シアバターは使い方いろいろな万能保湿剤!効果や利用の注意点を詳しく解説

公開 

なぎ

1 1

ナチュラル系のスキンケアコスメなどで良く販売されている「シアバター」ですが、どういった効果が期待できるものなのか、どういう使い方が最適なのかなどは知っていますか?
シアバターの特徴から利用方法など、詳しくご紹介します。

シアバターとは?

シアバターとは、古くからアフリカで利用されてきた油脂の一つで、アカテツ科の「シアバターノキ(和名)」の種子から取る事ができるものです。
同じアカテツ科にはアルガンオイルの原料となるアルガンなどもあり、生活に利用する油脂系の成分を確保しやすい種類の植物といえます。
「オイル」ではなく「バター」なので、常温では固形となっており、アフリカでは乾燥した気候から肌を保湿するためのものとして利用される他、ヤケドの治療や痒み止めなど皮膚の外用薬的な立ち位置として利用されてきていました。

未精製と精製の違い

市販されているシアバターには、油脂を採取してそのままの状態の「未精製」のものと、「精製」して不純物を取り除いたものの二種類があります。

シアバターの精製によるメリットとデメリット

シアバターは未精製の状態では色が薄い茶色やクリーム色をしています。
未精製の場合、原料となる種子の収穫を行った時期や、抽出する際の方法の違いによって色や香りに違いが表れます。香りはよくチョコレートやココナツのような香りと言われ、少し甘みのある独特な香りです。

この未精製のものから酸化しやすい成分や不純物を取り除くと、真っ白で香りも弱い精製されたシアバターとなります。

精製する事の最大のメリットは安定性の向上で、酸化しやすい成分を取り除く事で長期間品質が変わらずに保存しておけるシアバターにする事が出来るため、流通商品の多くは精製したものとなっています。
流通を行いやすい分、販売価格も精製されたものの方が安価となりやすいです。

しかし、精製を行う際には石油系の薬品などを利用するため、元々のシアバターの成分だけではなく、肌に悪影響を及ぼす可能性のある成分が微量とはいえ混ざってしまう事や、肌への浸透性が低下するという点でのデメリットがあります。

シアバターの効果

シアバターにはオレイン酸やステアリン酸、リノール酸といったいくつかの種類の脂肪酸が含まれていて、人の分泌する皮脂と似た構造になっています。
そのため、肌にぬると皮脂と同じような感覚で保湿効果が発揮され、肌に馴染みやすいため保湿効果が持続する時間も長いので、高い保湿効果を得る事が出来ます。

ただ、オレイン酸を始めとした脂肪酸は量が多すぎると肌が荒れる原因ともなりますので、そもそもの皮脂の量が十分に分泌されている場合であれば、利用は推奨されません。
皮脂が少なく乾燥しやすい肌の時に利用するようにしましょう。

脂肪酸以外の美容成分による効果も

シアバターには脂肪酸以外にも、ビタミンEやアラントイン、カロチノイドといった美容成分が含まれています。
これらの成分は抗酸化作用によって肌のダメージを防ぐ効果や、肌の再生力を高めて健康な状態に導く効果を持つため、保湿効果と合わせて美肌作りに期待できます。

シアバターは全身のケアに使える

シアバターの基本的な性質は皮脂と似た保湿効果ですので、全身に利用する事が可能です。
顔のケアはもちろん、元々皮脂の分泌が無いため乾燥しやすい唇や手のひら・足裏、更には皮脂が行き届かない髪の毛先などにも有効です。

ただし、前述の通り皮脂が多い所には利用しない方がいいので、頭皮やTゾーンについては余程乾燥していない限りは利用しない方が良いでしょう。

シアバターの使い方

シアバターはそのままでは「固形」のバターですので、利用する際には一度温めて溶かす必要があります。
利用方法としては、まず適量を手のひらに取り、両手をすり合わせるようにして温め、体温と摩擦熱によってオイル状にします。
その後は乾燥が気になる場所を中心に塗っていきます。

