一重女子必見!一重まぶたで美人とそうでもない人との違いは何?

すっきりした印象の一重まぶた。日本的でとても美しいですが、二重のぱっちりとした目元に憧れている女性も多いようです。そこで今回は、一重ならではの魅力を生かしながら「美人」と言われている女性を分析してみました。一重の女性特有のメリットや、一重美人になる方法なども一挙にご紹介します。

一重まぶた美人とそうでもない人の違いとは?

まずは、一重で美人と言われている芸能人の特徴を見ていきましょう。美を追求しているモデルや女優には、一重まぶた美人の秘訣が数多く隠されています。

黒目が大きくて、まぶたがすっきりしている

一重美人の黒木メイサさん、吉高由里子さん、多部美華子さんは、黒目がちでまぶたがすっきりとしているので、二重に負けないくらいしっかり目力があります。まぶたに厚みが無く黒目にかぶさらなければ、ぱっちり二重でなくても決して目が小さい印象にならないのです。

むくみや脂肪でまぶたが厚ぼったくなりがちな人は、日頃のケアやアイメイクですっきりと見せる事が出来ます。そして黒目を大きく見せるカラーコンタクトを付けるのも、手軽に印象が変わっておすすめです。カラーコンタクトのサイズは、不自然にならないよう自分の黒目よりも少し大きい程度のものを選びましょう。一重のナチュラルな雰囲気を生かしながら、可愛らしい目元になることが出来ます。

小顔でフェイスラインが綺麗

美しく引き締まったフェイスラインは、涼しげな一重の目元を引き立ててくれます。芸能人ではりょうさんや冨永愛さん、そして一重を生かして海外で活躍するモデルも、皆キュッと上がった小顔で上手にクールさを演出しています。
もともと全体的に顔のパーツが小さくて彫りが浅い日本的な顔だちでも、顔が小さければそれを感じさせないというメリットもあります。これはメイクでは誤摩化せない部分なので、日頃の努力が必要です。

肌が白くて綺麗

ただ目が大きい女性よりも、肌が透けるように美しい女性を「いつまでも見ていたい」と感じるものです。特に、白く透き通るような美肌と、はかなげな一重の目元は相性がぴったり。芸能人で言うと小雪さんや木村多江さんなどでしょうか。2人ともおしとやかな雰囲気がありながらも、ミステリアスな魅力で周囲を引きつける女性です。
また、一重の女性は黒髪が似合うという特徴があります。白い肌と黒髪が似合う女性は男性にも人気のある存在ですから、男性ウケもしっかり手に入れる事が出来ます。

ぽっちゃりよりもやせ形

一重でも美しい女優やタレントは、全体的にスリムな体型を保っています。ぽっちゃりも可愛らしいのですが、顔に脂肪がつくと目が細くなり重たい印象になり、一重美人のクールな印象が台無しになってしまうのです。もちろん無理なダイエットをする必要はありませんし、痩せすぎは貧相なイメージになってしまうので、女性らしさを残しながらも理想体重をキープする努力をしましょう。

自分が似合うメイクやファッションを知っている

一重美人に共通しているのは、自分の見せ方を良く知っているということです。クールな印象の天海祐希さんからキュートな印象の永作博美さんまで、顔のタイプによってメイクやファッションの選び方は違いますが、どの女性も無理に目を大きく見せようとするよりも自分の持っている雰囲気を上手に生かしています。
一重の人は、基本的にドーリーメイクよりもナチュラルなメイクの方が似合う傾向がありますが、メイク次第で顔がガラッと変わるので、色を効かせたアイシャドウなどを使っても普段の顔とのギャップを楽しめます。もともと派手顔でない女性は、厚化粧に見えにくいというメリットもあります。一重美人の一番の条件とは、自分の顔の魅力をしっかりと客観視して、それを生かすために努力出来る人なのかもしれませんね。

一重まぶた美人のメリットとは?

