頭皮の乾燥を防ぐシャンプーの選び方は、これだけ覚えておけばOK

公開 

なぎ

0 0

洗浄力が強すぎるシャンプーが頭皮の乾燥を招き、髪の育成環境を悪化させるなどヘアトラブルの元になっている事は多くの消費者が知るようになってきましたが、じゃあ結局どういうシャンプーを選べばいいのかがよく分からないという人も多いのではないでしょうか。
今回は、シャンプーを選ぶ際に見ておきたい一番重要なポイント。洗浄成分について紹介します。

頭皮トラブルは強すぎる洗浄成分が問題

シャンプーを選ぶ時一番に注意したいのが、洗浄成分。
頭皮の汚れを浮かすため、シャンプーにはかならず脂を除去しやすくするための洗浄成分(界面活性剤)が配合されていますが、この洗浄成分が強すぎると頭皮が元々持っている保湿成分まで洗い流してしまうため、乾燥や頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。

逆に、洗浄成分の強さが適切で、頭皮に優しい成分であれば頭皮環境は頭皮が本来持っている力で回復していきます。
シャンプーは洗い上がりのしっとり感や軽さ、ツヤや香りなど好みに合わせて色々な選び方がありますが、洗浄成分については刺激になりやすいものとなりにくいものが分かりやすいため、まずは洗浄成分を見て、あとは使ってみて洗い上がりが気に入るかどうかで決めると良いでしょう。

【避けるべき】頭皮の乾燥を招く洗浄成分

具体的に、強すぎる洗浄成分で頭皮の乾燥を招く洗浄成分には以下のようなものがあります。
シャンプーの裏面などに記載された全成分表示を確認して、紹介しているような成分名が書いてあったら他のを選んだ方が良いでしょう。

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na

シャンプーの洗浄成分として、昔からよく利用されているもので一番避けた方がいいものが「硫酸」という言葉が入ったこれらの成分。Na部分はアンモニウムやTEAなどちょっと違うものもあります。
ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naは「高級アルコール系」と分類される洗浄成分。高級というのは値段の事ではなく、化学式の特徴によるもの。洗浄成分の中ではむしろ安く大量生産でき、洗浄力が強く泡立ちが良いため、多くのシャンプーに使用されています。

高級アルコール系の洗浄成分は洗浄力がかなり強く、頭皮が本来もっている保湿成分も洗い流してしまう事から、頭皮の乾燥を進行させてトラブルを誘発します。
また、強い洗浄成分で髪がきしむのをごまかすため、ポリマーなど髪をサラサラにする成分などが一緒に配合されている事も多く、これも頭皮のトラブルを引き起こす原因となっています。

オレフィンスルフォン酸Na、スルホコハクラウレス2Na

高級アルコール系よりは刺激が弱いものの、それでも洗浄力が強すぎる傾向にある成分。
頭皮が脂っぽくなる思春期あたりやオイリー肌タイプの人であれば、丁度いい使用感になるとも言えますが、頭皮が乾燥しやすい時期や年齢には避けた方が無難です。

カリ石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム

カリ石けん素地や脂肪酸ナトリウムという洗浄成分は、いわゆる「石鹸」の成分。普通の純石鹸で頭を洗った事がある人は分かると思いますが、洗浄力が強く髪が軋みます。
高級アルコール系の洗浄成分よりは乾燥させにくく、刺激もマイルドであるものの、保湿ケアが行いにくい頭皮の場合は洗浄後に保湿もしにくいので、石鹸系の洗浄成分でも強すぎると言えます。

汗をかきやすい暑い季節や、体質的に頭皮がべたつきやすいなど、どうしても強めの洗浄力のものが使いたい場合には選んでも良いと言えますが、基本的には避けた方が無難です。

脂肪酸系の他、ラウリン酸Kやオレイン酸Kなどのものもあります。

【選ぶべき】適度な洗浄力で頭皮ケアに良い洗浄成分

避けるべき洗浄成分ではなく、適度な洗浄力で頭皮のケアに向いているものは以下のようなものがあります。

コミカドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン

「ベタイン」という言葉が入った成分は、天然由来成分で刺激の少ない洗浄成分。
また、性質がやや特殊で、使われる状況に応じて汚れを浮かす界面活性剤として働いたり、髪や肌に付着して保湿成分として働いたりします。

洗浄力が弱く、頭皮に対しての刺激が少ないため、肌が弱くても利用できる洗浄成分の一つ。頭皮のケアという点では是非利用したい洗浄成分です。

ただし、洗浄力が弱いという事は汚れを落としきれないという場合もあるため、他のシャンプーを時々併用するなど使い方に工夫が必要となる場合もあります。
また、保湿成分としても働くという事は頭皮に残りやすいという性質でもあるため、すすぎをしっかりと行って入念に洗い流す必要があります。

