夕方の目の疲れ・むくみを解消する方法

公開 

お悩み解消 メイク&ケア

0 0

辺りが薄暗くなるころになると、体に疲れがたまってきますよね。その疲れ、もしかしたら顔にも出ているかも。夕方になると目の周りが浮腫んだり、目がショボショボして疲れたりしていませんか?お疲れ顔は老けて見られる大きな原因です。目の疲れや浮腫を解消する方法をご紹介していきます。

目の疲れを解消する方法

誰もが一度は夕方になるとだんだんピントがぼやけて目がショボショボするという経験をしたことがあるでしょう。なぜ目が疲れてしまうのでしょうか。原因は目のピント調節をしている筋肉にあります。パソコンをずっと眺めているとピントが長い時間同じ距離に保たれるので、目の筋肉が凝り固まってしまうのです。つまり目の疲れは筋肉の疲れなんですね。

ツボを刺激する

目の周りには多くのツボが集まっています。眉頭の横にある攅竹(さんちく)、目頭の横にある睛明(せいめい)、黒目から下に下がったところにある承泣(しょうきゅう)などのツボが密集しているのが特徴です。目が疲れたなと感じたら、これらのツボを刺激していきましょう。ツボをぐっと指で押さえて離す、指で押さえて離すを10回ほど繰り返します。

目薬を使う

疲れ目をすぐに解消したいなら目薬の力も借りてみましょう。疲れによく効く成分としてはビタミンB12がおすすめ。ビタミンB12は赤い色をしているのが特徴です。そのため赤い色の目薬を選べばビタミンB12が配合されています。この他にピント調節機能を調整してくれるネオスチグミンや、目を潤いで守ってくれるコンドロイチンなども配合されていると、疲れも取れやすいでしょう。

ビタミン剤を使う

ビタミンB1、ビタミンB6、そしてビタミンB12が配合されたビタミン剤は、目の疲れ対策としてとてもおすすめ。疲れた筋肉を補修し、ショボショボする目を改善してくれます。ビタミン剤はサプリメントよりも医薬品を選びましょう。医薬品ならしっかり目の疲れに効いてくれます。

目の浮腫みを解消する方法

目のむくみはマッサージによって意外と簡単に解消できます。人差し指を黒目の下にある骨のくぼみのところにあてます。骨のくぼみに指を添わせて、指を上下に動かしなら目の周りをマッサージしましょう。痛気持ちいいくらいの強さが丁度いいですよ。目の周りのマッサージを5周くらいしたら、次は目頭からこめかみにかけて余計な水分を流すようにマッサージしていきます。こめかみのところまで指を持っていったら、ぐっと強めにこめかみを押します。これも5回くらい繰り返しましょう。このマッサージをすれば浮腫みも取れますし、目の疲れも和らげられますよ。

目の疲れや浮腫みの対策方法を動画でチェック

では実際にどういう手順で疲れや浮腫みの対策をしているのか、動画でもその方法を見ていきましょう。動画だと細かいポイントもわかるのでぜひチェック。

目の疲れを取るマッサージ

簡単に目の疲れを取れるマッサージ方法を紹介しています。誰でも簡単にできる2種類のマッサージ方法を覚えれば、目が疲れてもすぐにリフレッシュできますね。

【ダイエット】3分で寝起きむくみ解消法【顔痩せ】

本格的に浮腫を解消したいなら、デコルテや首からしっかりマッサージすると効果的です。目の浮腫みだけ解消したい方は眉毛の上をゴリゴリするマッサージだけやってみてもいいですね。

目の疲れにおすすめのアイテム3選

浮腫みはマッサージである程度すぐに解消できますが、目の疲れはそうもいかないですよね。そこでぜひ常備しておきたいおすすめのアイテムをご紹介します。

【第2類医薬品】サンテPC 12mL

目の疲れに効くビタミンB12、そしてピント調節機能を整えるネオスチグミンが配合された目薬です。パソコンを見すぎて目がヒリヒリするのを抑える抗炎症薬も配合されています。

【第3類医薬品】新ネオビタミンEX「クニヒロ」 270錠

目の疲れや肩こり腰痛対策でお馴染みのアリナミンと、まったく同じ処方でお値段が割安なビタミン剤です。ビタミン剤は数ヶ月続けて使うことで効果を実感しやすくなります。

アイマッサージャー目元マッサージャーMansso 2019年改良版

ホットアイマスクとマッサージャーをあわせたアイマッサージャーはどうしても取れない目の疲れにはとてもおすすめ。まるでぐっと目の周りを押されているかのような圧が目の疲れを緩和します。

