ベビーパウダーでスクラブ洗顔? 本当に美肌効果はあるの?

公開 

なぎ

0 0

赤ちゃん用のスキンケア用品であるベビーパウダーですが、その利用方法の一つとして、洗顔料にティースプーン1杯分程度のベビーパウダーを使う洗顔方法がよく紹介されています。
ベビーパウダーを利用すると毛穴の黒ずみやくすみが取れるという話ですが、実際にそういった効果はあるのか解説します。

ベビーパウダーの洗顔効果

一般的に、ベビーパウダーを利用した洗顔の効果としては下記のものが紹介されています。

毛穴の黒ずみ解消

ベビーパウダーが細かいスクラブとなって毛穴の中まで汚れを落とすため、毛穴の黒ずみが解消されるというもの。
しかし、実際にはベビーパウダーの粒子は毛穴のサイズよりも大きいため、スクラブによって毛穴の汚れを吸着するという効果よりも、スクラブで擦る事によって角質層の表面を薄く削り取るという効果の方が見込みやすいといえます。
また、毛穴の黒ずみは汚れ=角栓だけではなく、毛穴の皮膚が色素沈着で黒くなっている場合もあり、こうしたケースでは表面の汚れを落としただけでは黒ずみの解消を行う事が出来ないため、限定的な種類の黒ずみ解消という形になります。

肌のくすみ除去

黒ずみの解消と同じようによく紹介されるのが肌のくすみ解消で、これもスクラブ効果によりくすみの原因を除去するからとされています。
実際には、前述の通りベビーパウダーの粒子で角質の表面を削るような形となりますので、角質層が薄くなり、その分肌が明るくなるという効果は得られます。
ただ、角質を削る=肌のダメージではあるので、やりすぎるとかえって肌トラブルを招く原因ともなる点には注意が必要です。

肌のキメを整えてスベスベにする

ベビーパウダーを利用して洗顔をすると肌質が改善して肌のキメが整うという効果が紹介される事もありますが、こちらは特に根拠はないと言えます。
ベビーパウダー自体の「つけた時肌がサラサラになる」という効果が混同しているようなもので、ベビーパウダー洗顔自体に肌のキメを整えるようなスキンケア効果はありません。

ベビーパウダーを使った洗顔法

ベビーパウダーを利用する洗顔は下記の手順にて行います。
基本的に、いつもの洗顔料にティースプーン1杯のベビーパウダーを加えるだけなので、特に手間がかかるという事はありません。

*ティースプーン1杯のベビーパウダーを手に取る。
*適量の洗顔料とベビーパウダーを混ぜる
*泡立てネットなどを利用して、よく泡立てる
*通常通り洗顔を行う

ベビーパウダー使用の洗顔に適切な頻度

ベビーパウダーを使用した洗顔は、多くても3日に1度程度にしておいた方が良いでしょう。前述の通り、やりすぎると肌にダメージが蓄積されていくため、かえってマイナスの効果となる可能性があります。
どのスクラブ洗顔にも言える事ですが、基本的に軽いピーリングのような効果を求める形となりますので、ターンオーバーが遅く肌が硬くなっているだとか、古い角質がたまってしまっていると感じた時に行うくらいが丁度良いでしょう。

ベビーパウダーで洗顔する際の注意点

ベビーパウダーを使用して洗顔をする際は、ゴシゴシ擦ってしまうと通常の洗顔よりも更に肌への負担を高める事になりますので、しっかりと泡立てて、こすらないように洗顔をするというやり方を徹底しましょう。
また、ニキビなど肌がトラブルで敏感になっている箇所は、刺激を強く感じ取ってしまいやすいので避けた方が良いでしょう。肌にトラブルがある場合は、出来るだけ優しい洗顔を使う事や、保湿などのケアを十分に行う事が重要です。

さらに効果を引き出すって本当? ベビーパウダーパック

ベビーパウダーをヨーグルトなどに混ぜてパックし、洗い流すというベビーパウダーパックが紹介されている事もあります。
効果としては肌がサラサラするだとか、ツヤが出るといった意見がありますが、結論からいえばパックをする上では特にベビーパウダーが肌に影響を与える事は無いと言えます。
そもそもベビーパウダーはタルクという鉱物を細かく砕いたものと、コーンスターチという植物性のでんぷんがその成分の殆どですので、肌そのものに対するスキンケア効果はありません。

