「green pet」簡単にミント栽培 始めてみました

植物を育てるのは難しそう。
育ててみるもののなぜかいつも枯らしてしまう。
そんな風に思っている人は、きっと私だけではないはず!

それでも植物の栽培には挑戦してみたい。
なんなら見てもよし、食べてもよしなものがいい!
こんなずぼらな私にも育てられるものはないだろうか。

ぼちぼちとネットで検索していたら、見つけました。
[green pet」
見た目はペットボトルのお茶ですが、実はこれだけでミントが育てられるそうです! 本当に~!?

早速種付け!

この栽培キットはこちらが全て

ペットボトルのふたがついた部分が実は切り離されていて、 これもちゃんと使います。
左上から:フィルター、栄養剤、水受け(タンク)、鉢
左下から:説明書、土(セラミックボール)、種、スプーン(マドラー)

手順1、 鉢のセッティング

水受けに規定量(200cc)の水を入れ、その上にペットボトルのふたの部分を外して逆さまにセット。
そこにフィルターを差し込み、水を吸い込ませます。

そして、フィルターの周りを囲うようにして土を敷き詰めます。これで鉢ができました!

手順2、種を植える

土から見えている部分のフィルターをほぐします。ここに種を植えるので、種が定着しやすいように“耕す”作業です。
ザクザクと大胆かつ丁寧にほぐします。

フィルターがほぐれたら種をのせます。
種がとっても小さい! こぼれ落ちないように注意しながら、フィルターの上にまんべんなくふりかけます。

種をフィルターに定着させます。
先ほどほぐしたところにしつかりと馴染ませるように、優しくスプーンで押し込みます。

土を優しくかけて完了!
種が完全に隠れるように綺麗に土をかけます。
隙間が空いてしまうと、その部分が日に焼けてしまって、上手に育たないそうです。

手順3.ラップをかけて明るい場所に置く

発芽するまでは直射日光を避け、窓際などの明るい場所に置きます。
土の表面の乾燥と低温になることを防ぐためにラップをふわっと軽くかけておくと発芽しやすいそうです。
日当たりのいい場所であれば、デスクの上でも0K! 汚れたり、匂ったりしません。

発芽まで2 ~3週間くらいです。楽しみですね!
「そういえば、栄養剤はどうしたの?」と思ったそこのあなた! 大丈夫です。
これは発芽した後に使います。

やってみるときの注意

種まきに適した時期は3~6月、9~11月です。たまたま6月に植えてよかった~。

水は水道水がオススメです。 ミネラルウォーターは塩素が入っていないため根腐りしやすいそうです。

ペットボトルについているgreenpetのラベルですが、これは剥がさないでそのまま使ってください。日よけの役目をし、藻の発生を防いでくれます。

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

ヘルスケア・体質 > サプリ、ハーブ、漢方

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録