たった2ステップ! 乾燥による化粧崩れを防ぐ&直す簡単ケア

冬になると、寒さと一緒に乾燥が私たちを襲ってきます。
そんな中、メイク崩れが気になるという方も多いのでは?
私もこの時期は気が付くと粉をふいていたり、皮脂でメイクが浮いていたり、昼間の化粧直しの頻度が夏の倍くらいに…。
そんな悩める乾燥女子の皆様に乾燥による化粧崩れを防止するテクニックやポーチにいれておきたいアイテムを紹介します。

メイク崩れの原因は乾燥と皮脂の過剰分泌

乾燥によるメイク崩れ

冬は外が乾燥しているのはもちろん、エアコンによってかなり乾燥してしまいます。
そのことから化粧品の肌への吸着力が落ちてしまい、粉吹いたり、カサカサしたりといった化粧崩れを引き起こしてしまうのです。

皮脂の過剰分泌による化粧崩れ

また皮脂の過剰分泌も原因のひとつ。
乾燥することにより肌から水分が奪われ、肌の防御反応で過剰に皮脂を出そうとすることで、メイクの油分が皮脂と混ざり合い一緒に流れたり浮いたりしてしまうのです。特に皮脂による化粧崩れは毛穴の角質が浮き出て見えるようになることもあり、よりごわごわした肌に見えます。

スキンケアの仕方が原因となっていることも

メイク崩れしてしまう場合、お肌の乾燥や皮脂の過剰分泌の他に、下記のようなお化粧前のスキンケアの仕方が原因の場合も多くみられます。

  • 洗顔時のお湯の温度が熱すぎる(30℃くらいがベスト)
  • 水分が肌に残ったままメイクを始めている(朝急いでいるとやりがち・・・)
  • 保湿が十分に行われていない
  • 保湿クリームなどの塗りすぎ

保湿しないと乾燥するし、塗りすぎも肌に影響があるなんて冬のお肌は大変ですね・・・。

乾燥によるメイク崩れを直すテクニック

粉をふいてしまっている場合は、お肌に油分を補ってあげることが大切。なので、油分の含まれているリップクリームやコンシーラーを活用しましょう。

やり方

1、粉をふいている箇所にリップクリームをくるくると馴染ませる。(スティックタイプの美容液を持ち歩いていればそれを塗りこんでもOK)
2、ハンドプレスをしてしっかり押し込む

化粧直し用のスプレータイプの化粧水もありますが、粉をふいている場合すぐに蒸発してしまうことから、逆に乾燥してしまう可能性があります。
肌につけるものは油分のあるものにしましょう。

部分的なメイク直しには、乳液やコンシーラーを使うことがおすすめ。
化粧崩れをおこしやすい目元やほうれい線、小鼻などにポイントで塗りこむだけです。
あとはパウダーをのせれば自然な仕上がりになります。

唇の乾燥にも

また唇のカサカサが気になるという時ありますよね。
そんなときに唇を舐めてはいけませんよ。

1、リップクリームをたっぷりと塗りこむ
2 、少し時間をおいて皮がふやけてきたら、綿棒でやさしくマッサージする
3、余分なリップクリームをふき取り、口紅をつける

唇はデリケートな箇所なので、綿棒をあてるときは優しくし、1日に何回もやらないようにしましょう。

朝メイク前の保湿ケアでメイク崩れを防ぐテクニック

次の日の朝からは、化粧崩れを起こしにくくするためスキンケアを見直してみましょう。

1、化粧水はコットンではなく手で包み込むように肌に浸透させる。
2、乳液やクリームを塗ったら軽くティッシュオフする(余計な油分が残っているとメイクが崩れやすくなるため)

朝からスキンケアを工夫するとメイクのノリも良くなります。
また皮脂やテカリを防止する下地なども取り入れると効果的です。

次の日からポーチにいれよう!乾燥によるメイク崩れをサポートするアイテム

乳液は綿棒にしみこませた状態でラップなどにつつんでポーチに入れておくといいかもしれませんが、正直面倒くさい・・・。
そんなずぼら女子の南紫がおすすめアイテムを紹介します。

・RMK Cotton Stick
綿棒の片側にクレンジングローションを馴染ませたようなポイントメイク直しアイテム。これをポーチの中に入れておけばササっと化粧崩れを直すことができます。

RMK公式サイト

・CANMAKE クレンジングスティック
キャンメイクのポケットレスキュー。メイクの上から簡単にメイク直しができるクレンジングスティックです。柔らかいスティックが肌に馴染みやすく、角を使えば細かいところも修正できる便利アイテムです。キャンメイクなのでもちろんプチプラの600円(税抜)!!

CANMAKE公式サイト

まとめ

今なんとかしたい!
というピンチにも対応できるようにポーチの中のものでできるメイク直しと、朝のスキンケアの注意点を紹介しました。やり方を変えるだけでも効果のある方法なので明日から始めることができますよね。 ぜひ試してみてくださいね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

3 3

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録