にきびに日焼け止めは塗って良い? ニキビ予防には紫外線ケアも大切

公開 

なぎ

0 0

美白を目指すなら日焼け止めは絶対に必要なアイテムですが、ニキビが出来ている部分に日焼け止めを塗っても大丈夫? と心配になりませんか?
紫外線とニキビの関係や、にきびがある場合のUVケア対策方法をご紹介します。

紫外線もニキビが出来る&悪化する原因の一つ

にきびが出来てしまう原因としては肌の乾燥や摩擦刺激、皮脂をドロドロにしてしまう食事を始めとした生活習慣などがしられていますが、実は紫外線による刺激もニキビを作る原因となったり、悪化させる原因となったりします。

紫外線が当たると角質が厚くなる=毛穴が詰まってニキビが出来やすい

紫外線が肌へのダメージになる事は周知の事実ですが、強い紫外線が肌にあたると、人の体は紫外線から人体を守るためにいくつかのバリア機能を働かせます。
その一つがメラニンの生成による「日焼け」ですが、この時実は肌の角質自体も厚くなったり、硬くなったりという変化を起こします。肌を黒くして紫外線から身を守るだけではなく、肌そのものを厚くする事で肌内部のダメージを防ぐのです。
この働き自体は必要な事ですが、肌が硬く、厚くなるという事は毛穴も詰まりやすくなるという事。つまり、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

肌が乾燥しやすくなりバリア機能&柔軟性低下

紫外線による肌のダメージは、肌が火傷を負っている状態。細胞がダメージを受けているため、潤いを保つ機能が低下して乾燥しやすくなります。
肌は水分や油分によって潤いを保つ事で、肌表面での菌の繁殖などを防ぐバリア機能や、肌の柔軟性を保っています。肌が乾燥するとこの機能が低下するため、肌に存在するニキビ菌が増殖しやすくなったり、柔軟性を失った肌に角栓が詰まりやすくなってニキビが出来やすくなったりという状態になります。

ニキビがあってもなくても日焼け止めは利用するべき

以上のように、肌が紫外線によるダメージを受けるとニキビが出来やすく、さらに悪化しやすくなるため、日焼け止めは絶対に利用するべきアイテム。
ただし、日焼け止めの選び方によっては肌への負担も強くなるため、使う日焼け止めはしっかりと選びましょう。

紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤の日焼け止めを選ぶ

ニキビが出来ている肌は、肌がダメージを受けて炎症している状態。肌に負担をかければ、その分ニキビも悪化しやすくなる肌の状態です。
日焼け止めには紫外線吸収剤という紫外線を吸収して無害化するものと、紫外線散乱剤という紫外線を反射して無害化するものの2種類がありますが、紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こす物質のため、肌に負担となりやすいデメリットもあるもの。

紫外線吸収剤の方が塗った時に透明になって目立ちにくいという利点はありますが、ニキビが出来ている状態では炎症を悪化させてしまう可能性もあるので、紫外線散乱剤のみを使った肌への負担が少ないものを選ぶようにすると良いでしょう。

無添加やオイルフリーのものがおすすめ

肌への負担を避けるという点では、なるべく防腐剤や香料・着色料が少ないものを選んだ方が、肌への刺激は抑える事が出来ます。
長期保存が必要となるコスメの場合、完全に防腐剤が配合されていない商品を選ぶ事は難しいですが、香料などについては使っていないものを選びやすいので、まずは香料などが入っていないものを選ぶと良いでしょう。

また、ニキビは毛穴の中で皮脂を栄養分にして雑菌が繁殖している状態。つまり、油分はニキビ菌の栄養となって余計に悪化させてしまう可能性も高いので、なるべくオイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

ノンコメドジェニックのものは特におすすめ

最近はコスメの特徴として「ノンコメドジェニック」と書かれたものが増えてきています。
ノンコメドジェニックとは、ニキビが出来たり悪化したりしにくい成分配合で作られた化粧品という意味で、ニキビを治すというわけではありませんがニキビに悪影響となりにくい処方になっているものです。
ノンコメドジェニックの日焼け止めも数多く販売されていますので、商品選びの際は是非参考にしてみてください。

