酵素は飲んでも効果ない? トンデモ情報やウソも多いので注意が必要

公開 

YATA

0 0

「飲むだけで健康」「食べるだけで痩せる」なんていうサプリメントや食品は数多くありますが、その中には誇大広告であったり、説得力があるようで良く考えるとトンデモ情報であったりというものも多く存在します。
最近ではそんな中の一つとして「酵素」が注目されていますが、酵素の紹介もやはりウソやホントが入り混じって、実際の効果が分かり難い状況。
一度それらの情報を整理して、正しい利用の仕方を考えてみませんか?

◎:酵素は人の活動に必要なもの

まず、そもそも酵素の説明について。
酵素は人間が活動する際、色々な分野で利用されるもので、分かりやすい所でいうと食事によって摂取した糖質を分解して、体が吸収できるブドウ糖などに変えていく際に必要なアミラーゼなどがあります。
何となくのイメージで言えば、酵素は体内で「化学反応を起こす」ために必要なもの。食事の消化に限らず、筋肉を動かしたり、五感を働かせたりする様々な部分で利用されるため、人の活動にとって必要不可欠なものです。

△:酵素は「消化酵素」「代謝酵素」に分かれる

前述の通り、酵素は体のあらゆる部分で使われています。
もちろん消化に利用されるものや、細胞を作り出す代謝に使われる酵素もありますが、それ以外にも非常に多くの酵素があるので、この二つだけで分類を考えるのは正解ではありません。

◎:酵素は体内で作られる

酵素は人体の活動に必要不可欠なもの。当然の事ながら、その殆どは体内にて作られています。
例えば上で例に出した糖分を分解するアミラーゼは唾液に多く含まれますし、タンパク質の分解をするペプシンは胃で分泌されて働きます。

×:一生のうちに体内で作られる酵素の量は上限がある

酵素が作られる量が一生のうちで決まっているため、若い内に酵素が大量に使われてしまうと加齢とともに酵素が足りなくなる。という理論ですが、これは何も根拠のない情報です。
酵素は必要に応じて遺伝情報を元に体内の細胞から作られますが、酵素を作ると遺伝子が減るとかいったことはありませんので、生きている限りずっと作られ続けます。

ただし、酵素を作り出す能力については加齢や体調不良、ストレスなどによって低下するケースがありますので、常に必要十分が作られるわけではないという点はあっています。

〇:酵素は食事で補う事が出来る

酵素は人だけではなく、あらゆる生物が活動するために作り出している成分ですので、食事によってそれらの酵素を取り入れる事は可能です。
酵素を食事で補う例としては例えば大根の生食があり、魚と一緒に大根おろしを食べる事で酵素を取り入れ、消化が助けられる事は古くから知られています。

◎:酵素は過熱すると無力化する

酵素はタンパク質で出来ています。タンパク質は複数のアミノ酸が組み合わさる事で出来ていますが、その組み合わさるアミノ酸の種類や組み合わさり方が変わる事で独自の働きを持つようになったものが酵素なのです。
タンパク質は熱が加わると性質が変わってしまうため、酵素も過熱されると酵素としての働きが行われなくなります。
また、タンパク質ですので体内で分解されてしまえば、酵素ではなく普通の栄養素(アミノ酸)として吸収される形となります。

△:酵素を沢山とって体内にためておくと消化・吸収がしやすい

上で説明した通り、酵素はタンパク質の一種。体内に取り入れられれば食事でとったタンパク質と同様、分解され栄養素として吸収されます。
そのため、酵素を食事やサプリメントで大量に摂ったとしても酵素を保管しておく事はできず、基本的に吸収されて無くなってしまうと言えます。
ただし、その理論だけでは体内で作られているペプシンのような酵素も、自分自身を分解してしまうという話になりますよね。
体内で作られる酵素は他の酵素によってすぐに分解されるわけではありませんが、環境が変化する事で不活性化すると、分解されるようになります。例えば、ペプシンであれば胃酸が分泌される酸性の状態では活発に働き、胃酸が落ち着いて中性やアルカリ性になると不活性化します。
つまり酵素はものによってはすぐに分解されないものもあり、食事などで取り入れた酵素が全て分解されるかどうかについてはハッキリとした答えも出ていないので、可能性が無くはないとも言えます。

〇:酵素を食事やサプリメントで摂取する事で消化が助けられる

上記で説明した通り酵素を貯めておく事は難しいと考えられますが、食事と一緒に酵素を取り入れればその酵素が消化を補助する効果は発揮できると言えます。
ただし、酵素ならなんでも良いというわけではなく、しっかりと胃腸で働く事が出来る酵素を取り入れる必要があります。

