冬は太りやすい? 冬太りの解消法と予防策

冬って、飲み会が多かったり、服装が体型を隠してしまうので、スタイル維持の意識が低くなりがちですよね。
春を目前にして体重計に乗るのが怖い・・・なんて方も多いのでは? 今回は冬太りの解消法と予防策について紹介します。

冬に太りやすくなる理由

実は冬は夏よりも太りやすいと言われています。その理由から説明していきます。

飲み会が多く消費カロリーより摂取カロリーが上回るから

忘年会や新年会、打ち上げなど何かにつけてお酒を飲む機会が多い冬の季節。
お酒の席だとついつい食べ過ぎてしまうということも多いのではないでしょうか。
運動量が変わらないのに食べる量が増えれば当然、太ります。

年末年始など休暇が多い

普段は仕事で動き回っている人は年末年始の休みとなれば家でゆっくりしたいですよね。
しかし本当は動いている時間に休んでいると当然筋肉が使われないので、代謝が落ち、身体は贅肉を増やしてしまいます。

服で隠れるのでスタイルに対する危機感が薄れる

冬はニットやコートなど厚手の服装になります。そのため自分の体型の変化に気づきにくいことが多いです。太ったことに気が付いたとしても服で隠れてしまうので危機感が薄い状態でしょう。

動物の性質として、夏よりも冬は食欲が増す

野生動物は寒さに備えてエネルギーを溜め込もうとする性質をもっており、人間にもその本能が備わっているのではないかと考えられています。
そのためか夏よりも冬のほうが食欲旺盛になっているような・・・。

気温が低く体が冷えやすい

女性で冷え性ときくとか細い女性なんてイメージをもちますが、実は冷え性が一番太りやすい体質。代謝が落ち、血行が悪くなることから身体の老廃物が流れにくく太りやすい体質になるのです。

今すぐ実践!冬太りを解消する4つの方法

今ふと鏡をみたら、やっぱり夏よりも太っていた・・・。
でもまだ間に合います!今日からこれらを実践してスッキリボディーを目指しましょう。

飲み会でのお酒は控える、または太りにくい酒類を選ぶ

お酒、特にビールは糖質が高く太りやすいことは皆さんご存知のはず。
お酒が好きな人にとっては、量を控えるなんて無理~なんて感じるかもしれませんが、太りやすい時期なのでここは我慢!

でも、どうしても飲みたい、付き合いが、という場合もありますよね。それなら糖質が低い焼酎や赤ワイン、ウィスキーなどを選びましょう。もちろんですが、焼酎を割るときに甘い飲み物で割っては意味がありませんので注意。

身体は冷やさない

先ほどもお伝えしましたが、冷えはダイエットの大敵です。
代謝を落とし身体のあらゆる不調の原因となります。
夜はちゃんと湯船に浸かる、足元や腰、首などは厚着するなど、身体を温めるように心がけましょう。

食べる順番を意識する

炭水化物を抜く、同じものだけを食べ続けるような食事制限は健康やお肌のことを考えれば良くないです。
もちろん食事の栄養バランスは大事。それと、しっかりとした量の食事でも食べ順を意識することで、太りにくくできます。
例えば、食事の最初には水分を取り、次に野菜などの食物繊維から食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え体に脂肪がつきにくくできます。また、三角食べ(主食、主菜、副菜などを一口ずつ順番に食べること)をすることで、満腹感を感じやすくなるため、食べ過ぎを予防することができます。

まず汁物を食べる

水分はお腹にたまりやすいので、汁物から食べ始めるのが◎。

次に野菜などの食物繊維を食べる

サラダなどを先に食べることによって急激な血糖値の上昇を抑えて、脂肪吸収の割合も減らすことができます。

メインのタンパク質を食べる

肉や魚などです。タンパク質も、代謝を上げる筋肉をつくるのに必要な成分。タンパク質を食事から抜かないようにしましょう。

最後に炭水化物を食べる

一番血糖値が上昇しやすい食べ物は炭水化物。
空腹状態に炭水化物を入れると脂肪がつきやすくなってしまいます。必ず食物繊維とタンパク質の後に口にしましょう。

代謝を上げる食べ物を食べて、カロリーの消費量を高める

先ほども書いた通り、冬に太る原因は摂取カロリーよりも消費カロリーが低いこと。ですから、基礎代謝を上げて消費カロリーを高めることは冬のダイエットを効率化します。
代謝を上げやすくダイエットに効果的なのはマグネシウムを含む食品。
例えば、納豆やほうれん草、豆腐などです。また牛乳もマグネシウムを多く含みます。

これ以上太らないために!冬太りを予防する4つの方法

まだまだ冬は続きます。これ以上太らないように今日から冬太りを予防しましょう。

ぬるま湯に半身浴

外が寒いので温かい湯舟に浸かりたい気持ちはわかりますが、身体にとっては「ちょっとぬるいな」くらいのぬるま湯がベスト。熱いお風呂にちょっと浸かるよりも、ぬるいお風呂に長く浸かるほうが代謝アップにつながります。

運動をする

冷えは代謝を下げる原因という話をしましたが、実は夏よりも冬は何もしていない時の代謝は高いのです。
冬は寒さに耐えるためだけに代謝を上げます。そのことをうまく活用すれば痩せやすいかも!冬だからこそたくさん運動をして脂肪を燃焼しましょう。

白湯を飲む

朝起きたときにお白湯を飲むだけで体温はずいぶん違います。
おすすめは水から火にかけ10~15分ほど沸騰させ続けたものが良いとされています。
白湯を毎朝飲むことで便秘がよくなり老廃物が排出されることから体重が減ったという方もいるそうです。
ぜひ実践してみてください。

早寝早起きを心がける

12月は師走と呼ばれるくらい、冬は忙しい日々が続きますよね。
そのために睡眠不足になっている人もいるのでは?寝不足は食欲を上げるホルモンを分泌しやすくすると言われています。
睡眠不足はダイエット以外にも肌の調子など様々なところに影響を及ぼしてしまうので、睡眠はしっかりとるようにしましょう。

便秘をよくする

先ほどお白湯の話でもでてきましたが、便秘を解消するだけで老廃物が流れやすくなり体重も落ちやすくなります。アンチエイジングにも効果あり!
食物繊維を毎日摂り便秘を良くしましょう。

実は太りやすくしている、間違い解消法

よく勘違いされがちな逆に太りやすくしてしまう、間違い解消法をあげます。

便秘をよくするために朝、冷たいままの水を飲む

水分を身体に含むと便秘はよくなり、胃も満足感を得やすくなりますが、冷たいままの水はNG!身体を冷やしてしまいます。
沸騰させた水を飲むようにしましょう。

野菜のスムージーを飲む

野菜ジュースやスムージーで食物繊維を摂ったと思ってはいけません。
野菜を砕いているので繊維質はほとんど崩れてしまっています。
加えてスムージーは氷も一緒に砕いているので身体を冷やすことにもなってしまいます。

冬に太った身体は今からでも取り戻せる!

冬に太りやすくなる原因と対処法、予防法を紹介しました。
冬に食べ過ぎて焦っている方、今ならまだ間に合います!
食事と生活を改善して夏には美しいボディーを手に入れましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > ダイエット・痩せる

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録