優しく顔の毛を剃る方法&アイテム教えます

公開 

お悩み解消 メイク&ケア

0 0

顔の毛、処理していますか? 毛が濃くない方でも顔の毛は処理したほうがいいんです。なぜなら顔の毛を処理することで肌が明るくなり、メイクのりもよくなるから。でも毛を剃るときに肌を傷つけないか不安になりますよね。肌を傷つけるのが怖くて毛を剃らないままにしている方もいるかもしれません。でも負担をかけにくいアイテムを使って正しい方法でお手入れをすれば、肌を傷つけずに優しく剃ることができますよ。

必ずフェイス用のものを選ぶ

カミソリにはいろいろな種類があります。足や腕のムダ毛を剃るのに適したT字型のカミソリ、細かいところを剃るのに適したL字型のカミソリ、そして電動シェーバーです。電動シェーバーにもボディ用とフェイス用とがあります。顔の毛を剃るのに適しているのはこのうちL字型(I字型)のカミソリとフェイス用のシェーバーです。もっとも肌を傷つけにくいのは間違いなくフェイス用のシェーバーでしょう。シェーバーなら刃の先がカミソリよりも丸くなっており、しかも力を入れずに毛を処理できるので肌を傷つけにくいのです。

毛の処理は顔の汚れを落としてから

顔の毛を処理する前に、必ずメイクを落として洗顔も済ませましょう。汚れが顔についたまま毛を剃ろうとすると、カミソリやシェーバーのすべりが悪くなり、肌を傷つけやすくなってしまいます。また汚れがカミソリに付着することで思うように毛がそれなくなることも。これだけならまだしも、カミソリによってできた細かな傷に雑菌が入り込んで肌荒れを起こすこともあります。必ず顔を清潔にしてから処理をしましょう。

剃る前にクリームを薄く伸ばす

腕や足のムダ毛を剃るときに、そのまま剃るとカミソリ負けを起こしてしまうように、顔の毛を剃るときもそのまま剃っては肌に負担をかけてしまいます。カミソリやシェーバーのすべりをよくするために、薄くクリームを塗ってから剃りましょう。
シェービング用のジェルやフォームなども市販されていますので、それを使うと無難でしょう。

剃るときは毛の流れに沿って

毛が生えている方向には必ず流れがあります。毛の先端が傾いている方向に向かって沿っていくのが正しい方法です。流れに逆らって剃ってしまうと、毛の断面が目立ってしまう原因になります。断面が黒くポツポツ目立ってしまっては、せっかく処理をしても意味がないですよね。断面が目立つだけでなく、肌も傷つけやすくなるため、必ず毛の流れに沿って剃るようにしましょう。

顔の毛を剃る方法を動画でも見てみよう

毛の流れや実際の処理方法を動画で見てみましょう。

フェリエ フェイス用(ウブ毛のお手入れ)【パナソニック公式】

顔の毛の処理方法を、部位別に一つひとつ紹介している動画です。おでこやひげ、頬などそれぞれの部位でどの方向にカミソリを動かせばよいのかも確認できます。

顔の産毛の処理について

顔の毛を根本的になくしたいのなら医療脱毛という手段も。医療脱毛をやった後の感想と、普段のカミソリでのお手入れ方法を紹介している動画です。

おすすめのカミソリ&シェーバー3選

最後に顔の毛を負担なく優しく剃れるアイテムを3つご紹介します。それも人気のアイテムですので参考にしてみてくださいね。

シック Schick 顔そり用 プレミア 敏感肌用 Lディスポ マイクロガード付 使い捨て 3本入×2個パック

安くて使いやすいLの字型カミソリとして人気なのがこちらのSchickのカミソリ。ドラッグストアでもかなり売れています。こちらはとくに敏感肌の方でも使いやすいように刺激の少ない設計になっているのが特徴。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ピンク ES-WF41-P

肌を傷つけることなく細かいところまで剃れるパナソニックの電気シェーバー。肌にそっとあてるだけで毛の処理ができるので、カミソリ負けしやすい方でも使いやすくなっています。

MOULEI レディースシェーバー 1台4役

これ1台で顔の産毛の処理はもちろん、腕や足、脇のムダ毛処理もできる優れもの。先端部分を処理部位に合わせて付け替えることにより1台4役で使えます。

まとめ

肌に負担をかけることなく顔の毛を剃るためには、まず負担をかけにくいカミソリやシェーバーを用意することから始めましょう。剃る前にはクレンジングと洗顔をして汚れを落とし、クリームで保湿をします。また毛の流れに逆らうのではなく、流れに沿って剃っていくことで、より負担をかけずに優しく剃っていくことが可能です。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録