顔のケアに利用する場合

顔の保湿ケアに利用する場合、主に頬や目元といった乾燥しやすい箇所のケアとして利用すると良いでしょう。
適量を溶かしたらまず頬を中心にシアバターを塗り、余った分を目元につけて行きます。
量が多いようであれば、首など乾燥しやすい箇所につけても良いでしょう。
おでこや鼻などのTゾーンについては、冬の特に乾燥しやすい時期など、明らかに皮脂の分泌が少ない時に限って利用する程度にしましょう。

唇のケア

唇のケアを行う場合、ただ塗るだけでも良いのですが、塗った後にラップをかけて保湿したり、砂糖と混ぜてリップスクラブに利用する事も有効です。
また、リップに塗る際は横方向ではなく、唇の溝に合わせて縦方向に塗ると良いでしょう。

ハンドクリームや足裏ケアに

両手で温めて伸ばすだけでも手のひら全体のケアが可能ですが、溶かしたシアバターを指の股などにも塗りこむとハンドケアの効果が高まります。
また、足裏も皮脂の分泌がなく乾燥しやすい箇所なので、寝る前などにかかとや指の付け根など乾燥して硬くなりやすい箇所を中心に塗ると、足裏を柔らかく保ちやすくなります。

毛先のオイルケアに

髪は頭皮の毛穴から分泌された皮脂によって保湿効果を得ていますが、髪が長くなると毛先まで皮脂がいきわたらず、荒れやすくなります。
シアバターを温めたら毛先を中心になでるように付ける事で、毛先まで潤う髪質にしていく事が可能です。
また、髪をしっとりと落ち着かせるようなスタイリング剤として利用する事も可能です。

マッサージオイルとして全身に

シアバターはマッサージオイルとして利用しても有効です。
伸びも良く、肌に負担も少ないので、少し多めに使ってリンパマッサージなどを行いましょう。

アロマと一緒に使うこともできる

精製されたシアバターの場合、香りも落ち着いているのでアロマオイルを組み合わせて利用するのも良いでしょう。
アロマは好きな香りで選ぶ方法で良いですが、シアバター自体にも独特の甘い香りがあるため、イランイランなどを利用するとより贅沢な香りで利用する事ができます。
シアバターがキャリアオイルとしての働きになりますので、シアバターを溶かした上に1滴精油を追加して利用するなどの方法で利用しましょう。

シアバターの使用するタイミング・頻度

シアバターによる保湿は、簡単に言えば皮脂による保湿が不足している時です。
例えばお風呂上りで皮脂が流されている時には、シアバターで保湿をする事で肌の防御力を高め、健康な状態に保ちやすくなります。
ハンドクリームなどでの利用には通常のクリームと同様、乾燥が気になったらこまめに利用するようにすると良いでしょう。

使用時の注意点

シアバターを利用する際に気を付けたいポイントは、何度か説明していますがオイリー肌にしてしまわないように注意する事です。
脂肪酸が多すぎると肌のターンオーバーなどが乱れてしまうため、皮脂が十分に分泌されていて乾燥していない状態であれば、特にシアバターでの保湿は行わない方が良いでしょう。
肌が乾燥していても、シアバター自体を塗りすぎれば同じ事ですので、ベタベタには塗らない方が良いと言えます。

シアバターの保管方法

最適な保管方法については基本的に各商品の説明通りとなりますが、変質を避けるために直射日光が当たる場所や、高温多湿な場所を避けるという点では多くの化粧品と同じです。
特に未精製のシアバターの場合は酸化などによって品質が変わってしまいやすいので注意が必要です。

なるべく長期間保管するためには冷蔵庫で冷温保存すると良いのですが、冷温にて固めて常温で溶かしてという事を繰り返してしまうと品質が劣化しやすくなりますので、冷蔵庫で保存しつつ、毎回使いたい分量だけを取り出して溶かすという形にする事がベストといえます。

シアバターでクリーム・石けんを手作りできる

シアバターは純粋な油脂成分ですので、手作りの保湿クリームや石鹸の材料としても利用が可能です。
単純にシアバターを湯煎して溶かし、アロマオイルを加えて保湿クリームとしても良いですし、精製水や苛性ソーダを利用して石鹸にしても使いやすい手作りスキンケア用品になります。

肌への安全性が高く使いやすいシアバター。
手軽に使える保湿剤として、一つ手元に置いておいてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録