真ん中にあて、軽く押しながらこめかみまでいきます。

頬のマッサージ

同じ指で小鼻の横、目の下、耳、鎖骨の順番で優しくなでながら流します。

口のマッサージ

中指と薬指で顎下→口角→鼻の下→口角→顎下と軽く押しながら回します。

朝の忙しい時間内でできるのはこれくらいだと思います。
首のリンパを流した後なので効果的でしょう。

【所要時間5分】頭皮マッサージ

頭皮も顔につながっているので、頭皮マッサージも顔のむくみ解消に効果的です。
こちらも首のマッサージをした後にやると効果的です。

5本すべての指を使い、前髪の生え際から頭頂部→襟足にむかって流していきます。
摩擦は頭皮にダメージを与えるので擦らないように注意しましょう。
また時間に余裕があれば、こめかみ、耳の下、頭頂部をかるくプッシュすることもおすすめです。

朝起きた瞬間からすっきり!顔のむくみを予防する対策

朝起きてからむくみに気が付いたときの対処方法を紹介しましたが、これからはむくまないように予防をしましょう!

寝る前に軽くストレッチ

夜眠りにつく前に、身体を軽くストレッチしましょう。
顔がむくんでいるといっても原因は顔だけではありません。血液やリンパは全身を流れているので身体の血液やリンパの流れが滞っているとそれだけ流れも悪くなります。

まずうつぶせに寝て、身体と膝下が直角になるように膝を曲げます。
その状態で足首を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。

これだけですが、やってみると意外と疲れるんです。
特にスキニーやレギンスを履いた日はおすすめです。
今日寝る前にぜひやってみてください。

お湯につかる

忙しい女性はシャワーで済ませてしまうということも多いかもしれませんが、美容のためにも湯船に浸かることをおすすめします。
身体が冷えていることも血液の流れに影響します。
温めることで血流がよくなり、老廃物も流れやすくなります。
身体が冷えていることも血液の流れに影響します。

またお風呂に入ると水圧が身体にかかるので血液のポンプも働きやすくなるのです。

塩分の多い食べ物を控え、カリウムを摂る

塩分を摂りすぎると水分が身体から奪われるという説明をしましたが、
塩分の成分であるナトリウムの量はカリウムによって保たれています。
ナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまうと浸透圧の関係から水分を大量に奪ってしまうのです。

カリウムの多い食品を紹介します。

・昆布、わかめ、ひじきなどの海藻
・バナナ、みかん、アボカドなどの果物
・ほうれん草
・さつまいも
・大豆、小豆

カリウムはほとんどの細胞の中に存在するので1日3食きちんと食べていれば1日の目安量は摂ることができます。
塩分を摂りすぎたな・・・と感じた日は意識して取り入れてみてもいいかもしれませんね。

顔のむくみ解消の秘訣は規則正しい生活から

偏食、睡眠不足、運動不足は身体の機能を低下させ、顔だけでなく身体もむくみやすくしてしまう可能性があります。
むくみは1日3食きちんと食べ、睡眠時間を確保し、規則正しい生活をこころがけて解消していきましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > むくみ・リンパ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録