梅雨や夏にオススメ! 3STEPの“こなれ”ヘアアレンジ♪

ジメジメの梅雨、蒸し暑い夏には、髪をまとめる機会が多くなります。ただ、一本にまとめるだけだと地味な印象になりがち。そこで試してほしいのが、簡単こなれアレンジです。
「巻く」「盛る」「崩す」の3ステップで華やかな印象になり、まとめ髪に差がつきますよ♪

用意するもの

  • ヘアゴム(太め1本、仮止め用5本)
  • ヘアピン(5本)
  • ヘアスプレー(ナチュラルハード~ハード)
  • バレッタ

手順・方法

STEP1:巻く

サラサラのストレートヘアは、髪をまとめるとなると扱いづらいもの。そこで、まずは髪全体に動きをつけます。今回はピンだけでできるカールテクをご紹介!

*パーマがかかっている方、クセがある方は「STEP2:盛る」からを参考にしてください。

1. シャンプー後の髪をドライヤーで8割ほど乾かします。乾いた状態から始める場合は、霧吹きなどで軽く濡らしてください。

2. 髪全体をざっくりと5分割にします。各毛束を指でクルクルとねじっておだんご状態にし、毛先をピンで留めます。そこにドライヤーの温風を軽くあて、続いて冷風で冷まします。

3. ナチュラルに固まるタイプのスプレーを全体に吹きかけてからピンを外し、カールをざっくりほぐします。

4.手ぐしでざっくりとポニーテールにします。

STEP2:盛る

髪全体に動きが出ると、ひとつに結ぶだけでも見栄えはよくなります。そこに、もうひと手間加えるとより華やかな印象に!

ゴムでまとめた部分を片手でおさえ、もう片方の手でトップからやや後ろの辺りに指を差し込んで、髪の毛を浮かせます。

トップにボリュームが出ると若々しい印象も加わります。

「うまくいかない!」という方は、こんなアイテムが便利です。

 

STEP3:崩す

さらに、ラフに崩していきます。
ゴムでまとめた部分を片手でおさえ、もう片方の手で後頭部の髪を少量ずつつまんで引き出します。

どうですか? こなれ感が出てきましたよね。
サイドの髪を崩すと頭が大きく、やつれた感じに見えるので要注意!
また、やりすぎるとボサボサになってしまうので、慣れるまではバランスをみながら少しずつ行うようにしてください。

前髪の両サイドと耳上のおくれ毛をラフに出すと小顔効果も♪
前髪は引き抜くと崩れやすいので、あらかじめ残して髪を結んだ方がキレイに仕上がります。耳の上は結んだ後に引き抜いても大丈夫です。

使う方へのメッセージ

「巻く」「盛る」「崩す」の3ステップは、ポニーテールだけでなく、今流行りの「くるりんぱ」やおだんごヘアなどのさまざまなヘアアレンジでも使えるので、ぜひマスターしてくださいね。

アイテムの購入

ヘアスプレー

ハードすぎるものだと不自然になりやすいので、少しナチュラル系のものがオススメです。

カールのくせずけに。ケープ ナチュラル&キープ 無香料 180g

これ欲しい!

バレッタ

お気に入りのものを見つけて自分なりのアレンジを楽しんでみてください♪

ゴールド フェザー モチーフ 羽 バレッタ レディース ヘアアクセサリー

これ欲しい!

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ヘアケア > ヘアスタイル・ヘアメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録