ニキビ肌に日焼け止めを使う場合はいつも以上に保湿をしっかり

ニキビを改善するためには、肌の潤いをしっかりと保つ事が大切。
日焼け止めは肌に蓋をする働きをするので、事前にしっかりと化粧水で肌に水分を与えたり、セラミド等肌の内部に浸透して内側から保湿するケアを行っておく事で、肌をより健康な状態に保ちやすくなります。

また、肌を潤わせておく事で洗顔の時も負担をかけずにメイクや日焼け止めを落としやすくなりますので、いつも以上にしっかりと保湿をしてから日焼け止めを使うようにしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

スキントラブルの中でも特に多い「ニキビ」。 色んなケアグッズがありますが、腫れを抑えるものや保湿するものなど色んなアイテムがあるのでどれを使えばいいのか、どんな組み合わせが良いのか迷ってしまいますよね。 [»続きを読む]

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

「唇が分厚くて目立ってしまう」 「妙に輪郭がくっきりしていてリップのカラーが映えない」 ボリューム感のある唇はセクシーな印象がありますが、メイク全体のバランスを考えると薄く見せたい、存在感を薄めたい、と思う場合もあるでしょう。そんな唇のお悩みもメイクで解決できるんです。難 [»続きを読む]

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

忙しい女性がすき間時間にサッとできる小顔ケアといえば、コロコロ転がすだけの小顔ローラーが人気ですね。プチプラからちょっとお高いものまでたくさんの商品が販売されていますが、それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで今回は、小顔ローラーの素材から形状まで、そ [»続きを読む]

にきび・いぼ・おできの新着記事

ニキビ痕に効果なし?! ケミカルピーリングの効果とは

ニキビ痕に効果なし?! ケミカルピーリングの効果とは

ポツっとした隆起のあるニキビは落ち着いてきたものの、なかなか消えてくれない赤みのニキビ痕。 何もしなければ約半年でほぼ改善されるという文献もありますが、長引けば長引くほど紫外線の影響でシミに移行してしまうことも。 とにかく少しでも早く消えて欲しい! そんな思いから今回私 [»続きを読む]

Ayana Okada

普段できないのに急にニキビができた!という時にやるべきスキンケア&対処法

普段できないのに急にニキビができた!という時にやるべきスキンケア&対処法

普段から対策をしているし、そもそもニキビができにくい、そんな方でも、ちょっとした油断や生活の変化で急にポツッとできてしまうことはあります。 普段ニキビができない人ほど、ニキビができた時にどうすればいいのかわからず戸惑うものです。 急にできたニキビや吹き出物は、体からあなた [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

大人ニキビができちゃった!知っておくと慌てない!正しい対処法と化粧品の選び方

大人ニキビができちゃった!知っておくと慌てない!正しい対処法と化粧品の選び方

秋がグッと深まり、毎日の気温差も大きくなっていますが、体調を崩したりはしていませんか? 体調と同じだけ、お肌の調子も崩しやすい今の時期。お肌にトラブルが出てしまった!という人も多いのではないかと思います。中でも今回は、悪化すると痛くなってしまうこともある大人ニキビについて、対処 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

ニキビケアでやってしまいがちな、「実はNG」な行動

ニキビケアでやってしまいがちな、「実はNG」な行動

思春期はとっくに過ぎたのに、何故か無くなってくれないニキビ。 少しでも良いケアを…と、ネット検索したり、本を読んだりしては試している、私もそんな1人です。 そこで私が経験から学んだ、ニキビについ良かれと思ってやってしまいがちだけど、実はNGな行動を7つご紹介します! [»続きを読む]

Ayana Okada

繰り返すニキビに「私だけの取説」を。  DNA診断でわかる肌リスクと対策法

繰り返すニキビに「私だけの取説」を。 DNA診断でわかる肌リスクと対策法

女性の社会進出が当たり前となった昨今、男性陣と肩を並べガムシャラに働く女性たちも少なくないはず。 そんな私たちを悩ます憎っくき敵、ニキビには、看護師として夜勤業務を行っている私も長年苦しめられています。 何をやっても改善されなかった時、もしや気が付いていないところで悪化させて [»続きを読む]

Ayana Okada

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録