×:代謝酵素を摂取する事で体の代謝がアップする

代謝酵素という表現の意味にもよりますが、代謝をアップさせるためには酵素が代謝に必要な場所に届けられる必要があります。
しかし、これまでに説明している通り食事やサプリメントで摂取した酵素は胃腸にて分解・吸収されてしまうので、細胞の代謝などに使われるという事はまずありません。
代謝酵素というのは人体が作り出す酵素の事で、胃に入れたものが胃腸から吸収されずに体の必要な箇所に移動するという事はないので注意しましょう。

△:酵素を取り入れるには酵素ドリンクなどが便利

食事で酵素を摂取するよりも、より多くの種類や量の酵素が摂取可能で、ダイエット効果を得られる。という酵素ドリンクは数多く販売されています。
ただ、市販されているドリンク類については流通時の安全性を担保するため、加熱による殺菌が行われている場合が殆ど。
酵素は熱に弱いため、加熱してしまうと無意味となります。
ドリンクでも飲む直前に粉末を水に溶かすタイプや、加熱せずに販売されているものがあれば酵素の摂取が可能だと言えます。

〇:酵素の摂取にはサプリメントが便利

酵素ドリンクではなく、酵素のサプリメントも数多く販売されています。
酵素のサプリメントは特殊な製法によって非加熱で製造されているものもあり、こうした商品であれば酵素の摂取が可能だと言えます。
サプリメントを飲む場合は食事中や食後すぐなど、体内で消化吸収が行われるタイミングに合わせましょう。
「夜食べても」という商品が多くみられますが、寝ている間は体内の活動が落ちて酵素の分泌量なども減少します。そのため、特に食べてから寝るまでの時間が短く消化が不十分となってしまう方が取り入れるものとして考えると効果を発揮しやすいのではないでしょうか。

新谷酵素 夜遅いごはんでもDIET 豊生 夜食たべてもDIET

×:生食を増やせば酵素を取り入れられて消化がアップする

食事によって酵素を取り入れるという点では、酵素が豊富な食材を生で食べる事は有効です。
しかし、だからといって食事をなるべく生で食べるようにした方が良いという話ではありません。
基本的に食事は熱を通した方が消化しやすくなりますし、酵素が豊富な食材は一部の野菜などに限られるもの。
大根など生食が適しているものは積極的に食べた方が良いですが、衛生面の問題などもありますので生食ばかり増やそうとしないようにしましょう。

△:発酵食品は酵素を沢山とれて消化に役立つ

「発酵」という言葉から酵素が多く含まれていそうに思えますが、これは間違い。
確かに発酵によって菌(納豆菌など)は増殖しますので、その分酵素の全体量は増えるのですが、そもそも発酵に必要な酵素と、消化に必要な酵素というのは全くの別物ですので、消化を補助する酵素は発酵食品だからといって沢山とれるわけではないと言えます。
「酵素玄米」など無理やり発酵させたものが推奨される場合もありますが、繁殖する菌の種類などによっては体調を悪化させる可能性もあるので、注意しましょう。

△:ファストフードや加工食品を食べると体内の酵素が減る

現代人はファストフードや加工食品などを食べ、添加物を取り入れている事から酵素の量が減ってしまっているというものですが、これは正解とは言えません。
確かに、ファストフードや加工食品のような加熱食が増えて野菜など自然のものを摂取する量が減っていれば、食事によってとれる酵素量が減っている事は間違いないのですが、そもそも人体に必要となる酵素はほとんどが体内で作られるもののため、食生活の変化ばかりが影響しているわけではありません。
ただし、酵素を作り出す原料や酵素の働きを助ける各種栄養素は食事からとっているので、食事のバランスが偏っていれば体内で十分に酵素が作られなかったり、酵素が適切に働かない状態になったりするという問題はあります。
また、体内で作られる酵素の量はストレスや体の健康具合にもよりますので、添加物などで体内にかかる負担が強くなれば作られる酵素の量が減ってしまうという事はあり得ます。

△:酵素を摂ると痩せる

酵素によって食事の脂質などが分解されるので痩せる。といった事をイメージさせる表現の商品も多いですが、これは誤解をまねきやすい表現。
さも食べすぎた栄養を無かった事にしているように見えますが、実際には酵素で食品の栄養素が分解されやすくなるので、むしろ栄養を摂取する量は増えます。

栄養が増えれば痩せるどころか太ると思いがちですが、そもそも現代人はストレスなどによって消化吸収の能力が低下しがちなため、食事から十分な栄養が吸収できず代謝が落ちている状態ともいわれていて、しっかりと栄養を吸収する事で体の代謝(エネルギー消費量)を上げる事ができるので、健康的に痩せやすくなるという効果が得られます。

