就活に最適なメイクってどんなメイク? わかりやすい動画もご紹介

就活のときって、どのようなメイクをしたらよいのか迷いませんか? 身だしなみの1つとして最低限のメイクはする必要があるため、メイクをしないわけにもいきません。さらにメイクの仕方によっては顔のイメージも変わるため、ぜひ就活に最適なメイクを習得しておきたいところです。今回は面接官によい印象を与えられる就活にピッタリのメイク方法をご紹介していきます。メイク方法を学ぶことで、自分の印象をもっとよく伝えることができるようになりますよ。

コンシーラーで目元と口元を元気に

クマができた目元、口角の下がった口元は元気がなく疲れて見えます。クマはしっかりとコンシーラーで消しましょう。コンシーラーの上からスポンジで馴染ませると肌から浮きにくくなりますよ。口角にもコンシーラーを入れると、自然と口角が上がって見えるのでオススメです。

眉毛はキリッと上向きに

ぼんやりした眉毛や下向きの眉毛、ボサボサ眉毛は就活にはむきません。眉毛に力がないと、どうしてもどこか頼りないように見えてしまうのです。アイブロウペンシルで縁取りをして中を埋めるようにパウダーを使うと濃すぎずしっかりとした眉毛に仕上がります。小鼻と目尻の延長線上に眉尻が来るように、眉山が目尻の上くらいに来るようにするときれいな上向き眉毛が完成です。

アイシャドウはブラウン系で

就活に適切なメイクということですので、アイシャドウの色は絶対にブラウン系を使いましょう。ラメは少なめのものがよいでしょう。アイホール全体にベースとなる色をのせたら、二重幅にまぶたを引き締める暗めの色をのせます。横にグラデーションを作るよりも、縦にグラデーションを作ったほうがナチュラルに仕上がりますよ。

アイラインは細くまぶたの形に沿って入れる

アイラインはまつげの隙間を埋めるように、すーっと細く引いていきます。遠目から見てもわかるような太いラインはNGです。また目尻を過度に垂れさせたり跳ね上げさせたりするのもよくありません。目尻側のアイラインは下げも上げもせずまっすぐ横に引くように伸ばします。

マスカラはダマにならないように気をつけよう

ダマができたまつげはあまりよいものではありません。まつげを軽くコーティングしてあげるように、マスカラをしましょう。もしもダマになってしまったらコームでとかすとキレイになりますよ。

チークは軽くつけるだけ

ファンデーションを塗ると、どうしても顔がのっぺりとして血色が悪く見えてしまいます。そのためチークは必ず使いましょう。小鼻と目尻の延長線上のあたりに、楕円を描くように斜めにいれると知的で大人っぽい印象に仕上げられます。

リップはできるだけ自然に仕上がるものを

顔の中でもっとも動く部位が口元です。口元があまりにギラついていたり色のきついリップを使っていたりすると面接官にマイナスのイメージを与えてしまうことも。ツヤツヤしすぎず、マットすぎない自然な潤いがあるものでコーラルやローズ系のものをチョイスして血色をたしましょう。

就活に適切なメイクをしっかり押さえたい方にオススメの動画

具体的にはどれくらいの濃さでメイクをしたらいいの?どのような色がいいの?と気になりますよね。実際に就活メイクの方法を紹介している動画を見て確認してみましょう。

【ほとんどプチプラコスメ】就活メイクのポイント

就活メイクを化粧下地からフルで紹介しています。眉毛の書き方、アイシャドウの選び方など絶対に押さえておきたいポイントがこの動画でわかります。

【魅力を引き出す就活メイク】目元の個性に合わせたアイメイク【キャリタス就活】

ナチュラルでありながら、目力を出せるメイク方法を紹介しています。メイクが滲みにくくなるコツも紹介していますよ。

就活(オフィス)メイク by 桃桃

こちらの動画はコントロールカラーを使って顔のトーンをアップさせていますね。下地から丁寧にメイクの手順を紹介しているので、メイク初心者の方にもオススメしたい動画です。

まとめ

就活はどのようなメイクがいいのか悩みますよね。しかしあなたもこれで就活メイクは完璧です。とくに眉毛の書き方は意識してくださいね。眉毛は顔の印象を変える大事なパーツなので、眉毛が上手に仕上がるかどうかがメイクの大きなポイントです。メイクに使う色やラインの入れ方などぜひ参考にして、バッチリの状態で就活に挑みましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録