ピカ子さんの特別メイク講座「2017トレンドメイク術」

メイクアップアーティストのピカ子さんがメイク講座を緊急開講!
メイクのデモンストレーションとともにポイントを紹介。今すぐ取り入れて2017トレンドメイクをマスターしよう!

1.ベースメイク ~2種類ファンデで自然なツヤ&キメ肌へ~
2.アイシャドウ編 ~使うのは1色だけ。眉のキワまでしっかりと~
3.アイブロウ編 ~眉色は髪色と合わせ過ぎずナチュラルに~
4.目元編 ~不自然なまつ毛は時代遅れ!? 華奢な美しさを目指して!~
5.リップ編 ~リップの仕上げはトップコートがピカ子流~
6.最終調節編 ~仕上げに糊の成分のスプレーでツヤ感を演出~

1.ベースメイク ~2種類ファンデで自然なツヤ&キメ肌へ~

メイクのファーストステップはベース作り。
BOBBI BROWNのクッションファンデで自然なツヤを出し、色ムラを整えます。

「日焼け止めにもなる水っぽい質感のファンデで肌質をコントロールします。なにかをカバーするという角度ではなく、ハリのある“キレイなすっぴん”を作る作業です」 (ピカ子さん)

ポイントは垂直にパッティングしながら肌に均一な膜を作ること。スライドしながら塗るとスジができてしまうので要注意!

BOBBI BROWN

スキン ファンデーション クッション コンパクト SPF50(PA+++)
セット価格7,020円(税込)

続いて、パウダータイプのファンデです。今回使用するのはカバー力があって油分が少ないタイプ。
専用スポンジもいいのですが、プロはブラシを使用。そのほうが肌のキメが整ったようなキレイな膜が作れるそうです。

ファンデをブラシにとり、側面に沿ってパッティングしていきます。
側面から中心に向かって薄めのグラデーションを作るように仕上げていくと失敗が少ないそう。その際、目元はカバーしなくてOK。

「みなさん、目元が気になるからとしっかりカバーしたがりますけど、広い面積をキレイに仕上げれば目元をカバーしなくても『肌がキレイな女性ね』って印象を与えられるんです」(ピカ子)

M・A・C

ライトフルC SPF30 ファンデーション 4,860円(税込)

2.アイシャドウ編 ~使うのは1色だけ。眉のキワまでしっかりと~

「アイシャドウは何色も使わないで、眉毛のところまでしっかり塗るのがトレンド」と、ピカ子さん。
そこで、ややマットな肌色のカラーをアイホールだけでなく、目尻と髪の生え際の間くらいまで大きく塗っています。

ポイントは眉の際までしっかり塗ること。
眉のキワは青みがかっていることがあって、それを残しておくと目元が華やがないそうです。
最後に目の下も同じ色のアイシャドウを入れます。

M・A・C

スモールアイシャドウ ライスペーパー
4,860円(税込)

3.アイブロウ編 ~眉色は髪色と合わせ過ぎずナチュラルに~

眉はパウダーで濃さを足しつつ、眉マスカラで1本1本のイキイキとしたツヤを出します。
眉頭はきっちり作ろうとすると古くさくなるので、軽く触ってぼかす程度に。

気をつけたいのが眉の色。
髪色と無理に合わせるのはトレンドでないため、やり過ぎずに同系色でまとめるようにしましょう。
「あまり色を変えようとせずに、つややかさや毛の質感をイキイキと見せるようしてください」(ピカ子さん)

BOBBI BROWN

ブローキット02サドル/マホガニー
5,940円(税込)

M・A・C

ウォータープルーフブロウセット ブラウンエボニー
2,916円(税込)

4.目元編 ~不自然なまつ毛は時代遅れ!? 華奢な美しさを目指して!~

アイラインはインラインに入れます。
粘膜部分を漆黒にすることで白目がグッといきて、目をパチッ&キリッと見せることができるそう。

続いてマスカラ。ここ数年、まつ毛をどれだけ濃く、太く、長くできるかが注目されてきましたが、すでにトレンドは変わってきているようです。

ピカ子さんいわく、「今はあんまりバサバサっていうのは流行らない。1本1本の細さを“華奢な美しさ”と解釈して毛を太くせずに黒に染め上げ、長さをほんのちょっと出してあげるのがいいですね」とのこと。 さらに、「ビューラーで不自然に上げるのはおしゃれじゃない」と。ピカ子さんの場合、10人中9人はビューラーを使わないそうです。

マスカラは根元から塗るのが基本。
細めのスクリュータイプを選んで、根元からしっかりコントロールすることが大切なんだそう。

BOBBI BROWN

ロングウェア マスカラ
4,104円(税込)

5.リップ編 ~リップの仕上げはトップコートがピカ子流~

リップは“おだやかな美しさ”がポイント。
全体に色を塗り、その後、ブラシで輪郭を整えます。唇の色が透けないように1度マットに仕上げるのがコツ。 そこに長持ちするトップコートをオン。グロスではなくトップコートでツヤを出すのがピカ子流なんですね。

MAKE UP FOR EVER

アクアルージュ
4,104円(税込)

6.最終調節編 ~仕上げに糊の成分のスプレーでツヤ感を演出~

糊の成分の膜をはってツヤ感を演出。
使用するのはピカ子さんおすすめのMIST&FIX Make-up Setting Spray。
糊のフィルムの光の反射は非常にやわらかで、メイクの最後に吹きかけるとツヤ感あふれる仕上がりになになるそうです。

MAKE UP FOR EVER

MIST&FIX Make-up Setting Spray
4,104円(税込)

最後に顔の立体感を出していきます。
まず、こめかみにしっかり影を作り、顔がスッキリと見えるようにします。

顎の下にも影を入れます。小顔効果を狙って頬をシェーディングしがちですが、ピカ子流メイクでは「顎の下」に入れるのがポイント。これにより、どのような角度からも肌がくすまずスッキリ見えるそうです。

続いて目元に影を入れ、仕上げのハイライトを。
鼻は鼻筋の中間部まで、さらに、おでこ→頬骨→口角と順番にハイライトを入れて完成です。

MAKE UP FOR EVER

プロスカルプティングパレット#20ライト
6,912円(税込)

ピカ子流メイクで洗練されたイメージにチェンジ!

変身したお顔がこちら。ピカ子流メイクで都会的で洗練された雰囲気になりましたね!

《before/after》

ピカ子特別メイク講座のまとめ

・トレンド感を盛り込む

・アイメイクはアイシャドウ1色で

・眉を軸にしてアイラインは引き過ぎない

・リップは唇が透けないように塞いでいく

洗練されたトレンドメイクは、全体的に色を控えめにして頑張り過ぎないことが良いようですね。ただし、手を抜くのではなくて、ベースをしっかり作ったり、まつ毛の根元にしっかりマスカラを塗ったり、パーツごとに素材をいかして丁寧に仕上げるのがコツといえそうです。
いよいよ2017年もスタート! ピカ子流メイクで新しい自分を表現してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ >

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録