「はなうがい」で小顔!? GENKINGの美容法鼻うがいを1週間試してみました

シャープな小顔の持ち主GENKINGさんの小顔の秘密は、なんと鼻うがい。鼻の奥には実は老廃物がたくさんたまっていて、それが顔のむくみの原因の一つになっているとか。健康アイテムの意外な美容法についてご紹介します!

小顔にこだわるニューカマーGENKING

男性でありながら美へのこだわりは女性以上に意識が高いGENKINGさん。シャープな小顔に見えますが、実はご本人曰く、顔がむくみやすいとか。小顔に見せるためのテクニックをたくさんお持ちだそう。

そこで今回紹介してくれる小顔レシピは、なんと「鼻うがい」。

そんな話、みなさん知っていましたか!?

街の人の反応は……

「口から出すやつですよね?見たことあるかも」
「(小顔効果があるなんて)え〜そうなんだ、なんで?」
「知らなかった」「良いな〜」
「やろう!」

みなさんやはりその意外性に驚いているようですね!

鼻うがいとは

鼻うがいは、水などを鼻から入れて、口から吐き出し、鼻の奥を洗浄する方法です。
花粉などを洗い流す時などに使われます。

ドラックストアなどに、鼻うがい用の液体のほか、さらに鼻に入れやすいように専用のボトル(シャワー)付きで売っているものもあります。

鼻うがいで本当に小顔になるのか?一週間試してみました!

まだ世に浸透していない鼻うがいの小顔効果。興味はあるものの、本当に効くの?とやはりちょっとギモンが残る……
そんなわけで、顔のむくみが気になるという女美会スタッフが一週間鼻うがいを続けてみました。

顔全体が、なんとなくスッキリしたように見えます。
なんだか効果がありそうですね!

でも、やっぱりみなさん気になるのは、実際の使用感ではないでしょうか。
一週間試した加藤スタッフに、実際の使用感について聞いてみました。

Q痛みはないの?

A毎回、液で鼻を開通させる瞬間だけ痛い

「一瞬だけ痛いです。鼻うがい液を片方の鼻から入れて、もう片方の鼻から出していたのですが、液が鼻を通る瞬間は、プールで水を吸ってしまった時のような痛みを感じます。
でも、一度開通すると、鼻の痛みは全くありません。
何回やっても、開通させる瞬間だけは痛いです。」(加藤)

Q鼻うがいは簡単?

A難しかった

「私の場合、なんどやっても口から出すことができず、鼻からしか液が出せませんでした。そのためコツは・・・わかりません」(加藤)

Qどのくらいの頻度・タイミングでやるの?

A体験期間中は1日1回

「基本は1日一回でした。鼻のムズムズが気になって2回やった日もありました。
決まったタイミングはなく、気づいた時にやるようにしました。お風呂前や帰宅してすぐが多かったです。」(加藤)

Qやる時に注意するポイントは?

Aボトル(シャワー)付属の鼻うがい洗浄液を使う

「ボトルがセットになった洗浄液を使った方がいいと思います。無理に自分でやろうと思うと、鼻や耳が痛くなる気がします。」(加藤)

Q小顔以外に感じた効果や変化は?

A鼻づまりが改善された気がする

「あくまで個人的な印象ですが、季節の変わり目で鼻づまりになることが多いのですが、その予防になっているような印象は受けました。」(加藤)

抵抗感が強い人も多そうな鼻うがい、花粉症の季節ということもありますので、鼻づまりケアのついでにでも試してみるのもアリかも。

アイテム紹介

GENKINGさんのおすすめは、「ハナノア」(シャワータイプ)です。パッケージに「痛くない」と書いていますが、GENKINGさん曰く、「はじめは痛い」そうです。

この商品の良いところは、ハナに液体を流しこむ専用のシャワーが付いている点です。これがないとなかなかテクニックがいるようなので、鼻うがいを初めて試すという方は、シャワー付きを買ったほうが無難ですね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > 顔痩せ・小顔

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録