ココイル~、ラウロイル~、ココアンホ~

ココイルグルタミン酸TEAやラウロイルメチルタウリンNaなど、成分名の頭に「ココイル」「ラウロイル」「ココアンホ」などの名称がついている成分が書いてあれば、だいたい肌に優しい洗浄成分です。
同じような表記でも、「アミノ酸系」「PPT(タンパク質)系」「タウリン系」という形で更に分類する事はできるのですが、どれも刺激が弱く乾燥しにくい洗浄成分。
成分名に「コラーゲン」や「シルク」などが入るPPT系洗浄剤は、洗浄だけではなく髪の補修までする作用を持つ為、頭皮ケアと同時にダメージヘアのケアにも向いています。

コカミドDEA、コカミドMEA

洗浄成分としての働きがありますが、洗浄力はあまり無く、他の洗浄成分の補助をする役割として配合される事が多い成分。
コカミドDEAなどが直接頭皮の刺激となる事は少なく、また他の洗浄成分の刺激を和らげてくれる働きを持つ為、配合されているシャンプーは頭皮ケアに向いているといえます。

一部の情報では発がん性やアレルギーなどの可能性が指摘されていますが、シャンプーへの配合であれば経口摂取や多量に肌につけるというものではないので、安全性としても特に問題が無いと考えられます。

成分面からみた肌への刺激だけでは判断が難しい面も

以上が、シャンプーを購入する際に見ておきたい、成分表にかかれた洗浄成分の見分け方です。
しかし、実際の洗浄力の強さは洗浄成分がどの程度の分量で配合されているかにもよるため、高級アルコール系を使っているから絶対にダメだとか、ベタイン系だから絶対に肌に優しいというものではありません。

あくまでも、強い洗浄成分を多く使っている場合は頭皮への刺激があまり考慮されていない可能性があるなど、その商品の傾向を掴むのには適していますが、実際の刺激は商品を使ってみるしかない部分もあります。
まずは洗浄成分であまり推奨されないようなものを使っていないか。頭皮への刺激が少ない成分を多く利用しているかを一つの目安として、その上で質感などが納得できるような商品を選ぶようにしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

スキントラブルの中でも特に多い「ニキビ」。 色んなケアグッズがありますが、腫れを抑えるものや保湿するものなど色んなアイテムがあるのでどれを使えばいいのか、どんな組み合わせが良いのか迷ってしまいますよね。 [»続きを読む]

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

「唇が分厚くて目立ってしまう」 「妙に輪郭がくっきりしていてリップのカラーが映えない」 ボリューム感のある唇はセクシーな印象がありますが、メイク全体のバランスを考えると薄く見せたい、存在感を薄めたい、と思う場合もあるでしょう。そんな唇のお悩みもメイクで解決できるんです。難 [»続きを読む]

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

忙しい女性がすき間時間にサッとできる小顔ケアといえば、コロコロ転がすだけの小顔ローラーが人気ですね。プチプラからちょっとお高いものまでたくさんの商品が販売されていますが、それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで今回は、小顔ローラーの素材から形状まで、そ [»続きを読む]

頭皮ケアの新着記事

髪や爪が早く伸びる人には何か特徴があるの? ぐんぐん伸ばすための方法5選

髪や爪が早く伸びる人には何か特徴があるの? ぐんぐん伸ばすための方法5選

髪や爪を切っても、あっという間に伸びる人と伸びない人がいますよね。では髪を切った後に失敗した! と思った時などは「早く伸びて・・」と思いますが、自分の努力で早く伸ばすことはできるのでしょうか? この記事では、髪や爪はどうして伸びるのか、などの基本的なことから、髪や爪を早く伸ばす [»続きを読む]

YATA

夏のバスタイムにはこれ!北海道和ハッカシャンプー&コンディショナーでスッキリ頭皮に♪

夏のバスタイムにはこれ!北海道和ハッカシャンプー&コンディショナーでスッキリ頭皮に♪

日本の夏はジメジメして頭皮もベタつきがちですよね。 ここではそんなジメジメした夏の、バスタイムにぴったりな清涼感のある「すーっと香る 北海道 和ハッカ シャンプー&コンディショナー」をご紹介します! [»続きを読む]

佐久間愛素佳

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

jobikai お悩み解決辞典

次の流行? クリームであらう"泡立たないシャンプー"の良さとは

次の流行? クリームであらう"泡立たないシャンプー"の良さとは

毎日しっかりシャンプーしているのに、頭が痒くなったり皮脂でべたつくという人。それは皮脂が落とせてないのではなく、皮脂を落とし過ぎている事が原因かもしれません。 髪を洗いすぎない“欧米式”のケア方法にならった泡立たないシャンプーなら、そんな悩みを解決できるかも! 最近ではシャン [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

パサつきやかゆみともお別れ!この時期だからこそ気を付けたい髪のお手入れポイント

パサつきやかゆみともお別れ!この時期だからこそ気を付けたい髪のお手入れポイント

季節はすっかり秋。金木犀の香りがどこからかただよい、からりとした風にときどき肌寒さを感じたりもします。“乾燥”を肌で実感するようになる季節、スキンケアも大切ですが、髪やボディの保湿にも力を入れていきたいですよね。今回はそんな時期だからこそ見直したい、基本のヘアケアについてお伝えし [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録