お手入れの基本を再確認!乾燥したカサカサまぶたとサヨナラする方法

公開 

くろ

1 1

まぶたが乾燥して化粧ノリが悪くなったり、かゆみや赤みが気になったことはありませんか?

「なんでまぶただけ乾燥するの?」と不思議に思っている方、じつは私もそうだったんです。過去にはアイメイクができないほどまぶたが乾燥してしまったこともありました…。

まぶたの乾燥を放っておくと、しわやたるみの原因になることもあるので早めの対策が大切です。今回は私が調べに調べて実践している、まぶたの乾燥を防ぐ方法をご紹介します!

なぜまぶたは乾燥しやすいの?

そもそも、なぜまぶたは乾燥しやすいのでしょうか。もっとも大きな理由は、まぶたの皮膚は薄く、デリケートだから。その上、まばたきのために目元は1日中動き続け、皮膚の伸縮を繰り返すため乾燥しやすいともいわれています。

さらに多くの女性は、デリケートなまぶたにアイシャドウやアイラインなどのメイクをして、クレンジング料で落とすことが毎日の習慣になっていると思います。じつはこれも、まぶたには大きな負担をかけています。

まぶたの乾燥を防ぐケア方法

まぶたが乾燥しやすい原因をおさえたら、いよいよまぶたの乾燥を防ぐ方法についてです!

以前、デリケートなまぶたの乾燥に悩んでいた私は、2つのお手入れを丁寧に実践することで今ではまぶたのうるおいを保ちやすくなったと感じています。

それは「まぶたのクレンジングには専用リムーバーを使うこと」「アイクリームを正しい方法で塗ること」。どちらもよく知られているお手入れですが、基本に忠実に、丁寧におこなうことで結果が変わってくるんです!ぜひ、もう一度お手入れの方法を確認してみてください。

①アイメイクは専用リムーバーで落とす

クレンジング料でもっとも大切なことは、「アイメイクをきちんと落とすこと」。石けんやお湯で落とせるアイメイク以外は、必ず専用リムーバーでメイク汚れをしっかりと落としましょう。

その際に、ゴシゴシと目元をこすってしまうと、まぶたがさらに乾燥してしまうこともあります。アイメイクは正しい方法で、きちんと落としましょう!

≪専用リムーバーでクレンジングする方法≫
(1)リムーバーをたっぷりつけたコットンを目の上にのせ、数秒おいてメイクとなじませる

(2)上まぶたと下まぶたの両側からやさしくコットンで挟み、マスカラをオフする

(3)オフしきれなかったアイラインなどのメイクを綿棒でふきとる

本当のところをいえば、まぶたの乾燥を防ぐために1番いい方法はアイメイクをしないことです。でも、メイク好きにはこれはかなり難しいですね…。

私はアイメイクが崩れるのが大嫌いなので、アイライナーとマスカラは落ちにくさ重視で選ぶことが多いです。でも、目元を刺激しないよう丁寧なクレンジングを心がけるようになってから、本当にまぶたの乾燥が気にならなくなりました。

②アイクリームの使い方

メイクと洗顔で1日の汚れを洗い流し、化粧水などのスキンケアアイテムで保湿をしたら、最後にアイクリームを使って重点的にうるおいを与えましょう!

≪アイクリームの塗り方≫
(1)手の甲でアイクリームを温める

(2)薬指にクリームをとり、下まぶたをやさしく押すようにタッピングしながらつける

(3)同じように薬指を使って、目尻→目頭へなじませる。上まぶたは目頭→目尻へなじませる

一番大切なポイントは、「刺激しないこと」。まぶたはとてもデリケートです。肌が動くような強さでこすったり、強く押したりしないよう、力加減に気をつけてくださいね。

アイクリームがない場合には、乳液・クリームをアイクリーム代わりに目元に重ね付ける方法もあります。でも、目元に悩みがある場合にはやっぱりアイクリームがおすすめです。乾燥による小じわには効能評価試験済みのアイクリーム、まぶたの色素沈着が気になるときには美白系のアイクリームなど成分をみてお気に入りを選んでみてください。

まぶたが乾燥して皮むけしたらお手入れを控える

まぶたの乾燥が進むと、皮がむけて赤くなったり、ヒリヒリとした痛みやかゆみが起きることがあります。この場合は、普段使用している化粧品も刺激になってしまうことがあるので使用を控えましょう。メイクもこの時ばかりはお休みして、スキンケアは白色ワセリンなどのシンプルな成分配合のものを選ぶようにしてください。

まぶたの乾燥・かぶれは、花粉や化粧品の成分によるアレルギーによっても引き起こされることがあります。まぶたの乾燥が続き、皮むけやかぶれがひどいときには専門医に相談してください。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

くろ

 

くろさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

好感度NO.1!ぷるぷる唇にするためのケア方法&メイク術

好感度NO.1!ぷるぷる唇にするためのケア方法&メイク術

「うるうるに潤った、ぷるんと弾力のある唇」 セクシーなのにキュートで男性も女性にも高感度の高い“ぷるぷる唇”に憧れている女子はも多いのではないでしょうか? ぷるぷる唇に近付くためのお手入れ方法とメイク術をご紹介します! [»続きを読む]

唇の縦じわにサヨナラ♥ぷっくりツヤっと唇ケア&メイク術

唇の縦じわにサヨナラ♥ぷっくりツヤっと唇ケア&メイク術

唇に縦じわができやすいと悩んでいる方、いらっしゃいませんか?じつは私も唇に縦じわができやすいタイプ。縦じわができてしまった唇はなんだか貧相なイメージで、口紅やグロスを塗ってもイマイチきまらないですよね。唇は皮脂腺が少なく、角質層も薄いためデリケートな部分です。そこで今回は、唇の縦 [»続きを読む]

頬が乾燥する原因は?カサカサ肌を防ぐスキンケアを解説

頬が乾燥する原因は?カサカサ肌を防ぐスキンケアを解説

寒さが厳しくなってくる季節…「あれ、頬がカサカサ乾燥してる」とお悩みではないでしょうか。風が冷たいから? オフィスの空調で室内が乾燥してるから?? 原因はいろいろ考えられますが、とにかく頬の乾燥は早くどうにかしたいですよね。そこで今回は、頬が乾燥する原因と対策について一緒に考えて [»続きを読む]

【愛用歴1年以上】私のお守りコスメ!フラコラ プラセンタエキス原液

【愛用歴1年以上】私のお守りコスメ!フラコラ プラセンタエキス原液

「これさえあれば大丈夫」そう思わせてくれるようなお守りコスメ、誰でも1つはあると思います。今回は、愛用歴1年以上! 旅行にも必ず持っていく、私のお守りコスメ“フラコラのプラセンタエキス原液”についてご紹介します。 [»続きを読む]

石けんを泡立てるポイントは?洗顔の命“ふわもこ泡”の作り方

石けんを泡立てるポイントは?洗顔の命“ふわもこ泡”の作り方

「石けんを泡立てるのが苦手」と感じている方、意外と多くないですか?泡立てなくても使えるタイプの先顔料もありますが、やはり主流は泡立てるタイプ。今回は、石けんの泡立てに苦手意識があった私が、苦手を克服するために実践している石けんの泡立て方のポイントを詳しくご紹介。 [»続きを読む]

保湿ケアの新着記事

乾燥して荒れた手にハチミツで保湿ケア!ビーハニーの越冬クリーム

乾燥して荒れた手にハチミツで保湿ケア!ビーハニーの越冬クリーム

手洗いやアルコールの使用頻度が増えてくると、気になるのが手荒れです。様々なハンドクリームが発売されていますが、いまいち保湿効果が足りないと感じることはありませんか? そこで、手荒れやヒビ割れが気になる方におすすめしたいのが『越冬クリーム』です。今回は、保湿効果が高いと言われる越冬 [»続きを読む]

alice

お家時間でもキレイを保つ♡最低限意識したいポイントとは?

お家時間でもキレイを保つ♡最低限意識したいポイントとは?

すっかり暖かくなり、ゴールデンウィークも近づいてきましたが、まだまだ続く自粛ムード。職場での対策も徐々に広がり、リモートワークやテレワーク、オンライン会議などの言葉もどんどん広がってきています。 ですが自宅から出ない、仕事も家でOKとなると、いろんなことが適当になってしまっ [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

手荒れ防止に◎持ち運びも便利なハンドクリーム

手荒れ防止に◎持ち運びも便利なハンドクリーム

日々対策として消毒をする頻度が高くなっているのではないでしょうか。その反面消毒液を使った後はなんだか手がカサカサ・つっぱる…という方も少なくないはず。そこで今回は、手荒れ防止にもなるおすすめのハンドクリームをご紹介します。 [»続きを読む]

美容家

船山葵

マスクの肌荒れ対策に!おすすめのスキンケアアイテム4選

マスクの肌荒れ対策に!おすすめのスキンケアアイテム4選

最近では多くの人がマスクを着用していると思いますが、一方で肌荒れに悩む人も増えています。マスクを長時間つけることで、肌が赤くなったり、痒みが出たり。ヒリヒリすることもあれば、ニキビができることもあります。そこで今回は、マスクによる肌荒れの原因と対策、おすすめのスキンケアアイテムを [»続きを読む]

alice

ストレス解消にも!保湿&癒し効果抜群のボディクリーム4選

ストレス解消にも!保湿&癒し効果抜群のボディクリーム4選

乾燥から肌を守るボディクリーム。保湿効果はもちろんですが、心地良い香りが一日の疲れを癒してくれます。今回は、お風呂上がりのリラックスタイムにおすすめのボディクリームを厳選してご紹介します! [»続きを読む]

alice

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録