せっかく一重まぶたの顔立ちならではの魅力があるのに、それを生かさないのはもったいない事です。一重まぶたの女性だからこそ楽しめる魅力やメリットを分析しました。

上品さがある

二重でぱっちりとした目元の女性は華やかですが、顔がはっきりしているだけにメイクやファッションを少し間違えると派手なイメージになりがちです。一方で、一重の女性は日本的ではんなりとした雰囲気を持っている女性が多いので、落ち着いた上品な美しさを演出する事が出来ます。

知的で仕事が出来るイメージがある

一重まぶたの女性が、ビジネスの場でキリッとしたアイメイクをすると、それだけで「出来る女」という印象を与えます。これはお人形のような目元の女性では難しい事です。また、可愛らしい顔は女性に好かれにくいというデメリットもありますね。
一重ならではのクールで知的な魅力を生かしつつ、親しみやすい話し方や気遣いを見せると、そのギャップで男女ともに好かれる存在になります。

和服が似合う

和服には、スッとした流し目の似合う涼やかな目元が似合います。まさに日本の美ですから、一重まぶたの女性が和服を着ないのはとてももったいない事です。和服の似合う女性は男性に人気があるというメリットもありますね。芸能人だとあおい優さんや壇蜜さんなどが「和服が似合う男性に人気の女性」でしょうか?どちらも奥二重ぎみで、目が大きい印象では無いですね。日本的な目元や顔立ちを生かして着物や浴衣を美しく着こなしています。
このように、二重まぶた=男性にモテるというイメージを強く持っているのは女性ならではの価値観です。男性は大きな目などのパーツよりも、全体的な雰囲気を重視して女性を見ているのかもしれません。

一重まぶた美人になるための方法

それでは、実際に一重美人になるための重要なポイントをいくつかご紹介します。誰でも手軽に始められる事ばかりなので、ぜひ試してみて下さいね。

一重に似合うメイクをする

一重の目元には、ピンクやオレンジなどの暖色系のアイシャドウはNGです。目を腫れぼったく見せてしまい、垢抜けない印象になります。キツい印象を柔らかくしたい時は、薄いブラウンのアイシャドウを使い、アイラインもぼかしながら入れましょう。ナチュラルで優しげな目元を作る事が出来ます。
もしギャップを狙う場合は、ブルーやグリーンなどの寒色系のアイシャドウやアイラインを目尻だけにポイント使いすると、一重のクールさが上手に生かせます。

つけまつげなどで目を大きくする方法も若い女の子の間で流行っていますが、30歳を過ぎるとアンバランスな印象になりかねません。ビジネスの場でも、職業によっては良い印象を与えない事があるでしょう。一重でも目を大きく見せたい場合は、目尻のアイラインを少し長めに引いて、横幅を出すようにすると自然に馴染みます。どうしても縦幅を出したい時は、上まつ毛ではなく下まつ毛にたっぷりとマスカラを乗せましょう。一重まぶたの場合は上まつ毛が下がりやすいので、マスカラでまつ毛に重みを付けるのは逆効果になります。

まぶたをすっきりさせる

一重美人の条件でもあるすっきりとしたまぶたですが、むくんで厚みが出ると目を小さく見せてしまいます。もともとむくみやすい人は、日頃から目元のマッサージを怠らないようにしましょう。ホットタオルと冷やしたタオルを交互に使って、目元を冷やす・温めるを繰り返す温冷ケアも効果的です。目元がむくむ原因になるアルコールや塩分の摂りすぎにも十分注意するようにしましょう。
また、目が疲れて血行不良になっている時は、まぶたをギュッと強く閉じる・開くを繰り返すだけでも血行が促進されてすっきりします。

フェイスラインを引き締める

一重の美しさを際立たせるキュッと上がったフェイスラインは、毎日のケアで作る事が出来ます。顔のリンパを流すには、鎖骨の上下のくぼみを中心から外側に向かってマッサージすると良いでしょう。お風呂上がりや湯船の中で行うとより効果的です。
また、アゴ下と口周りの筋肉を意識しながら「イー」「ウー」と発音すると、衰えがちな筋肉を鍛えられます。小顔効果以外にも、ほうれい線を薄くする効果が期待出来ますよ。

まとめ

一重で美人と言われる女性の特徴や、一重美人を作る方法についてご紹介しました。美人の条件は、ぱっちりとした二重の目元ではありません。一重の涼やかな目元や、日本的な美しさを生かして、自分の魅力を最大限にアピールしましょう。この記事でご紹介した方法もぜひ参考にしてみて下さいね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > 美容整形

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録