まとめ

目の疲れや浮腫みはマッサージで取り除きましょう。ツボを押したり目の周りをしっかりマッサージしたりすることで疲れや浮腫みは軽減されます。また目の疲れがツライ方は目薬やビタミン剤を使うのもおすすめ。自分に合う対策方法を見つけていつでもスッキリした目元を手に入れましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

お悩み解消 メイク&ケアさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

まぶたがむくんでいるときに、目元をぱっちり見せる方法&メイク

まぶたがむくんでいるときに、目元をぱっちり見せる方法&メイク

朝起きたらまぶたがむくんで腫れぼったい。むくんだまぶたを見ていると、なんだか気分も上がりませんよね。メイクもうまくのらないし、見た目もどんより。そんなまぶたのむくみをすぐに解消できる方法があります。むくみを取ってぱっちり目元に見せる方法をご紹介していきます。 [»続きを読む]

1日だけでも! 即効で歯を白くキレイに見せる方法ってあるの?

1日だけでも! 即効で歯を白くキレイに見せる方法ってあるの?

白くてキレイな歯は誰もが憧れますよね。歯が白いだけで笑顔もステキになり、顔色もパッと明るく見えます。また歯が白いだけで3歳も若く見られるというデータもあります。これは歯を白くしないわけにはいきません。でも白くしようとしてもなかなかすぐに白くするのは難しいもの。そこで今回は「今日だ [»続きを読む]

自宅で簡単にできるネイルケア 爪の甘皮の整え方

自宅で簡単にできるネイルケア 爪の甘皮の整え方

爪の甘皮って処理していますか? 意外と気にされていない方もいるかもしれませんが、きれいな指先を作るなら甘皮のお手入れもぜひやっていきたいところ。甘皮があると指先が乾燥しているように見えてしまうので注意したいですね。また甘皮の処理をキレイにしていないと、ネイルがはげやすくなるデメリ [»続きを読む]

カラコンに頼らずに黒目を大きく見せるメイク方法

カラコンに頼らずに黒目を大きく見せるメイク方法

黒目を大きく見せて可愛くなりたい!だけどカラコンはちょっと…という方におすすめなのが、黒目を大きく見せるメイク方法です。カラコンを使わなくてもメイクの力で黒目をぐっと引き立てたメイクができます。「カラコンしているの?」と聞かれるくらい大きな黒目をゲットできるメイク方法をご紹介して [»続きを読む]

自然な涙袋を手に入れたい! 自分でできるトレーニング法

自然な涙袋を手に入れたい! 自分でできるトレーニング法

ぷっくりした涙袋って憧れますよね。涙袋があるだけで目が大きく見え、表情も明るく見えます。メイクで涙袋を作る方法もあるけど、できればメイクなしで涙袋が欲しいところ。そんなときは涙袋を作るためのトレーニングがおすすめ。スキマ時間でも簡単にできるトレーニングで、いつでもぷっくりとした涙 [»続きを読む]

健康法の新着記事

あなたはぐっすり眠れてますか? 良い睡眠のためのHow to です。

あなたはぐっすり眠れてますか? 良い睡眠のためのHow to です。

皆さん、ぐっすり眠れてますか? 睡眠は美容にも健康にも大きな影響を及ぼします。 筆者は長らく不眠症で、一時期は睡眠薬を服用していました。確かに眠れるのですが、起きて数時間は頭が働かない、起き抜けは足がふらつく、など、できれば止めたいと思い、いろいろと試してみました。 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【愕然】血液クレンジングって美容に良いの? 海外論文など含め調査しました

【愕然】血液クレンジングって美容に良いの? 海外論文など含め調査しました

今、複数のタレントなどの間で話題になっているとして取り上げられている「血液クレンジング」をご存知でしょうか? 実はこの血液クレンジング療法は、最近出来てきたというものではなく、少し前から一定数のクリニックが取り入れていた治療法。 何故今ブームとして取り上げられているのか、その [»続きを読む]

やなぎた

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

なぎ

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

なぎ

酷使している目の疲れに、効果的なケアアイテムをご紹介です♪

酷使している目の疲れに、効果的なケアアイテムをご紹介です♪

日常の生活で、目って本当に使ってますよね。 パソコン、スマホは言わずもがな、私たちは生活する上でいろんなことを視覚に頼っています。 ですから目が疲れるのは当然! 筆者は裸眼の視力が相当悪くて、眼鏡やコンタクトレンズもあまり度をあげないようにしてもらっています。 度をあ [»続きを読む]

鈴木のぞ美

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録