十分な栄養を摂取するという事はスキンケアやトレーニングによる筋力アップなどにも重要ですので、栄養をバランスよく吸収するような食生活を目指しましょう。

まとめ:正しい知識で酵素を取り入れよう

酵素についてはこのほかにもまだ分かり難い点などがあり、また即効性がでるものでもないため曖昧なまま取り入れている人が多い状態です。
正しい知識で利用する事が、求める効果を最も発揮しやすくするために重要なポイントとなりますので、巷の情報に左右されず、酵素の性質を理解して適切に取り入れましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

YATA

 

YATAさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

顔の大きさは生まれ持った骨格だからとあきらめている人は、自分に合ったヘアスタイルを知らないだけかもしれません。じつは顔の額縁であるヘアスタイルをちょっと調整するだけで、見違えるほど顔を小さく見せることができるんです。自分の輪郭にコンプレックスを持っている人ほど効果は絶大なので、試 [»続きを読む]

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

バッチリきめたリップメイク。色もツヤも完ぺきに仕上げたのに食事やドリンクで落ちてしまうことってありますよね。コップの縁にべったりとついた口紅、口紅を塗っていたのか分からないほど色が落ちた唇。どうすればコップにリップメイクを奪い取られるのを防げるのでしょうか。コップにつきにくいリッ [»続きを読む]

奥二重の人にオススメのアイメイク

奥二重の人にオススメのアイメイク

描いても描いても埋もれてしまう奥二重さんのメイク。なかなか化粧映えしないのに、アイメイクがよれやすくて困ってしまいますよね。どうすれば崩れにくくて映えやすいアイメイクができるのでしょうか。奥二重の方必見のアイメイク方法をご紹介していきます。 [»続きを読む]

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

もとからまつ毛が多いと、ちょっとメイクをしただけでケバくなってしまいますよね。自然なメイクに仕上げたいのに、いつも濃い印象に仕上がってしまう派手顔さん。かと言ってスッピンでいるわけにもいかないものです。今回はまつ毛が長くてメイクがケバくなりやすい方に向けて、自然に仕上がるメイク方 [»続きを読む]

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

「鼻が大きいのがコンプレックス」 「どうにかして小さくしたい」 鼻の印象が変わるだけで顔のイメージも変わるため、鼻の大きさや形が気になっている方って意外と多いんです。しかし鼻の形そのものを変えるには手術しかありません。そこで活躍するのがメイクです。メイクの力を使えば大きく [»続きを読む]

サプリ、ハーブ、漢方の新着記事

【ドラックストアで購入OK!】インナードリンクおすすめ5選

【ドラックストアで購入OK!】インナードリンクおすすめ5選

体にとって必要な栄養などは、普段の食事から摂るのが1番だと思います。しかし、毎日健康的で栄養バランスの整った食生活が送れるのは難しいと感じるこの頃。だからこそ、時にはインナーケアができるor栄養を届けてくれるようなドリンクを摂取してケアしたいものです。 そこで今回は、ドラッ [»続きを読む]

美容家

船山葵

寒くなると余計にカチコチ!肩こり首こり対策のご紹介です♪

寒くなると余計にカチコチ!肩こり首こり対策のご紹介です♪

不思議なことですが、子どものときに「肩こってるなあ」とは、あまり思いませんよね。 それが時を経て、いつの間にか肩や首筋に手を当てて「マッサージ行きたいよ~」と思うようになります。 肩こりや首こりは、もう大人全てといってもいいくらい、身近な健康トラブルです。 今回は肩 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

女性の味方!よもぎ蒸しを体験してきました!

女性の味方!よもぎ蒸しを体験してきました!

韓国発祥のよもぎ蒸し。 以前から興味がありましたが、近場に体験できるサロンがなくて、そのまま時間だけが過ぎていきました。 ところが先日! ホットペッパービューティーで検索したら・・・近場のエステサロンによもぎ蒸しメニューが! これは是非試さねば、とサロンへGO! [»続きを読む]

鈴木のぞ美

ピルを飲んだ数年間の過程と変化、そして今

ピルを飲んだ数年間の過程と変化、そして今

低用量ピルが解禁されて、もう大分経ちましたね。でも、まだまだ女性の間で浸透しているとは言い難い状況です。 筆者は今は低用量ピルユーザーですが、以前は中容量のピルを服用していました。 そのときに起こったこと、そして低用量ピルに切り替えて変わったこと、などをお伝えしたいと思い [»続きを読む]

鈴木のぞ美

苦しい便秘とサヨナラしたい!  便秘対策あれこれです♪

苦しい便秘とサヨナラしたい! 便秘対策あれこれです♪

多くの女性が悩む便秘。1度も経験がない人は珍しいのではないでしょうか。 かくいう筆者も、若い頃は便秘知らずだったのですが、アラサー辺りから便秘が友達になってきました。 悩んでいる友人の中には、二週間出てないのがデフォルト、という猛者まで居ました。 さすがに二週間は経験が [»続きを読む]

鈴木のぞ美

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録