ベビーパウダーは肌の過剰な水分や油分を吸収し、肌をサラサラに保つ事であせもなどのトラブルを防止するためのものなので、パックに利用する目的としてはスキンケア効果というよりも、パックを肌に塗りやすくするといった使用感の改善にあると言えます。

ヨーグルトを利用したパック自体は、ヨーグルトの酸性により弱いピーリング効果があるので、スキンケア効果を求めるだけであればベビーパウダーを入れなくても充分。
肌に塗りやすくするためという意味で、ベビーパウダーを利用してみると良いでしょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

ニキビの赤みケアに口コミで人気の「ASUHADA」って実際どう? 成分と使い心地を正直レポート

スキントラブルの中でも特に多い「ニキビ」。 色んなケアグッズがありますが、腫れを抑えるものや保湿するものなど色んなアイテムがあるのでどれを使えばいいのか、どんな組み合わせが良いのか迷ってしまいますよね。 [»続きを読む]

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

唇がくっきり主張している人のリップメイク法

「唇が分厚くて目立ってしまう」 「妙に輪郭がくっきりしていてリップのカラーが映えない」 ボリューム感のある唇はセクシーな印象がありますが、メイク全体のバランスを考えると薄く見せたい、存在感を薄めたい、と思う場合もあるでしょう。そんな唇のお悩みもメイクで解決できるんです。難 [»続きを読む]

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

自宅でできる小顔ケア!小顔ローラーの効果的な使い方と選び方をご紹介します

忙しい女性がすき間時間にサッとできる小顔ケアといえば、コロコロ転がすだけの小顔ローラーが人気ですね。プチプラからちょっとお高いものまでたくさんの商品が販売されていますが、それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで今回は、小顔ローラーの素材から形状まで、そ [»続きを読む]

洗顔・クレンジングの新着記事

美まつげキープのために!正しいマスカラメイクの落とし方とは?

美まつげキープのために!正しいマスカラメイクの落とし方とは?

普段からバッチリマスカラをするという方も多いのでは? 下がり気味なまつげが上を向くと、遠くから見ても目がパッチリしているように見えるので、私も気合いを入れたい日には、しっかりまつげをあげてマスカラをたっぷり塗ることもあります。 しかし、1日終わってメイクを落とす時、「マスカ [»続きを読む]

美容家

船山葵

プチプラでも透明肌に!『薬用ホワイトクレンジングウォッシュ』の実力

プチプラでも透明肌に!『薬用ホワイトクレンジングウォッシュ』の実力

ドラッグストアで販売しているソフティモのクレンジング洗顔料。人気の秘密は、コスパの良さだけではありません。口コミで美白効果があると噂される洗顔料なんです! そこで、『薬用ホワイトクレンジングウォッシュ』の実力を試してみました。 [»続きを読む]

alice

薄メイクの日こそ!肌に優しいクレンジング2つ

薄メイクの日こそ!肌に優しいクレンジング2つ

その日によっては、日焼け止め入りの化粧下地に部分的にコンシーラー、目元はアイラインだけなど、使用するコスメが少なめかつ、ほんのり色をきかせる程度の薄メイクな日もあるのではないでしょうか? ちなみに私は家で事務作業のみの日で近所のスーパーで買い物するだけ!なんていう時は、薄メイクの [»続きを読む]

美容家

船山葵

汚れスッキリ!肌の悩みに合わせて選ぶ超実力派洗顔料5選

汚れスッキリ!肌の悩みに合わせて選ぶ超実力派洗顔料5選

美肌をつくる基本といえば、「洗顔」です。いくらメイクが上手くても、素肌が汚いと美しさは半減しますものね。そこで重要なのが汚れをしっかり落としてくれる洗顔料。ですが、肌に合わないものを使っていると、かえって肌に負担をかけてしまうことも。 ここでは、正しい洗顔料の選び方と、肌の悩み [»続きを読む]

alice

季節の変わり目こそこだわって!ふわもこ泡が作れるおすすめ洗顔フォーム3つ

季節の変わり目こそこだわって!ふわもこ泡が作れるおすすめ洗顔フォーム3つ

真夏も通り過ぎて涼しくなり、だんだんと過ごしやすくなってきましたね。季節の変わり目こそ、使うコスメやスキンケアアイテムを見直したいところ。例えば夏は肌状態に合わせて、ベタつき感のないさっぱりとした仕上がりの化粧水を使っていたところを、秋は比較的乾燥してカサつきやすい肌状態に合わせ [»続きを読む]

美容家

船山葵

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録