頬が乾燥する原因は?カサカサ肌を防ぐスキンケアを解説

公開 

寒さが厳しくなってくる季節…「あれ、頬がカサカサ乾燥してる」とお悩みではないでしょうか。風が冷たいから? オフィスの空調で室内が乾燥してるから?? 原因はいろいろ考えられますが、とにかく頬の乾燥は早くどうにかしたいですよね。

そこで今回は、頬が乾燥する原因と対策について一緒に考えていきましょう!

なぜ頬は乾燥しやすいの?

頬はもともと皮脂がでにくく、肌の水分が蒸発しやすい箇所だと考えられています。そのため、外気が乾きやすい冬は特に頬が乾燥しやすいといわれています。

さらに、頬を乾燥させてしまう原因として「刺激」もあげられます。
洗浄力の強いクレンジング料や洗顔料で肌をごしごし洗ってしまったり、ファンデーションやチークなどのメイク、頬杖をつく癖による摩擦などによっても頬の乾燥は進んでしまうことがあります。

頬の乾燥を防ぐお手入れのポイント

乾燥しやすい頬のうるおいを保つために実践したい、スキンケアのポイントを3つご紹介します。どれも今日から始められるものばかりなので、頬の乾燥が気になるときにはぜひ試してみてください!

①保湿成分を選ぶ

頬の乾燥が気になるときには、保湿に重点をおいたスキンケアアイテムを選ぶことをおすすめします。特におすすめなのが、肌にもともと存在する保湿成分。肌なじみがよいので角質層に浸透しやすく、本来持っているうるおい機能をサポートしてくれます。

肌の角質層内で細胞同士をつなぎとめ、うるおいを保つ働きのあるセラミドは、年齢とともに減少して乾燥を招く原因になるといわれています。

また、うるおいを生み出す“天然保湿因子”も加齢や悪い生活習慣によって減少してしまうことで知られています。頬の乾燥が気になるときには、肌に本来存在する保湿成分であるセラミドや、天然保湿因子であるアミノ酸、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたスキンケアアイテムがおすすめです。

②スペシャルケアは乳液パックで

「乾燥が気になるから、日常的にローションパックをしている」という方も多いのではないでしょうか。

たしかに、肌のうるおいを保つためにたっぷりと水分を補給するお手入れは欠かせません。でも、水分を補給した肌には、油分でしっかりと膜をはって水分の蒸発を防いであげることも大切です。

保湿のお手入れは、“肌に水分をたっぷり補給→油分の膜でうるおいをキープ”の大原則を忘れないようにしてくださいね。

頬からあごにかけてのUゾーンは乾燥するけど、額から鼻にかけてのTゾーンはべたつきやすい混合肌の方は、特にうるおいに蓋をするお手入れがおろそかになりがち。私も実はそうでした。

そんな私にある美容部員さんがおすすめしてくれたのが、乳液パック! 水分と油分がバランスよく配合されている乳液で、乾燥が気になる頬にピンポイントでうるおいを補給する方法をご紹介します!

≪乳液パックの方法≫
1.化粧水をつけたあと、コットンで顔全体にまんべんなく乳液をなじませる

2.乳液を塗ったコットンに、さらに乳液を足す(多すぎるとベタベタするので、100円玉大を目安にしてください!)

3.コットンを2つに割き、頬にのせる

4.2~3分おく

③洗顔は「ぬるま湯」「こすりすぎない」「やさしい洗浄力」

クレンジングや洗顔による皮脂の落としすぎも、頬が乾燥する原因になることがあります。

皮脂を洗い落としすぎないためには、まずは使う水の温度に気をつけましょう。寒い季節は熱いお湯を使いたくなりますが、35℃程度のぬるま湯を使うことで皮脂の落としすぎを防ぐことができます。

また、摩擦を避けるためにもごしごしとこすらないよう、たっぷりの泡をクッションにするようにやさしく洗ってください。

皮脂を落としすぎないために、使用するクレンジング料と洗顔料にも気をつけましょう。うるおいを適度に残すためにはミルクタイプのクレンジング料がおすすめ。マイルドなクレンジング力のため、肌への負担も比較的おさえられます。(ただし、メイクを落としきれないのは本末転倒。濃いポイントメイクは専用リムーバーで落としたり、乾燥が気になるときにはベースメイクをナチュラルなものにするなどできるだけ調整してみてください)

洗顔料も、必要なうるおいを落としすぎない洗浄力のものや、保湿成分が配合されているものを選んでみてください。

日中も保湿対策!

頬の乾燥を防ぐスキンケアに加えて、日中もできるかぎり乾燥に対策して肌のうるおいを保ちましょう! 忙しいオフィスワーク中でもできる乾燥対策を2つご紹介します。

①加湿をする

オフィス内が空調によって乾いているという方におすすめしたいのが、卓上の加湿器を使用すること。USBでつなげる加湿器や、蒸気のでないタイプの加湿器も市販されているのでTPOにあわせて最適なものを選びましょう。

加湿器を使えない場合には、マスクをつけることも頬の加湿対策になるので試してみてくださいね。

②日中用美容液を使用する

乾燥するオフィスの救世主ともいえるのが、日中用美容液です。メイクの上から使用できるタイプを選べば、乾燥が気になるときやメイク直しのときに簡単に頬にうるおいを補給することができます。

水分の多いミストタイプの美容液は、使い方に注意が必要。お風呂上りの肌をしばらく放置すると、乾燥を感じますよね? それと一緒で、肌にたっぷり水分を補給しても蓋をしないと、逆に肌の乾燥を招いてしまうことがあります。

日中のうるおい補給には、水分と油分の両方が配合されてうるおいをキープしやすい美容液を選ぶのがおすすめです。

頬がカサカサすると「化粧ノリが悪い」「ひりひりする」「赤みが気になる」など、嫌なことが多くて憂うつになってしまいますね。一方で頬にツヤ感があると、肌がキレイにみえて見た目年齢を引き下げてくれるうれしい効果が期待できます。

頬の乾燥にはしっかり対策して、寒い季節を乗り切りましょう!

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 保湿ケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録