今更聞けないメイク道具の使い方〜シリコンパフはどう使う?選び方は?〜

公開 

突如現れたシリコンパフ、ファンデを吸収せずに簡単に洗えるのでいつでも清潔に保てることが特徴です。しかしこれまでの通常のパフとは大きく違うことから、いまいち使い方がわからない方や、パフの選び方がわからない方もいるでしょう。そこで今回は、話題のシリコンパフの使い方や選び方をわかりやすくご説明していきます。

シリコンパフのフィルムははがさない

シリコンパフを袋から出してみると、おそらく多くの方が疑問に思うことがあると思います。「このフィルムみたいなのははがすの?」答えははがしません。はがそうと思ってもキレイにははがれないはずです。フィルムのようなものは気にせず、そのまま使いましょう。

裏表は気にしなくていい?

シリコンパフはどっちが表でどっちが裏なのかよくわかりませんよね。メーカーによっては裏表を指定しているものもありますが、基本的に裏表は気にせずに使ってOKです。そのため片面はファンデーション、片面はチークというように使い分けることもできます。

リキッドファンデーションを塗るのに適している

シリコンパフは、液体のものを伸ばすのに向いているパフです。そのため残念ながらパウダーファンデーションには向いておらず、リキッドファンデーションを塗るのに向いています。表面がツルツルしているのでパウダー状のものはパフにつきにくいんですね。パウダーを使われている方は、今まで通りのパフを使うのが無難でしょう。

いつもより少ない量で

シリコンパフを使うときは、いつも使っているファンデーションの量より少なめにとりましょう。シリコンでできているため、普通のパフのようにファンデーションが吸収されないのです。いつも通りの量を出すとファンデーションが余って厚塗り感が出てしまうので、少量ずつ出しながら塗っていきます。

全体に伸ばしたら軽くパッティング

横に伸ばすようにシリコンパフでファンデーションを塗っていくと、筋のような線ができてしまうことがあります。そのため伸ばし終わったら、線を消すようにパッティングしていきます。

シリコンパフの選び方

シリコンパフって、意外といろいろな形のものがあります。もっともメジャーなのはしずく形のパフです。先端部分で細かいところにも塗れるので、はじめてシリコンパフを使われる方でも扱いやすいですよ。中にはシリコンパフと普通のパフが裏表でついているタイプのものもあります。シリコンパフで伸ばした後も結局は余分なファンデを拭き取る手間がありますので、こういった裏表両面タイプのものもオススメですよ。

[メイク界に革命?!] シリコンスポンジレビュー!!!!

細かいところは塗りにくいそうですが、広い面は塗りやすいとのこと。シリコンパフと普通のパフとを使い比べて本音でレビューをしています。

シリコンパフvs普通のパフ【半顔比較】シリコンパフデビューの方に見てもらいたい

SILICONE SPONGE REVIEW

ファンデーションを取りすぎるとやはり厚塗り感が出てしまうみたいですね。少量を取り出してパッティングするように伸ばしていくとよいですよ。

【新型?!】シリコンパフレビュー

さまざまなシリコンパフを使って、使い心地を比較しています。どの形のシリコンパフを使ったらよいのか迷っている方はぜひチェック。

まとめ

シリコンパフは普通のパフと違って、ファンデーションは少量だけ取って伸ばしていくと厚塗りになりにくいですよ。そのまま横に伸ばしていくと、顔に線ができてしまうので仕上げに必ずパッティングをします。ファンデーションの量を少なめに、そして最後にパッティングをすることでシリコンパフを使ってメイクをキレイに仕上げることが可能です。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録